スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられる

関東は長雨が続き、すっかり秋の入口に差し掛かったような気温になりました。朝晩の気温の変化に風邪などひきませんように。
あきちゃん先生と一緒に紹介しています、樋野興夫先生の著書「いい覚悟でいきる」も今日で最後となります。あきちゃん先生の毎回の投稿に、心より感謝もうしあげます。そして、この本を紹介してくださいまして、本当にありがとうございました。

それでは、あきちゃん先生のコメントより紹介します!


脳脊髄液減少症について知識を得て、高橋先生や関係者の方とお知り合いになれたのも、このブログに書き込ませていただいているのも、樋野先生のご著書に出会えたのも…、すべて、私が悪性腫瘍に罹ったればこそです。

さて、本文です。(以下、引用。)

誰にでも。自分の人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられます。それががんや病気を通してであればなおのこと、これからの人生に確かな意味を見出すきっかけにしてほしいと思います。たとえ別れという悲哀の使命からもまた学ぶことはあります。そこから何か自分にできることに行き着けば、今度は、世に与える人生を得るチャンスにもにもなるのですから。
(以上)

樋野先生のご著書の末尾をそのままご紹介しました。
ほんとうに、このようになりたいものだと、改めて深く思います。
このあと
「患者さんが笑顔を取り戻すために医療の革新をめざして」というあとがきがあるのですが、わたくしの母の郷里である万座温泉に療養施設を建立したいとのお考えがあるようです。

ぜひ、実現していただければ、群馬県人としても鼻が高いです。

この著書を、少なくても、わたくしの紹介で、あっこ様と高橋先生に読んでいただけたことは、私にとってこの上ない喜びです。
この場をお借りして、厚くお礼を申し上げます。

2015.8.26 (完)


ここまで。

>自分の人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられます。それががんや病気を通してであればなおのこと、これからの人生に確かな意味を見出すきっかけにしてほしいと思います。

自分を見つめることの大切さを最後に語っていることは、深い意味があるように思います。たとえ困難なことであろうと、その経験をもって自分を見つめることの意義を樋野先生は語ってくださっているように思います。

自分の人生は唯一無二のものなので、他人と比較することなく、自分なりの意味を見出すことができたならば、そのきっかけが病やガンであったとしても、そのきっかけはチャンスとなるのだとおっしゃっています。このような考えに、わたしも近づきたいと思いました。

どんな経験もチャンスとして、自分を高めることができるといいけれど、人間はそんなに強くないから、経験によって苦しんだり、悲しんだりします。しかし、そういう時はまた、誰かのあたたかさに触れる機会であったりします。泣きたいときは泣いていいのです。 どんな時も大切にすることができると、生きることに深い年輪が刻まれる気がします。そして、優しい瞳の奥にそれは実は見える形でも残るのではないかと感じています。

あきちゃん先生、本当に長い間ありがとうございました。私たちの拙いブログに多くの潤いを与えてくださいました。不定期ブログではありますが、今後ともよろしくお願い申し上げます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こちらこそ、よろしくお願いいたしま

あっこ様
か~こ様
みなさま

9月1日は、学生の「自殺の特異日」なんだそうです。
今年も、数件ニュースになりました。
マス「ゴミ」もそういうニュースを漁っている傾向がありますよね。

三十数年ぶりに、九月初日を休んで(具合が悪いのではなく、火曜は休みなのです。)、
なんだか、あの重たい気分がないのがとっても不思議な感覚です。
でも、「休む」ということも大切なことだな、と実感できます。

日本人、日本社会は「進む」ということだけを賛美する傾向があると思います。
「休む」「退く」も、勇気ある決断なら、称賛されるべきです。
山登りに一番必要な勇気は、どんどん登ろうとすることではなく、
必要と思えば、そこにとどまることだと聞いたことがあります。

>自分の人生は唯一無二のものなので、他人と比較することなく、自分なりの意味を見出すことができたならば、そのきっかけが病やガンであったとしても、そのきっかけはチャンスとなるのだとおっしゃっています。このような考えに、わたしも近づきたいと思いました。

あっこ様のこのお考えに、「激しく同意!」いたします。
それは、自分自身、悪性腫瘍に罹って、はじめてわかったことですが…

これからも「TWINS'」に、またお邪魔すると思いますが、どうぞお付き合いください。
御礼まで。


あきちゃん先生

あきちゃん先生

今日は私もおやすみです。子供たちの学校もスタートして、
家でのんびりと一人でいる時間久しぶりです。少し遅く
私は3日から仕事スタートです。


雨ですが、今日は防災訓練の引取り日ですので、
午後から小学校へ引取りにいってきます。

>日本社会は「進む」ということだけを賛美する傾向があると思います。
「休む」「退く」も、勇気ある決断なら、称賛されるべきです。
山登りに一番必要な勇気は、どんどん登ろうとすることではなく、
必要と思えば、そこにとどまることだと聞いたことがあります。

わたしも本当にそう思います。休む、退く、やめる、これらは
その決断にに自分が納得できれば、勇気あるものとして
受け入れられるべきものですね。

頂上が見えている登山でも、引き返す勇気がある人が
命を落とさないときがあるそうですね。

迷いがでてきたときこそ、立ち止まるべき時で、その時に
進むほうが良いのかベクトルをかえるべき時なのか
考えることは本当に意味があることですね。

あきちゃん先生、これからもよろしくお願い申し上げます。

子宮けいがんワクチン

あっこ様
か~こ様

厚労省が、子宮けいがんワクチンの被害者に対して、補助をすることを決めましたね。
自身の経験からいっても、ガンは「早期発見、早期治療」が絶対必要なのだけれど、防ごうとして、別の障害が出てしまったら意味ないですね。「副作用」などとは言ってられません。
どうして、もっと慎重な開発ができなかったのでしょうか?
この轍を二度と踏んではなりません。

あきちゃん先生

おはようございます。

本当にその通りですね。
予防のためにうったワクチンから、かなり高い割合で
神経の障害がおこっているとは、治験がどれほどの
ものだったのでしょうか。

薬害被害をうけた被害者は本当にもとに戻して
と一番思っていると思います。

厚労省の今回の判断は然るべきものでありますが、
もっと根幹の部分、何故このような事態になった
のかの検証をしないといけませんね。

過ちが繰り返されないように。


コメントありがとうございます!

忘れてはいけない苦しかったあの頃を

脳脊髄液減少症の頭痛から解放され、数年前に社会復帰したものですが、再就職先がサービス残業、パワハラ、休日出勤当たり前の多忙な職場で、ただでさえ体力も知力も衰えてしまっていた病歴15年以上の私には厳しすぎる職場でした。病気を理解していただいた上での採用と思っていましたが、あまりに大きな組織のため、現場では後遺症など認められず、歳をとってる分働かないとダメだと日々責め立てられてばかりの状況に、肩こりで処方してもらっていた安定剤に頼る日々となりました。職業柄、土地柄、精神科受診は難しく、毎日混乱した頭のまま出勤。効率は悪化するばかりで、業務量を減らしてもらうよう相談しても、上司には「ズルいだけ」と責められ、おそろしい量の仕事をためてしまいました。もう逃げ場がない状況となり、退職を決断したのですが、それはそれで責められるのは目に見えており、弱者を守る立場の専門職というのに、かなしい人々だなと思っています。人並みに働けない私にも原因はありますが、相談しても、ズルいとか年齢分働いてもらうとか、全く解決には繋がらず、残念でした。先のことは考えてません。ただ、このままだと精神的にかなり厳しい状態のため、自分らしく生きていくため、お金ではなく、心身の健康を選びました。脳脊髄液減少症の社会復帰は本当に一進一退と思わなければと思います。体調がよくなったと思っても、普通の人より無理がきかないし、見えない高次脳機能障害もあるため、記憶力や理解力にも支障をきたしていることがわかりました。社会復帰してからこの病気から逃げていた自分ですが、やはり向き合いながら生きていかなければならないことに気づきました。この病気が原因で悩むすべての人が治療に結びつき、回復に向かい、周囲の人々に理解され、心豊かに生きられる社会となることを願っています。

ぱぶりっくへるすなーす様

はじめまして。

コメントありがとうございます。

まずは、長い間辛かった症状から解放されてよかったです。
社会復帰(特に企業や会社に属す)といのは、病歴が長い
場合はとても勇気がいることですね。

職場で辛い状況であったことを、文面から察しますが、
ご自身を責めないことと、追い詰めないようにしてくださいね。

たとえ健康に恵まれていても、職場には合う合わないは
ありますし・・、ご勤務されたところが合わないからといって
それがすべてではありません。

ただ、何よりもいろんなことを抱えすぎて精神的にも
体力的にもダウンすることがないようにと思います。

気の利いたことを申し上げることができなくてごめんなさい!
でも、きっとぱぶりっくへるすなーす様の心が喜ぶことを
してほしいな・・と思います。

コメントありがとうございました。
お身体どうぞご自愛下さい!
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。