スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な体験 スピリチュアル

7月22日

かーこの横に寝ると、私の指がぴりぴりしてきた。
とっさに、かーこの手を握った。かーこに、なんか感じる?
ってきくと、電気が私の指からきているといった。
不思議な感覚。初めての感覚。

15分くらい握ってあげた。3時に、子供を
母に預けて、かーこの部屋に入り、だれもはいらないようにして、
手を握ってあげた。

すると、また朝よりもつよく、手がぴりぴりしてきた。
同時に、私の足のつま先から、しびれたような
ぴりぴりがしてきて、手の指先まで登って、
かーこの手に注がれるのを感じた。

かーこは、あっこすごい!すごい!とくりかえした。
ぴりぴり電気がはいってとてもきもちいい。
絶え間なく、電気のようなものが指先からかーこの
右手に注がれる。

あまりにも、気持ちがいいので40分ほど深呼吸しながら
ずっとそのまま手を握ってあげた。かーこがいうには、
そのぴりぴりが痛いところ(頭や背中)でとまって、
また足や、左手に抜けていくと・・・。

これって、ヒーラーさんからの、手紙が届いたから?
とにかく、私の手からのぴりぴりで、カーこがかなり
楽になったようだ。

私は、夕食の支度と娘の用事があったので、
またやってあげるね・・と手をはなし部屋の扉を
あけたまま部屋をでた。

その後、かーこはすばらしい体験をしたようだ。

それは・・・

私が手を話した後も、体に電気が入って気持ちがよかった。
そして、現実世界と思えないような見てはいけないような
雰囲気になったので、目をつぶった。すると、
足先から大きな光の輪(光の圧)が、妹をくぐりぬけ、
痛いところで止まったかと思うと、すっと
抜ける。別の光(目はあけてないが、
赤や黄色のような光という印象)が斜めから
頭の痛いところを通り抜ける。
たくさんの光がカーこをいろんな方向からはいっては、
くぐりぬけ、最後に、両手の掌にひとつずつ光の玉がのった。
そして、その玉を合わせて、脊髄のやぶれてしまった
部分をイメージして、そこにふりそそがれるように
おいた。そうして光は、消えた。・・・と。

実は、その間、母から、「カーこを見て!」・・と呼ばれて、
驚いたことがある。

目をつぶっていたので、私はかーこが気持ちよくて
寝たのだと思っていたが、
妹の首(いつも痛くてヒエピタをはっている部分)が
ありえないほどの震えというか、動きをしていた。

私は、母に大丈夫?と心配になって聞いたが、
母は、寝ているから大丈夫と・・。
その間に、妹にそんなことが起こっていたとは、
思いもよらなかった。

娘の習い事からかえって、妹にこの話をきいた。
妹は、目に見えない光の
存在を深く認識したようで、本当に感謝していた。
病気が介抱に向かう気がしてきた。

名医である、高橋先生を紹介してくださり、現在、こうして
自分を治そうと目に見えない存在までが、かーこに光を
送り続けてくださっていることに、
本当に感謝していた。

ヒーラーを紹介してくれた、友達にも、本当に感謝している。
恩返し・・、これは、きっと人助けだと確信した。
小さなことを大きな愛をもってやろう。・・・愛は、行動。

夜、夫が帰ってくるまで、娘が寝たあと、いろんなお話をした。
今日は、氷まくらがいらなくなった。

かーこはかなり疲れがあるようだが、痛みが軽減したといっていた。

娘(3女)に熱がでた。かなり高い。カーこが今日は氷まくらを
使っていないので、かりることにした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。