スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟な対応

女子フィギアの真央ちゃん、頑張りましたね。
次につながる結果だと思います。
本当に頑張って、頑張って、極限に挑戦して、
その結果の銀メダル・・・真央ちゃんの悔し涙は、
とても美しかったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで・・話は変わりますが、
今までに書くことを控えていた保険会社への
気持ちについて述べたいと思います。

交通事故の追突により脳脊髄液減少症になった人は
脳脊髄液減少症患者の半数を超えるといわれています。

しかしながら、事故による損保会社の対応には
ばらつきがあり、有効な治療である
ブラッドパッチについては治療法が
確立されていないから支払いができない・・
もしくは、脳脊髄液減少症と交通事故の因果関係
は無いと主張し支払いを拒むケースなど
様々あります。

かーこのように、事故を境に体が徐々に悪くなり、
梅雨時から息もできず、頭も握りつぶされるほど
痛くなり、座ることもできず、寝たきりになるような
ケースでさえ、脳脊髄液減少症と事故との
因果関係を損保会社から否定され、
ブラッドパッチの支払いは拒否されています。

それなので、事故後何年もしくは、何十年たって
脳脊髄液減少症を発症したケース、もしくは、
事故後半年ほどで示談して、その後悪化した
ケースなどを耳にすると、患者の悔しさ
は計り知れないと思います。なぜなら、
因果関係は間違いなく否認されていると
思うからです。

今、メディアで
「交通事故により脳脊髄液減少症を患った・・」
という報道がされています。

損害保険会社は、事故と脳脊髄液減少症との
因果関係を否認するのではなく、事故により
脳脊髄液減少症になるケースを視野にいれた
対策を新たに考える時なのではないかと思います。

あくまで個人的な意見ですが、安い保険料で
すべてをカバーするのは難しいのであれば、
保険料をあげるなどの措置も必要かと思います。
いっそのこと、保険料が少しくらい高くても、
追突事故による脳脊髄液減少症の
治療費もカバーしますと契約時にきちんと
いってしまうくらいの保険会社の方が,
交通事故との因果関係を
かたくなに否定する保険会社より、
はるかに信頼ができると思います。

事故後、数ヵ月たっても症状が治らず悪化する
場合に、脳脊髄液減少症である可能性を
疑うことが必要だと思います。

現状では数ヵ月たっても治らない患者は、
保険会社からも医者からも保険金目当ての
ように扱われることのが多いのです。

シンプルに考えても、なぜ被害者が高額な治療費を
捻出しなければならないのでしょうか・・。

保険会社も脳脊髄液減少症について
深く知る必要があります。もちろん、
医者の診断漏れもあってはならないと
思います。人の人生を左右しますから。

変化する現状、実在する病に対しての
柔軟な対応が保険会社には求められる時期に
きていると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そろそろ変化、だよね

あっこさん、ブログでは、久しぶり。
そうだよね。
保険会社の考えも変えていかないと、
これだけ交通事故で、脳脊髄液減少症になってる患者が多いんだから、
「臭いものには ふた」方式では、もう、立ち行かないと思います。
そのためにも、私達が、出来る事を、
頑張っていきましょう。

こんにちは

あっこさん、かーこさん、こんにちは
時々拝見させて頂いてます。
いつもコメントも出来ずにスミマセン。
保険屋のやり口は実に卑劣で巧妙ですね。
私の場合は、事故の存在の有無をうやむやにしようとしたり、
証人に圧力をかけたり、詐欺に仕立てる罠を張ったり、
加害者と被害者に言う事が嘘だったり、
勿論医師や病院にも嫌がらせをし、散々やられました。
交通事故のシステム全て、後遺障害認定も実に汚く出来ていますね、
後の精神疾患や自殺も因果関係無しとしますし。
奴等は脳脊髄液減少症を知りながら認めさせたくない為に、
国、警察、医師会、法曹界、事故処理機関、車業界。出版、マスコミ等
全てに金をばら撒き圧力もかけます。
関わった保険屋(口コミワースト1)だけでも調べると
実際深い繋がりが多数見つかります。
奴等は冷酷です、認めると諸々の費用がかかり自身の立場、
存在が危うくなると言う事を充分に知っています。
本当に全国民に知って貰いたいですね、過去~現在迄の悲惨な真実を。
ただ、脳脊髄液減少症にも診断基準や漏れ量に比例しない重度軽度があったり、
確定診断されない人達、線維筋痛症、慢性疲労症候群の診断を受けた人達も
いますので診断基準で絞り込まれる可能性が高く懸念しています。
それよりも何とか個々の環境に応じた良い救済措置をと願います。
かーこさん、良好と迄は行かずとも回復してきている様で嬉しい限りです。
これからも大事に過ごして下さい、勿論沢山の感謝も忘れていませんよ。
有り難うございます!
あ~長文コメ超キツ~!では~



残念な現状ですねぇ…。

本当に、患者としては日々の症状だけでもストレスで不安で大変な状況の中、生活しているのに、その上、保険会社からもストレスを与えられたら、何の為の保険なんだか???という感じですね…。

保険料が足らないのであれば、然るべきアップも当然だと思いますが、それをしたら、熾烈な競争の中、他社に加入者を奪われる、と思うものなのでしょうか?(←私の素人考えです。)

現状にとっても残念なものを感じますね…。

ストレス

保険会社、加害者は私にとってストレスの対象。
考えるとどうしても心穏やかにいれなくなる存在だよ。
だから・・・そっちのほうに話が向かったり
自分で考えたりしているときは
最近は自らの意思で頭をよそ見させているよ・・・。
これだけストレスを与え続ける存在があるなんてね~酷い話よ。
でも、最近色々な事故の被害者や事件の被害者の気持ち想像するときがあるよ。
自分も事故の被害者だけどもっと重症の人とかね。
そうすると・・・生きるって大変だなって本当に思う。
私はこの事故を自分の試練として受け入れて
自分なりに頑張って乗り越えるし・・・
乗り越えてしまえば絶対強くなれるよね~。
未来を作るのも自分だもん。
高橋先生のブログにあった歌のように
明るい未来のために頑張ろうって!!!
あっこのお陰でここまで快復できたことに
感謝しようって思うよ。
本当にありがとう!!!!
おせつさん、チャプさん、ともこさん
コメントありがとうございます。
チャプさんは同じ事故組みですね。
事故は変なストレス多いですよね~(涙)
皆同じ病気・・・前向きで頑張りましょうね~(笑)

そうですよね♪

おせつさんe-267

現実として病があるんだから
もう存在しないものとして扱うことは
できないと思います。
そして、多くの患者がその苦しみを
訴え、BPにより改善されたことを
いっているのだから、なんらかの
変化は今後必要だと思います。

交通事故被害者の多いこの
病だからこそ、なかなか病気として
認められなくて、学校事故の
子供達やスポーツ事故の
人達も保護されない現実・・・。
これは、「臭いものにふた」
じゃあ、悲しみ苦しむ人を
これからも生み出すことに
しかなりません。
明るい未来を生み出すために
同じ苦しみを他の人が
うけることのないように
していきたいですね。

おせつさんの頑張りは
いつも感謝しています。
ありがとう♪

こんにちは♪

ちゃぷさん e-53

辛いお身体の中、コメントを
のこしていただきありがとう
ございます。 

同じような言葉を、昨年末
国会に一緒にいった方からききました。

その方は、数年前の事故でその数ヵ月後
示談をし、そして脳脊髄液減少症を
発症したのは、事故後数年たってから
でした。だから、事故の記録さえなく
なっていたとのことでした。

仕事ができなくなり、生活保護で
現在生計をたて、治療費も難しく
なってしまったとのことでした。
歩けないため、年間タクシー代
含め700万円かかって貯金が
そこをついたとのことでした。

このような悲しい現実と
向き合わなければならない人が
多くいて、その事実は
殆どうやむやにされて
多くの人は知ることすらないため、
脳脊髄液減少症は
こんなに辛い病なのに
放置されていたように
思います。


ちゃぷさんがおっしゃるように、
何とか個々の環境に応じた
良い救済措置をと・・私も
願っています。

どうか、ちゃぷさんも無理なさらず
今後の変化に期待をしましょうね♪

返信遅くなってごめんなさいね♪

そうですね♪

ともこさん e-343

こんにちは。

ともこさんのおっしゃる

「保険料が足らないのであれば、然るべきアップも当然だと思いますが、それをしたら、熾烈な競争の中、他社に加入者を奪われる、と思うものなのでしょうか・・」

私も同感なんですよ。

企業は需要を考え価格を
設定するので、熾烈な競争の
中では保険料を上げるという
選択は最終手段だと思います。

その一方、企業の存在意義を
考えてみると、顧客のために
存在することが求められています。
保険会社は、事故の時に
加害者に変わって、被害者を
救済する・・これにつきます。

これらを天秤にかけたとき、
今の保険会社の対応には
疑問を感じざるを得ないのです。

もちろん、色んな話を聞くと、
ブラッドパッチの治療費は
3回出す保険会社もあれば、
まったく出さない保険会社も
あります。

全く出さない保険会社の
言い分には、病そのものが
存在しないというところから、
病と事故との因果関係を否定するところ、
そして、有効であるBP治療に
疑問をなげかけてくるところ
など、様々です。

でも、現実を知ると
これほど肉体的に苦しんでいる
被害者がいて、おいうちを
かけるように精神的・経済的にも
痛めつけている現実・・
これは、変えないといけないと
思うのです…。

病に光があたってほしい・・。
もしかしたら、さらに有効な
治療法、薬が発明されるかも
しれない・・。

明るい未来を想像し、
創造していくために、
一歩一歩前にすすみ
訴えていきたいですね。

お身体まだまだ辛そうですね・・。
どうか無理しないでくださいね♪

亀レスにかわって・・

かーこへ e-266

私の亀レスにかわって、
おせつさんちゃぷさんともこさんに
お礼のお返事ありがとう・・・。

保険会社の記事・・・ずーーーーと
前に書いていたけどなかなかUP
できんかったわ・・・。

色んな気持ちが交錯してね・・。
私でさえそうやき、かーこにとっては
かなりのストレスになるね・・・。

いいたいことはまだあるし、
かーこが保険会社からうけた
様々なストレス・・そして、それに
伴う体調悪化・・を考えると
あまりかーこは考えない方がいいかもね・・。

顧客を向いていない・・顧客を
無視した・・というより、
脳脊髄液減少症を患らった
交通事故被害者にとっては、
顧客を軽視・・いや・・侮蔑した
対応を(かーこの)保険会社は
現在とっていると思うよ・・・。

長い目で見たら、そういう企業は
存在し続けることができるのかなぁ・・・
とわたしは思ってます。

No title

こんにちは。
何故、治療をする為に高額で保険治療ができないものがあるのかが不思議でなりません。

まだまだ弱者に優しい国ではありませんね。

弱者に優しい国

愛さん  e-420

天候がすぐれず寒いですが、
体調はいかがでしょうか・・・。

ところで、弱者に優しい国・・
ではまだないようですね…。

弱者に優しい人や、
弱者に優しい企業が多くなれば
自然と弱者に優しい国が
でき、弱者に優しい法律が
できると思います。

まだまだ競争社会で
強いことが美?勝?であるような
社会なのでしょうね・・。

だから、損保会社に関していえば、
顧客のニーズを無視したような
営利集団と化してしまうのでしょう・・・。

このような企業が多い場合は
とてもとても弱者に優しい社会には
ならないと思います。

まずは、事実を知ってもらい
色んなところから修正をさせる
・・できれば自発的に修正する
ことができればいいのになぁ・・
と思っています。

コメントありがとうございました。
どうぞお身体大切に。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。