スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロの為さざること

春の嵐とは今日のようなことを言うのでしょう。
この天候に、体調を崩されている患者さんが多いのではないかと心配です。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します。

樋野先生のリードから。
「プロたるもの、こんなことをしてはならない、と医療従事者も、がん患者さんも、誇りと気概を持ちましょう。」

「プロの為さざること」

1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず
2 プロは人に悪意を帰せず
3 プロは人の劣情に訴えてことを為さず
4 プロは友人の秘密を公にせず
5 プロは人と利を争わず

プロフェッショナルとは思慮深く、一歩踏み込む胆力を持ち、根気よく仕事なり研究なりを続け、気概のある批判をする心を持っていなければなりません。がまん強く、丁寧な仕事を心がけ、最後には立派に完成するプロよ、出でよ、と切に願うのです。

医療従事者に限らず、今、病気と共存している人は、いっそ病気のプロ、達人だと自分を受けとめてみるのはいかがでしょうか。プロとしての客観的な視点で自分を捉えることは、苦悩さえも別の見方ができるように思うからです。

加えて私が強く言いたいのは、ダブルメジャーのすすめです。衣食住のための職業や生活のためにだけ時間を使っていては、人生いつかむなしくなります。自分の役割と使命感に燃えるライフワークをもう一つもつこと、それがダブルメジャーな生き方です。闘病にはいやなこともいっぱいあるけれど、そこに並行して生きがいを求めるものがあれば、結果として自分が救われます。
(以上)

「プロの為さざること」は、脳脊髄液減少症を蹂躙する保険業界や医師の方々に突き付けてやりたい気分ですね。笑

また、「患者のプロになること」は、もとより望むところです!
まだまだ、自分の中で割り切れないものがあって、プロと呼ばれるには、ほど遠い感じがします。

高橋先生が常におっしゃっている
「病気にかかることは、悪いことをしているわけではない。」
という強い気持ちが大切なのだと思っております。病気が重篤であればある程、自責の念が湧いてくるようなことが多いのでしょうけれど。




ここまで。

本当に共感できる内容です。

ダブルメジャーな生き方というのは、活路を見出して自然と目の輝きを取り戻すような生き方のようにも思います。自分の役割と使命感に燃えるライフワークをもう一つもつことは生きている証を残しながら生きている事を実感し続けることなのかもしれないな・・と色んな友人を想像しながら感じています。

脳脊髄液減少症は交通事故絡みのため利権が絡みます。
損保会社や患者に辛い言葉を浴びせる医療関係者に、

1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず
2 プロは人に悪意を帰せず

は突きつけたい言葉ではあります。

しかし実は、特別な仕事をしている人だけでなく、誰もが他者と共存する「プロ」として、誰かが弱くなったときは

1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず

この姿勢は大切かもしれません。

たとえ経験をしていなくても、そばにいる人の苦しみを想像することさえできたのならば、家族の無理解もなくなるでしょうし、損保会社の姿勢も、この病の治療を拒む医師の姿勢も変わっていくように思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

肝臓のすぐれた働きに学ぶ

あっこ様
か~こ様
みなさま

>1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず

やはり、これが一番大切ですよね。
私ども教職にあるものにとって、商売「相手」は子どもです。
弱いところに付け込んで?どんどん攻めていくのは、簡単です。
しかし、それでは、子どもは伸びません。

子どもに弱いところを支援して、強く伸ばしてやることこそ使命です。
これからも「肝」に銘じたいと思います。

ということで、今回は「肝」臓のお話。では本題です。
(以下、引用)

肝臓は、正常なときはごちゃごちゃ言うことがありません。余分な細胞分裂もしないで、静止状態でいます。黙って働いているのです。血中を流れているたんぱくの80パーセントは、肝臓でつくられていると言われます。

ところが、いったん事が起こると抜群の再生能力を見せます。
手術で3分の2を切除しても、ほぼ数週間で再生します。遺物に対しては実に肝要です。解毒、代謝作用もあります。

美徳ともいえる不言実行と寛容性、肝臓は両者を兼ね備えています。

人間も、このようなひとになれば、きっと人格者として敬われるでしょう。
「みなさん、肝臓になりましょう。」
「日本も肝臓のような国になったら、世界中の尊敬を集めますよ。」

興味深いことに、人間の臓器は約200あると言われていますが、世界の国もほぼ200です。

肝臓のように要となる役割を黙々とこなして、たとえ部分的にしなくなったとしてもすぐに再生する、そして、ことなるぶんかや社会を寛容に受け入れるような国に日本がなることに意義があると思うのですがいかがでしょう。

しかし、現在のの日本社会は、本来の役割を確実に果たす「正常細胞」が減少し、使命を見失った「がん化した細胞」が増殖する傾向あるように感じています。

社会のがん化を防ぐには、ひとりひとりが人として生きる新の使命を自覚することから始め、役割を全うすることです。

まさに、社会も個人も「いい覚悟」で生きるヒントを肝臓に学び。がん細胞に学ぶ必要があるのではないでしょうか。
(以上)

「社会のがん化」については、ある程度「定点観測」が可能な教職という職業にある私にとって、感じやすい部分があるのかもしれません。

たとえば、なにか、生徒指導上の問題が発生したときに、30年前だったら、自発的に謝罪ができたものが、今では、指摘されないと謝罪できない…さらには、指摘されても、しらを切りとおす…そんな場面がずいぶん増えたように感じます。
そして、子どものそういう傾向は、とりもなおさず、大人自身の鏡でもあるわけです。

今回の冒頭の樋野先生の「肝臓になりましょう」のお話は、学級指導などでも、たびたび生徒に語りかけてきた内容と合致します。




あきちゃん先生

あきちゃん先生こんばんは。

肝臓のお話は興味深いですね。
肝を使った慣用語句が多いのも、
肝臓の機能がそのようだからかもしれませんね。

確かに「肝臓」のような存在になれればいいですね。
不言実行というのは美徳ですね。

それでは、またよろしくお願いします。
アップまで、お待ちください!
コメントありがとうございました!
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。