スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の目的は品性を完成するにあり

いよいよ、最終章のご紹介に入ります。あきちゃん先生から紹介された本は手にとって読むようにしていますが、本当にどれも私に気づきをくれるものばかりです。「与える」ということに関する章のスタートですが、あきちゃん先生が紹介してくださったアドラーのいう共同体感覚が発達すればするほど、「与える」=「喜び」になるようです。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します。

2月以来? ご紹介してきた 順天堂大学教授 樋野興夫先生のご著書「いい覚悟で生きる」(小学館)もいよいよ、第五章(最終章)「与える」に入ります。あと50ページです。
あっこ様、みなさま、お付き合いありがとうございます。

今回のテーマは、樋野先生が前の章でも述べられていますが、あらためて取り上げられている意味を考えたとき、「与える」という要素が含まれることが多気のではないかと考えました。

アドラーいうところの「共同体感覚」です。私は、共同体から必要とされているという意識こそ、その人の生きがいになるわけだし、そういう貢献的な行動の積み重ねが、その人の「品性」になるのだと思います。

さて、本題です。(以下、引用)

「がんになる前の自分の人生が最高だなんて、だれが決めたんですか ? 今の仕事が好きなら、続けられたらいいじゃないですか。自分で決める人生は、病気とは関係ありませんよ。」

困難、苦難は、がんに限らず、だれにでも襲いかかるものです。そのとき、以下に耐えるか。そして、「人のためになる」ことにいかに気持ちを向けられるか。耐えることで品性が生まれ、品性を磨くことによって希望が生まれます。
(以上)

この節は、樋野先生が、私に、私の生きる指針を諭してくださっているのだと感じました。

私は、自分の疾病に対して「耐える」と思ったことは、ほんの初期段階をありませんが、「人のためになる」ことは、常に意識していたように思います。そして今でも…

実際に、どれだけ人の役に立っているかどうか、はなはだ疑わしい部分もありますが、「お役に立ちたい」といつも考えていますし、これからもその考えは続くだろう、いや、続けなければいけないと思っています。



ここまで。

ご自身も病でありながら、他の疾患のことも理解してくださってこうして毎回コメントを頂けることは本当に有り難く感謝申し上げます。このコメントで何かしら生きるヒントを得る人がいるかもしれないので、あきちゃん先生はこちらのブログでも「本当に役にたちたい」とおっしゃる気持ちを形にしていると思います。

実は、自分が役に立ちたいと思っていても相手が望んでいない場合、そのときは身を引くことも大切かな・・と感じたこともあります(笑)。特に私は病の経験者でもないわけですから、色々と難しく感じたことも正直ありました。

ただ、こうしてブログを続けているのは、もしかしたら誰か会ったことも話したこともないけれども、覗いてくださ方の役に立っているかもしれないという気持ちからなのかもしれません。

私は「誰かの笑顔を見たい!」という気持ちを常に持っています。だから、仕事をしていても、関わる人の笑顔を見たいという気持ちが私を動かしているようにも思います。家のことも、家族の笑顔が見たいという気持ちで日々の雑多なこともしているように思います。

今日一日誰かにに笑顔を見せることで幸せになる人がいるのですから、笑顔を忘れずに過ごすことも「人のためになっている」=「与える」意識を手軽に具現化したものだと思います。

笑う門には福きたるですね。
ところで、余談ですが、森三中の大島美幸さんのお子さんが生まれましたね。お名前が笑福(えふ)くんだそうです。二度の流産を経験された大島さん、笑いをみんなに与える裏で、沢山涙も流してたのかもしれません。素敵なご両親のもとに生まれたお二人のお子さんらしい素敵な名前ですね。
「笑」は良いですね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お互いが苦痛にならない存在になる

>ご自身も病でありながら、他の疾患のことも理解してくださってこうして毎回コメントを頂けることは本当に有り難く感謝申し上げます。このコメントで何かしら生きるヒントを得る人がいるかもしれないので、あきちゃん先生はこちらのブログでも「本当に役にたちたい」とおっしゃる気持ちを形にしていると思います。

自分自身の悪性腫瘍と比べて、「脳脊髄液減少症」を取り巻く状況が、あまりにも当事者に不合理なことが多く、そこを何とかしなけばという気持ちがあるだけで、病気の自分「だから」ではあっても、病気の自分「なのに」という意識は全くありません。

自分が病気「なのに」と考えれば、何もしないで、他からの施し?を待っていればいいわけで、そういうのは、「人生」とは言わないと思います。

さて、本題です。(以下、引用)

自分のことだけを思い、自分のためだけに行動するよりも、自分が他人から必要とされていると感じたときのほうが、喜びははるかに大きいものです。患者さん同士は相手が必要としていることがより理解しやすいでしょうから、余計なお節介さえ注意すれば、たがいに喜びを分かち合えるでしょう。家族は、患者さんに与えているようでいて、実は喜びを与えられていることを、不安になったときにぜひ思い出してほしいと思います。
そして、スタッフや医療者は、「ありのままを認める」ことでさえも、患者さんと家族を支える喜びになることを感謝したいものです。
(以上)

4回も、長期入院をしたので、様々な患者さんを思い出します。山王病院と違って、公立病院の4人部屋でしたので、お隣やお向かいがどんな方かというのは、精神衛生上、大きな影響を及ぼしました。
Aさん…私と同病で、私が初めての入院の時には、すでに何回か入退院を繰り返されていました。
とても、開放的なかたで、ベッドの間のカーテンンも「好きなだけあけてください」とことらにまかせてくださっただけでなく、これからの治療の流れや、留意点などを教えてくださいました。あとでわかったのですが、看護学校の薬剤師をされている方でした。
Bさん…見るからにインテリで、枕元には、マリア像が置いてあります。(そう。カトリックの信者さんです。)この方は、自分が用があるとき以外は、カーテンを固く閉じて、あちらからは、一切話しかけてきませんでした。おまけに、夜中でもなんでも、お祈りしたいときはかまわず声をあげて(大声ではないですが)唱えていらっしゃいました。「神の教え」を私の都合に関係なく、説いていらっしゃいました。

私が、どちらの方と親しくなったかは、もうおわかりですよね?
Aさんとは、次の入院でも主治医が同じだったので、同じ病棟でした。ただし、2回目は、Aさんは、個室。
ある夜中に、たまたま私が水飲みに起きると、Aさんの部屋が明るく、御家族が集まっていらっしゃいました…すぐに状況は判断できました。

翌朝、奥様がわたくしのところにあいさつに来られ、「主人がまだ元気な時に、ご同室できたことをとても喜んでしました。」とおっしゃっていました。

次の入院から、私は、「Aさんのようにふるまおう。」と考えて、ほかの患者さんと接しました。それは、仕事や家庭でも一緒です。(家庭は、ちょっと自分勝手ですが。笑)
現在、新卒教員の指導をさせていただいておりますが、私の目標は、
新卒君と他の先生方の「触媒になる」ことです。なかなか性能の悪い触媒で、思うように行きませんが…

わたしとAさんは、親戚でもなんでもなく、たまたま2回の入院でご一緒しただけでしたが、Aさんとの出会いは私にとって一生忘れられrないものになりました。
こんなことも、わたしの「脳脊髄液減少症」との出会いに影響しているのかもしれません。

そして、そのことでお知り合いになれた高橋先生は、やはり「与える喜び」を持った方なのだと尊敬しております。


あきちゃん先生

あきちゃん先生、随分返信が遅れてごめんなさい!
期末作成&採点もろもろに追われてしまって・・(苦笑)

今週いっぱいでひとまず落ちつきます。

あきちゃん先生、病院で素敵な出会いがあったのですね。
周りを見ることができることは大切ですね。そして、少しでも
いいから、自分の行動が相手に与える気持ちを推測できること
も大切ですね。

長雨ですね。おひさまが恋しいこのごろです。
半袖だと肌寒い日もありますね。
どうぞ、風邪などひきませんように。

あきちゃん先生、いつもありがとうございます。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。