スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日死ぬとしても、今日花に水をやる

台風の影響で体調を崩した方がいるのではないかと察します。辛い時期ではあると思いますが、どうぞ、皆様お体をお大事にしてください。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します!


さて、本題です。(以下、引用)
「もし明日世界が終るとしても、私は今日りんごの木を植えるだろう。」
と言ったのは、ドイツの神学者で牧師のマルティン・ルターです。宗教改革の中心人物として教科書で習ったことがあるでしょう。

この言葉の問われていることを私は、苦難の現実は誰にでも起きるけれど他者に関心を持つ、持ち続けることで貴い贈り物を遺すことができる、と理解しています。

「あなたは、明日死ぬとしても、今日花に水をやりますか?」
その花は、患者さんの周囲の人と同じです。「がんになった自分」だけにせいいっぱいになると、花に水をやる余裕がなくなることもあるでしょう。周りの人が離れていくと感じているのは、きっと自分の風貌が周囲と距離を置いているからです。患者さんの気持ちこそが周囲に向いていないのです。

「花に毎日水をやるように、あなたが周りの人のことを忘れず、慈しむように接するなら、たとえあなたが明日いなくなっても、あなたのことを5年先、10年先に思い出す人がいますよ。あなたのその生き方そのものが周りの人への贈り物になるのですから。」

この患者さんの行為、そして、水を与えられた鉢植えは、たとえこの患者さんがいなくなった後も、かけがえのない思い出とともおに、家族への贈り物として残されるでしょう。そうして、あなたが育てた花を。思いを、必ず誰かが引き継いで育てるはずです。
(以上)

私が入院中に一番気になってたことは、治療そのものに関することではなく、「私が、入院中、もしくは退院後に、『おみそ』として扱われるのではないか。」ということだったことは、前述しました。

幸い、入院中も退院後もそのようなことにはならなかったのですが、
これからは、その恩恵をを周りの人に返す番だと思っています。


ここまで

>あなたは、明日死ぬとしても、今日花に水をやりますか?」
その花は、患者さんの周囲の人と同じです。「がんになった自分」だけにせいいっぱいになると、花に水をやる余裕がなくなることもあるでしょう。周りの人が離れていくと感じているのは、きっと自分の風貌が周囲と距離を置いているからです。患者さんの気持ちこそが周囲に向いていないのです。

確かに、周りが変わったと感じるとき、それは、周りではなく自分が変わった・・ということはよくあることかもしれません。気がつかないことが多いために、他者を責めたりすることもあるかもしれません・・。

良い意味もしくは、悪い意味で自分が変わると、以前は気になっていたことが気にならなくなったり、反対に、以前は気にならなかったことが、気になったり・・ということが起こると思います。

「花が水を欲する」ことは今日も昨日も変わらないのに、花に水をあげる心の余裕がなくなるのは、自分に起こる出来事によって自分が変わってしまう例なのかもしれません。ただ、そんな時でさえ、変わらず咲き誇る一輪の健気な花に癒されたりすることも事実です。

そう考えると、他者や(他の生物)とのつながりを意識し、そこに感謝できるといいなと思います。そして、心の余裕がなくなりそうな時でさえ、花に水をあげることを忘れないような人でありたいし、周囲に笑顔をあたえることができるといいなと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

寄り添う心は言葉を超える。

あっこ様
みなさま

>確かに、周りが変わったと感じるとき、それは、周りではなく自分が変わった・・ということはよくあることかもしれません。気がつかないことが多いために、他者を責めたりすることもあるかもしれません・・。

「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。」

これは、私と同年同月生まれながら、たぐいまれなる才能で世界に貢献し、おしくも夭折してしまったアップルの創設者、スティーブジョブズの言葉です。
彼が知っていたかいないかは全く不明ですが、A・アドラーも全く同じことを述べています。(↓参照)
http://www.videonews.com/marugeki-talk/688/

他人の人生を歩いているが故の混乱を起こさせないように、とくに生徒指導では留意してきました。これからも、この姿勢は継続しようと思っています。

さて、本題です。(以下、引用)

がん哲学外来を訪ねてくる人は、言葉によって、会話によって傷ついた経験を持つ人がとても多いように感じます。

まず、患者さんは自身の病気や治療にについての不安を診療に当たった医師に相談できずにいます。
また、家族の何げないひと言が思いやりに欠けた言葉に聞こえたり、逆に、周りの人の気を遣いすぎる言葉に傷ついたりすることもあります。

あなたの身近に苦しむ人がいたら、余計な言葉をかけることよりもまず、寄り添ってみてはいかがでしょう。支えてあげる、などという大上段に構えるのではなく、隣にさりげなく寄り添えばいいのです。

寄り添う心には言葉を超える喜びを互いにもたらす力がきっとある。そのように私は感じているのです。
(以上)

本書は、がん患者を意識して書かれた書籍なのですが、このことは、すべての長期にわたる治療を必要とする患者さんに共通して必要と考えます。

私自身のことを考えると、このことは、かなりの程度実現されているように感じ、周囲の気遣い?に感謝せずには居られません。

自分の人生と他人の人生を混同しないようにすること…簡単なようで案外できていないものなのかもしれないと考えます。

今年の夏季休暇は、去年の年休の余りが加算されていることなどもあって、ほとんど出勤しなくてよさそうです。それでいて、いただけるものはいただけるので、本当にありがたく思います。

今、二冊の本を並行して読んでいます。
http://shop.hokkaido-np.co.jp/book/products/detail.php?product_id=537
http://www.shogakukan.co.jp/books/09387113

戦時中に、小学校教師の作文教育(の会)が治安維持法違反に問われ、大量検挙された実際の事件を素材とする作品ですが、国家権力の行きすぎについて「歴史に学ぶ」べき時だと思うので、自分の考えを持ちたいと思います。


あきちゃん先生

あきちゃん先生 こんにちは!

梅雨も明けましたね。
今年の夏休みはゆっくりできるのですね。よかったですね。
「嫌われる勇気」はすごい売上なのですね。この時期に
この考え方が必要と感じる人が多いのでしょうか・・。
流行りものでは終わらない一度だけでは、理解しきれない
深い内容がありますね。

今は情報が溢れています。政治的な問題も、報道の仕方
個人の情報の発信の仕方によって全く違う印象を受ける
と思います。多少なりとも他者から発信された情報に
影響を受ける可能性はあるかもしれませんが、
批判的視点や自分なりにどのような立場で考えるのかを
もう一度しっかりと見つめ直す時期なのかもしれませんね・・。

想像力を働かせて、どうしてこの政治家さんはこう動いているのか?
と自分なりに考えたりしています。歴史を知ることも大切ですね!

コメントありががとうございました。
UPおまちください!
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。