スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許しあう

あきちゃん先生のコメントより。

「病気ではあるけれど、病人ではない。」
と自分自身を思っています。
さらに、病気から、身体障害者手帳を得る身となりました。
病気なら治りますが、障害は、治ることはないのです。
ならば、「自分ができることをする」ということに意識を持っていかないと、毎日の生活、大袈裟にいうと人生が、とてもつまらないものになってしまうと考えるのです。


一旦ここまで。

あきちゃん先生からおすすめされました本を読み終えて、まさに、
山極勝三郎先生も、当時では不治の病と言われた肺結核を
患いながらも「自分のできることをし続けた」偉人だと
思いました。

もちろん、病により自分が情熱を注いでいた事ができなくなること
もありますが、そんな中でもベクトルを変えて
「今の自分ができること」を意識してみる、
考えてみることは良いことのように思いました。

それでは、あきちゃん先生のコメントを続けます。

樋野先生のお言葉を紹介します。
(以下、引用)

思い出は甘く、美しく、いいものばかりとは限りません。
中には、思い出したくもない、いやなものもたくさん
あるでしょう。
そういう思い出の中でもっとも気にかかるのは、
人間関係にまつわることのようです。

病床で思い出をたぐる作業が、
自分の問題に立ち向かう勇気をもたらしてくれるのです。

大病になったとき、患者さんが抱える悩みは、
病人としての悩みではなく、人間としての悩みです。
謝りたいのに謝れない苦しさ、
許したいのに許せない苦しさ、
心の奥底でくすぶっていた罪悪感や
うらみつらみから自分を解放するには、
「許しあう」しかありません。

このチャンスを逃してはならないのです。

この課題を果たすことが
「今の自分がなすべきこと」となって、
患者さんに使命感を育みます。(以上)


一旦ここまで。

「許し」ということは、簡単なようで本当に難しいと
思います。家族への許しとなると、ハードルは低いようで
実は高いかもしれません。

両親との関係、配偶者との関係、友人との関係、
仕事での関係、事故にあった場合などは加害者への憎しみなど・・
人それぞれ許せないと思うことはあるかもしれません。

ただ、よく言われていることは、
許すことで実は一番楽になるのは「自分」のようです。

そして、樋野先生がおっしゃるように「病」をきっかけに、
長いあいだ反目していた関係への「許し」がなされたならば、
自分だけでなく、相手にとっても大きなプレゼントに
なると思います。

それでは、あきちゃん先生のコメントを続けます。



この辺(前述の許しに関する件)は、
私がかじっている「アドラー心理学」と完全に一致しています。
いわく。「人間の悩みは、すべて、人間関係の悩みである。」
いわく。「こうすることは、自分の利益ばかりでなく、
相手のためにもなるだろうか。」
「こうすることは、自分と相手の利益になるが、
それはもっと大きな共同体にとってはどうだろうか。」と、
より大きな共同体のためになる方向を選択することである。
アドラーは、これを「共同体感覚」とよんでいます。

私は、共同体感覚が発達した人間に成長したいです。
「まだまだ」です。私の「永遠の課題」です。

でも、この「まだまだ」があるから、
人間は成長できると思うのです。

アドラーは、この「まだ、まだ」を「劣等感」と名付けました。
このあまりにも有名な「劣等感」という熟語は、
実はアドラーが名付け親だと知らない人も多いでしょう。笑

そして、アドラーは、
「劣等感こそが、人間が成長できる根源である。」
とのべています。

前述した、「謙虚に自分を振り返る(樋野先生)」ともつながると思います。
「病床に伏す」という「ピンチ」を、
「謙虚に自分を振り返る」という
「チャンスに置き換える」ことができたら、
こんなに素晴らしいことはないですよね。


ここまで。

劣等感とはそういうことだったのですね!
「劣等感」=「まだ、まだ」ならば、私も劣等感の
塊ですし、劣等感にマイナスのイメージを持たなくても
良い気がしました。

そして、共同体感覚が発達した人間・・
時間をかけて私もなっていければといいなと
思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

マイナス×マイナスでプラスに転じる。

あっこ様
か~こ様
みなさま

今日は、修了式でした。まだ、勤務は一週間続きますが、子どもたちと向かい合うのは、今日が最後。
自分で、自分に、「御苦労さまでした。」を言いました。笑

では、「劣等感」についてのアドラーの言葉をご紹介します。

「人間であるということは、劣等感を持っているということだ。」
「劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。しかし、劣等感をバネに偉業を成し遂げた者も数知れない。」

そして、同じくアドラーの「目的論」。
彼いわく。人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている。と。

何が原因でそうなったか?(過去)を考えても、原因を払拭することは、ほとんどの場合、できません。
目的(未来)を考えて、それを達成しようとしたり、修正したりしながら生きれば、いくらでも人間的に成長することも可能だと、私は思うのです。

「赤毛のアン」の中に、それを裏付けるような素敵な言葉が出てきます。
”Tomorrow is always fresh with no mistakes in it.”
今日がいくらだめな日だったとしても、明日をどんな日にするかは、自分自身にかかっているのですよね。
(と、自分に言い聞かせている私がここにいます。笑)

前置きが、かなり長くなりました。
本題です。

(以下、引用)
苦しい時こそ、明るく元気な人からプラスの力をもらいたい。、と思うかもしれません。しかし、この組み合わせは、明るく元気な人までつらくさせます。残念なことに、プラスの人はマイナスの人をさりげなく避ける傾向にある、という印象を私は持っています。

しかし、マイナスを「悲しみを知った人」とするならば、マイナス×マイナス=プラスに転じます。

病気に限らず、自分ではあらがえない悲しみを知った人たちが出会うと元気になる場面を私はずいぶん見てきました。
そのひとつが、岡山県の国立療養所長島愛生園に招かれて開催した、がん哲学外来カフェでの出来事です。

「らい予防法」という法律のもと、患者は強制的に療養所に収容、隔離されてしまったのです。そして、長年にわたり、患者さんと家族はいわれのない偏見や差別を受けてきた歴史があります。
今もある偏見・差別のために様々な苦痛を強いられて、現在に至っています。

当日は、入所者のほかに、一般の来場者も多く、他県からの参加もあり、さらに驚いたのは、不登校経験者が5人もいたことです。

共に真紅の中で偏見を持たれ、深い悲しみを知る人々ですが、初対面でも和気あいあいです。特に若い彼らは、ハンセン病の後遺症に加え、今はがんになった高齢の入所者から話を聞き、また自分たちの事情や気持ちを話すとうんうん、そうかそうかと聞いてもらえて慰められたといいます。それだけの対話ですが、自分たちの居場所がここにはあると思えたようです。共に生きる使命を感じていたでしょう。
(以上)

私も、公民の授業では、必ず「ハンセン病」を「人権の尊重」の単元の中で扱います。

子どもたちのほとんどは、「ハンセン病」そのものの知識がほとんどありませんから、まず、NHKで放映された「にんげんドキュメント」のVTRを見せます。
そして、ハンセン病の歴史や小泉首相の謝罪会見から現在に至るまでを知らせて、感想文を書かせるという流れです。

「にんげんドキュメント」では、栗生楽泉園に隔離された桜井哲夫さんの生活の様子が描かれています。
津軽の裕福なリンゴ農家に生まれた彼が、なぜ、「長峰利造」という本名を名乗れないのか?
桜井さんを世話する在日朝鮮人3世の金正美さんは、どういう気持なのか? 
一方の桜井さんは、金さんのことをどう思っているのか?

子どもたちは、それこそ、まばたきもそこそこに、VTRに食い入ります。そして、そのあとは、本当に、鉛筆が紙の上を走る音が聞こえるぐらい真剣に、集中して意見文に取り組んでくれます。
社会の授業をしていて、「マイナス×マイナス=プラス」を私が実感する瞬間です。

私が脳脊髄液減少症の周知活動に取り組まなければいけないと思った理由も、もちろん、私自身の障害と関係ありますが、それは、同情とか悲しみとか、そういう次元のものではないと自分では思っています。






訂正

みなさま

13段落目の「深紅」は「辛苦」の打ち間違いです。
正:ともに辛苦の中で偏見を持たれ…です。

訂正してお詫びします。

嫌われる勇気

あっこ様

あっこ様が、アドラー心理学にも興味を持ってくださっているようなので、昨年度Amazonの和書No1になった「嫌われる勇気」のサイトをご紹介します。

http://book.diamond.ne.jp/kirawareruyuki/

この中に、岸見一郎先生のアドラー心理学の解説なども出ています。
「嫌われる勇気」もぜひご一読ください。

あきちゃん先生

あきちゃん先生 おはようございます!

Tomorrow is always fresh with no mistakes in it.

上書き修正しつつ、生きていきたいです。
嫌われる勇気の本の紹介もありがとうございます!

以前あきちゃん先生の貼付していただいたURLから
気になっていました!

読んでみたいと思います。

それでは、いつもコメントありがとうございます。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。