スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楕円形のようにバランスよく生きる

5月も後半ですね。明日は子供たちの運動会です。
毎年のことながら、子供たちの一生懸命さや目の輝きに
パワーをもらえる気がします。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します!

(以下、引用)

「真理は円形にあらず、楕円形である。」と言ったのは、内村鑑三です。

同心円の社会は価値観や思想が均一的なため、異質のもの、相反するものを内包できず、排除する傾向にあります。力で組織内の均衡を保つわけですから緊張を強いる社会です。
いったん異質なものが侵入するとどうでしょう。あるいは組織内で反乱がおきたとします。免疫がないわけですからパニックを起こし、結果的に自浄作用が働かなくなり、組織は滅びてしまいます。
がん細胞が、同心円的に異常増殖していく特徴を持っていることも見逃せません。

それに対して、定点を二つ持つ楕円形は、健全な生態システムとして機能します。

生物の体には、対極的な働きをするものが同居しています。例えば、
自律神経には、互いに反対の作用をする「交感神経」と「副交感神経」があり、一方は活動を活発にし、、一方では活動を抑えていることは御存じでしょう。
同様に、細胞内には「がん細胞」と「がん抑制遺伝子」があって、通常はバランスをとって、がん化を抑えています。
相反するものを認めて共存すること、それが楕円形の精神です。このシステムこそ、体内の健全な楕円の働きと言ってよいでしょう。


病気を患ったときやトラブルを抱えたとき、同心円的な考えの人は、悩みそのものよりも、「異物のある自分」を受け入れられないことに苦しむようです。
人間はそんなに強い人ばかりではありません。精神的に落ち込んで、後ろ向きになってしまうことだってあるでしょう。
しかし。「こうあらねばならない。」という同心円的な価値観から自分を解き放つことで、心は楽になります。
「完璧でなくていいんですよ。楕円形のように少々いびつでいいんです。それどころか、ところどころにほころびがあってもいいんです。」

病気やトラブルがない人はまれでしょう。ならば、病気も込みで人生、いいことも悪いことも込みで人生と考えてみる。まさに、楕円形の2点バランスです。

不幸があるから対極的な幸せに気づくことだってあります。自信を失うことで謙虚さを得ることだってあります。それは、人としての品性と包容力が高まることではないでしょうか。
(以上)

みなまで申しません。私の「病と闘ってどうするの?」という思いを、樋野先生が代弁してくださっています。
同時に、ロータリーエンジンを開発して大躍進したマツダ自動車のことを思い出しました。

思考の硬直化こそが、大病を罹患したときに気をつけなければいけないことなのかもしれません。



ここまで・・

内村鑑三のお言葉には私の今までになかった視点がありましたので非常に心に響きました。
私は、角があることは良くない、円が良いと思っていましたので。

内村鑑三はクリスチャンでしたが、この視点はおそらく「中道」や「両忘」といった仏教や禅の教えにも通じると私は思いました。両極端を内包することによって、極端を避けることができるのではないかと思います。

極端をさけて真ん中の道をという「中道」、是と非、善と悪、美と醜、愛と憎など両者の対立を忘れ去ることが「両忘」ですが、人間である以上、そういうものの両方を持ってしまう自分の性を理解しつつ、その両極端を楕円でオブラートに包みこむイメージが浮かびます。

病になった時に、あきちゃん先生のおっしゃる思考の硬直化をさけるためには、病自体や、もしくはその原因に囚われすぎず、なにかそれを忘れることができることや、和らげることができそうなことを(思考が明るくなるようなこと)を考えるだけでも思考が極端に狭められることは無くなるのかもしれません。

物質の豊かさは瞬時のごとく消え、新たな欲望をかきたてますし、病の苦しさを経験することは、他の苦しみを想像する力や優しさも生み出します。

何が良くて、何が悪いかは誰にわからないのだから、今ある現状を楕円形をイメージして、良い時も浮かれすぎず、悪い時も悲しみすぎないことが大切だと思いました。

あきちゃん先生がおじいさんになられるようで、私も元気なお孫さんの誕生を心からお祈りします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愉快に過激に品性を保って

>内村鑑三はクリスチャンでしたが、この視点はおそらく「中道」や「両忘」といった仏教や禅の教えにも通じると私は思いました。両極端を内包することによって、極端を避けることができるのではないかと思います。

「人生は、選択の連続である。」とは、シェークスピアの名言ですが、どういう選択肢を、どのように選択するのかが大切ですよね。
選択の幅が広ければ広いほど人生は豊かなものになります。

日本人が「選択」というと、すぐ「右か?左か?」ということになってしまいがちですが、そういう両極端だけの人生は、つまらないですよね。
「中道」や「両忘」の考え方は、現代の日本人にこそ、就中「、病を得たときにこそ必要な素養だと思います。
樋野先生の「楕円形」の考え方だけでなく「自分を忘れたところにこそ真実がある。」という考え方そのものだと思います。

さて、本題です。(以下、引用。)

かつて、不治の病といえば結核でした。ペスト、コレラなども怖い病気ですが、これらはみな感染症です。
それに対して、がんはいわば内なる敵ですから、共存することが求められます。我が家に不良息子ができたからと言って、親はわが子を排除することはできません。
がんも共存したうえで、本来の細胞としての役割に戻るよう、穂日進歩する医薬品や医療技術をもって闘うのです。

それはさておき、親しい人ががんだとわかると、「頑張って闘ってください。」「あきらめたら負けですよ。」などという言葉をかけていませんか?
相手を気遣い、励まし、力づけたいと思って心からかける言葉なのでしょうが、だれよりも頑張らなければと思い、頑張っているのは患者さんなのです。そのわきから、「頑張れ」「負けるな」「闘いぬいて」という声を聞かされ続けている相手の本当の苦しみを理解しているでしょうか?
「頑張れ」「負けるな」と言われることは、逆効果ではありませんか。「頑張れない人はだめな人間だ」「負けなのだ」と落ち込んでしまうでしょう。
病気になったことは、決して負けではありません。患者さん自身はもちろんのこと、家族や周囲の人も、それを忘れてほしくないのです。
特にがんのような長期にわたって闘うための治療と経過観察が必要な病気とは、これからの時間を大切に向き合うように過ごしてほしいと思います。
「愉快に過激に品性をもって」
世の中に愉快な人はたくさんいます。過激な人もいます。私が言う「過激な人」とは、実行力、行動力が伴う人という意味です。また、何事にも真しに向き合う品性を備えている人もいます。けれども、この3つを併せ持つ人はめったにいません。だからこそ人の模範になるように、そういう人を目指そう、と私は言うのです。
内なる敵との長い共存の道を歩むとき、人生の目標は必ずあなたの力になるはずです。
(以上)

「樋野先生、ありがとうございます。」そういう気持ちでいっぱいです。
私は、自分の悪性腫瘍を「敵」とも「闘う」とも考えていませんが、「長い共存の道を歩む」という意識は、かなりはっきりしているつもりです。そのモチベーションを樋野先生にいただきました。
他人から見たら、「なんとノー天気なことか。自分の病気をもっと心配しなさい。」と思うでしょうが、このくらい緩いほうが、私の生き方に合っています。

来週は、勤務している2校のうちの1つが自然教室、もう一つが体育祭なのですが、考えてみれば、学校教育における行事も、生徒たちの平和的、民主的な国家の形成者たる公民への階段のモチベーションづくり寄与しているのですよね。
いい経験をたくさん積んできてほしいと願っています。

私は、両方とも参加しない(制度上、できない)のですが…泣



あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんにちは。
自然教室や体育祭は、大人になってからも学生時代の思い出として強く残ってます。

生徒達も、思い切り行事をたのしんで欲しいです。

ところで、今回のお話もあきちゃん先生のコメントも深いですね。あきちゃん先生が樋野先生にありがとうというお気持ちで一杯とのこと、私はいつもあきちゃん先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。

また、UPいたしますので暫くお待ちください。

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。