スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を見ないという生き方


それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します!


今回は、樋野先生ご自身が、ある言葉を引用なさっています。

本題です。(以下、引用。)

私は、1972年ローマ教皇パウロ6世により、ヴァチカンの黙想指導に招かれたモーリス・ズンデル司教の言葉を思い浮かべます。
「自分を放っておくこと、自分に構わないこと、自分を改善するためにでさえ自分を眺めないことである。」
この言葉の中に生きるヒントがあります。

病気になってしまったことをはじめ、自分ではコントロールできないことが人生にはたくさんあります。そんなことに一喜一憂していても意味はありません。だから、悩みを抱える自分のことは放っておくのです。これまで、自分のことを人生の8割考えていたのなら、それを4割にすれば、その分、他者について考える時間を増やすことができるのではないでしょうか。

70歳の男性。(以下、男性)
「死を待つばかりの私ですが、こんな私にもできることはあるのでしょうか。」
樋野先生(以下、樋野)
「お孫さんに内村鑑三野の本『代表的な日本人』をプレゼントしたらいかがですか。
男性:「ああ、それはいい。そうします。」
樋野:「自分を見ないという生き方もありますよ。」

がんの痛みや死に向かう不安今おかれている自分のことを構わず、いっそのこと放っておくのです。その間、孫や家族、あるいは日々接している医療スタッフに思いをはせてみる。相手に対して何ができるという大それたことではなく、思いを寄せるだけでも気持ちがやわらぐはずです。

男性:「先生、人は言葉でこんなにも癒されるのですね。」

実際に孫がその本を読むのはずっとあとのことでしょう。でも、祖父が死の床からも最後のプレゼントしたことは、孫の心にずっと刻み込まれていくことでしょう。

人は最後まで使命感とともに生きるという、最高の生き方を示すお手本でもあるのですから。


ここまで。

自分をみない生き方、少し視点を変える生き方は自分を楽にすることがあるのかもしれませんね。


かーこの病が辛い時、友人は一生懸命署名を集めてくれたり、心配して優しい言葉をくれたりしてくれました。
家事や育児、仕事で忙しい友達もいましたし、また、ご自身も大変なお体であるにも関わらず、沢山励まして勇気づけて友人もいました。


皆さん、他利の精神のもと優しくしてくださったことを今でも感謝していますし、この先もきっと忘れることはできません。

病の時には自分のことで精一杯かもしれません。
しかし、そんな時でも少しだけ誰かのために、もしくは、近しい人に何かできることはないかな・・と視点を変えることは自分の苦境を忘れることができたり、気持ちが和らぐことになるかもしれませんね。

まずは、出会う人や家族のために、自分ができる最善のことは何か・・と考えることから私もスタートしたいです!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「偉大なるお節介症候群」と認定します

あっこ様
か~こ様
みなさま

↑は、私のコメントではなく、すべて樋野先生の文章です。笑

私は、娘の運転で、近所に花見に出かけてきました。しばし、お楽しみください。
売店の「桜ソフト」が、なかなかおいしいんですよ!
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%83%E8%91%89%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%A6%8B&biw=1344&bih=700&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=DX0XVYGtHcH6mQW8-IGgBQ&ved=0CAYQ_AUoAQ#imgdii=_&imgrc=a0bkpJ8Dv-muCM%253A%3BWRb8HfWtvhrvvM%3Bhttp%253A%252F%252Fphoto1.ganref.jp%252Fphoto%252F0%252F3cfcd2af27e78025d06b81769909da1d%252Fthumb5.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fganref.jp%252Fm%252Fphotophoto2009%252Fportfolios%252Fphoto_detail%252F3cfcd2af27e78025d06b81769909da1d%3B615%3B408

さて、本題です。
連続して、順天堂大学教授 樋野興夫先生のご著書「いい覚悟で生きる」(小学館)から、ご紹介しています。

(以下、引用)
余計なお節介と、偉大なるお節介は、同じように見えるかもしれませんが、相手に必要に共感することが、「偉大なるお節介」で、自分の気持ちで相手に接するのが「余計なお節介」です。
私は、偉大なるお節介を世の中に蔓延させるために、「偉大なるお節介症候群」の認定書というのを発行しています。

その項目は、学生には人生の指針となり、がん哲学外来カフェのスタッフをはじめとする大人には立ち止まって考える反省材料となり、がん患者さんには、励ましの言葉となっています。

1 役割意識&使命感を持つ
2 練られた品性&綽綽たる余裕
3 賢明な寛容さ
4 実例と実行
5 世の流行り廃りに一喜一憂せず、あくせくしない態度
6 軽やかに、そしてものを楽しむ。自らの強みを基盤とする。
7 新しいことにも、自分の知らないことにも謙虚で、常に前に向かっ  て努力する。
8 行いの美しい人
9 冗談を実行する力
10 ユーモアに溢れ、心優しく、俯瞰的な大局観のある人物
(以上、引用終わり)

私は、4月から「新規採用教員指導」という役職に就くにあたって、もう一度「教職とは何か?」を考え直しています。

この十項目に照らし合わせて考えてみると、教職という仕事は、まさに、「偉大なるお節介の具現化」を目指すべき職業と言えるような気がします。この十項目を指導していけば、新規採用の一年間を充実させてあげられるのかなと思います。

それとともに、新規採用の方も、生徒たちも、「要らぬお節介」を必要としない一個の自立した人格であってくれることを心から期待します。

余談になりますが、家内は小学校低学年が専門の教師ですが、最近は、持ち物の名前が書いてない子が目立ち、それならまだしも、シモの世話をしないと独りで用も足せない子も増えているそうです。

中学生でも、信じられないかもしれませんが、「シ」と「ツ」が書けなかったり、高校の入学願書に自分の住所が書けなかったりする子が少なからずいて、「教育」に「福祉」の要素が、どんどん入り込んでいます。
実際問題として、「偉大なお節介」の前に、「本来なら要らぬお節介」をたくさんしなければならないのです。

そういうことに大学を出たばかりの「学生上がり」の方が耐えていくには、結構、忍耐と努力を必要とします。
私が指導する方は、それに耐えられる人であってほしいです。




No title

みなさま
URLが開かないようだったら、下記をお試しください。

www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%83%E8%91%89%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%80%80%E8%8A%B1%E8%A6%8B&biw=1344&bih=700&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=DX0XVYGtHcH6mQW8-IGgBQ&ved=0CAYQ_AUoAQ#imgdii=_&imgrc=a0bkpJ8Dv-muCM%253A%3BWRb8HfWtvhrvvM%3Bhttp%253A%252F%252Fphoto1.ganref.jp%252Fphoto%252F0%252F3cfcd2af27e78025d06b81769909da1d%252Fthumb5.jpg%3Bhttp%253A%252F%252Fganref.jp%252Fm%252Fphotophoto2009%252Fportfolios%252Fphoto_detail%252F3cfcd2af27e78025d06b81769909da1d%3B615%3B408

どうしますか?

あっこ様

これで、第2章の御紹介が終わったのですが、この先どうしますか?
「やめろ!」「続けろ!」「もっと、○○しろ!」のご指示をください。

あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんばんは。

いつもコメントありがとうございます!
4月から「偉大なるお節介」スタートですね。

もしよろしければ、あきちゃん先生のペースで
よろしいですので、またお願いしたいのです。

私も4月は少しゆっくりペースになるかもです・・。

それでは、よろしくお願いします!!

御礼

あきちゃん先生

とても綺麗な桜の写真ありがとうございました。
桜の季節は本当に大好きです。
桜の花も一番好きな花です!

了解しました!

あっこ様

お言葉に甘えて、また、第3章も続けさせていただきます。
図々しい質なので、いつでも、「駄目だし」してくださいね!

では、おやすみなさい。
でも、明日のあいさつのことを考えると、寝られるかどうか…

追伸:さっきの花見のURL、差し替えます。

http://www.city.chiba.jp/toshi/koenryokuchi/kanri/chuo-inage/sakura2014.html

離任式終わりました。

あっこ様
か~こ様
みなさま

本日離任いたしました。
11人も離任するし、特に何の感動もないし…と思っていたら…

あいさつで、近所のスーパーの話などをしたら、ウケてしまって…
「旅立ちの日に」の全校合唱では、なんだか、目にゴミが入ったような…急に花粉症になったような…
生徒会長のあいさつでは、「先生は、いつも話が面白かったです。」なんて言ってもらえて…

https://www.youtube.com/watch?v=k1Fm3syf-pA

抱えきれないほどの花束(保護者に、太刀持ちならぬ、花持ちをやってもらいました。)を車に詰め込んで、帰ってきました。

明後日が、新たな「旅立ちの日」です。

あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんにちは。

今日は良い天気ですね。
旅立ちの日の歌、心があらわれるようです。

離任のときには、長い年月のたくさんの思いが詰まって
色んな思いがこみ上げてきたのではないでしょうか・・。

そして、大病を患いながらも定年まで大好きな職務を
全うされたことなど、感慨深いものがおありだと推測
します。

生きていることはいいことですね。

抱えられないほどの花束は、みなさんの形にできることが
できないほどの感謝の現れだと思います。

お疲れ様でした。

そして、新たな出発が始まりますね。

いつもありがとうございます!

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。