スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい覚悟でいきる 5

東日本大震災から4年が経過しました。
震災で亡くなった方のご冥福を心より
お祈り申し上げます・・。

あの日から4年・・・
月日の経つのが早いのを感じてしまいます。



それでは、あきちゃん先生のコメントを
ご紹介させていただきます。

私が悪性腫瘍の長期療養で、本当にいやだったのは、
抗がん剤や無味乾燥な病院食ではありません。
それらは、みな「改善への過程」なのですから…

一番恐れていたことは、「社会からの隔絶」です。
退院後、わたしは、家庭や学校で「おミソ」に
なってしまうのではないか…という不安でした。

幸い、入院中から整理券を出す(実際出しました!)くらいの
お見舞客に恵まれ、娘の進路面談にも「動員」されるなど、
その心配は、取り越し苦労に終わりましたが…

本題。
今回は、樋野先生の「リード文」から御紹介します。

「がんに限らず、どんな病気にも、
罪悪感を持たないでください。
一喜一憂するよりも、
自分が何をなすべきか知ることです。」

どん病気でも、その人が悪いから発症するわけでは
ありません。
不摂生が生活習慣病を悪化させるようなことが
あるように、ライフスタイルが発症の遠因になることは
あるでしょうが、それは確率の問題であって、
罪悪感を持つようなことではありません。

人に譲ることに焦りを感じたり、
自分のほうがうまくできると
競争心を持ったりしている間は、
まだ無頓着になっていません。
人に勝ったり負けたりという発想をやめて、
全部人に譲るくらい大胆になってみる。
すると、あとには自分に与えられた役割だけが
残るものだとわたしは思うのです。

私は、四半世紀、学校教育相談の係をやっています。
以前は、「子どもが、学校を休むなんて!」という
スタンスでしたが、今は、「ちょっと休んで、
体調を整えて、また、元気になって
出ておいでよ!」という応対です。


ここまで(今回は本題の他にも長めに紹介させていただきました。)


人間はどこかに帰属していないと
孤独を感じる存在だと思います。
社会に帰属して自己実現のために、あるいは
帰属集団(会社や職場)のために必死で頑張って
きた場所からの隔絶は、孤独とともに、焦燥感を
生み出すのでしょう。

専業主婦であるなら、家族のためと一生懸命
日々家事や育児を頑張ってきたのにも関わらず
それができなくなることは、心地よくいられた
場所からの隔絶を意味し、自分の存在意義を
奪われてしまったように感じるかもしれません。
家事育児は誰かがやらねばならず、それができない
ことへの申し訳なさを感じてしまうとも言えます。

しかし、そういう時こそ、周囲を巻き込んで
頼めるところは頼んで一人で抱え込まないことも
病のときは大切だと思います。
それが、「無頓着に大胆に」という言葉ともつながる
かもしれません。

「ガンに限らず、どんな病でも罪悪感を
持たないでください。
一喜一憂するよりも、
自分が何をなすべきか知ることです」

この言葉が意味することは、病になったら、
今までの自分と同じように生きようとするのではなく、
(そうすることが出来れば、それでも良いのですが)
一旦、脱力して(天にまかせて)みましょう。
罪悪感を持っている間は、必要なものは見えません。
そういう感覚を捨てると、色んなものが削ぎ落とされて
自ずと大切なことが見えてきますよ・・
というようにも取れます。

それは、病になったからこその恩恵かもしれません。

競争社会で、常に誰かと比べて勝ち負けで生きるのは
しんどいことです。自分が喜ぶ生き方、どんな状況であっても
自分ができることをしようとしている方は輝いています。

脳脊髄液減少症を患って、本当に苦しい状況の中、
ガンを患った人たちへWIGを贈りたいと、髪を
のばすことを目標にして、WIGを届けることに成功した
友達がいます。洗髪も辛い病ですから、
長い髪を保ち続けるのは本当に大変だったと思います。

それでも、彼女の心は輝いているように思いました。

病は、あなたの人生のベクトルを少し変えてみたら・・
というサインなのかもしれません。もしそうだとすれば、
恨みや、憎しみ、後悔や自責などの方向へベクトルを
向けるのではなく、削ぎ落とされたあとに残ったものへ
心からの感謝をする、そしてできること・・
笑顔でもいいですから・・心が喜ぶことで
心を満たしていければ素敵だと思います。

最後に、
がんを患いながらも、あきちゃん先生のお人柄も重なって、
入院中も、必要とされていることをご実感されたこと、
多くの卒業生を見送ることができた素敵な先生として
定年退職を迎えることができることは素晴らしことですね。
本当に、お疲れ様でした。

こちらでも、必要としておりますので、今後もよろしく
お願い申し上げます(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

目下の急務はただ忍耐あるのみ

あっこ様
か~こ様
みなさま

私がかじっている。「アドラー心理学」の基本原理に、「共同体感覚」という概念があります。
詳しい説明は割愛しますが、
「共同体感覚が発達している人は、自分の利益のためだけに行動するのではなく、自分の行動がより大きな共同体のためにもなるように行動する。、共同体感覚が未熟な人は、自分の行動の結末や影響を予測することをやめて、自分の利益だけしか目に入らないようにする。すると、そういう人は、所属に問題を抱えやすく、不幸な人生を送ることになりやすいことになる。」という理論です。

また、書家の相田みつを氏は、「しあわせは、いつもじぶんのこころがきめる。」と好んで揮毫されます。
「相田みつを美術館」もなかなかいいですよ。東京駅の地下ですので、何かの折にどうぞ。http://www.mitsuo.co.jp/museum/exhibition/index.html

今回のあっこ様のコメントと重なると思いましたので、ご紹介しました。

本題です。(以下、引用)

「目下の急務は、ただ忍耐あるのみ。」
これは、日本の病理学の父と言われる山極勝三郎の言葉です。

深く悩んでいる患者さんに励ましや慰めは不要です。
「すべきことは山積しているでしょうが、今はただ治療に専念しましょう。耐えましょう。抗がん剤も日々進歩しています。昔ほど副作用がきついこともありませんし、よりあなたに合ったものを医師が選んでくれますよ。今は治療に専念し、会社のことは、よくなったら考えたらいかがですか。」

すべきことの優先順位がはっきりしている人は、それ以外のことはどうでもいいと腹をくくれば、きっと人生楽になると思います。「いい覚悟」ができると思います。
(以上)

ここが、悪性腫瘍の患者(私も含めて)と脳脊髄液減少症の患者さまやご家族との違いかな?とも思うのです。

私が入院する直前に、50mlが20万円以上もする分子標的薬「リツキサン」が保険適用になり、また、国の保険や民間の疾病特約保険によって、入院費の自己負担は、食費だけで済みました。
気軽に?(少なくとも、経済的な不安は全く感ぜずに)、治療に耐えられた?のです。

保険適用の恩恵を身を以って体験した者です。
だからこそ、脳脊髄液減少症の患者さんも当然そうなるべきと思って、周知運動に協力しています。

WIGの提供は、本当に助かります!
「副作用は少ない。」とは言っても、抗がん剤は、一旦、組織をすべて殺しますので、体中の毛という毛が脱毛します。特に、女性や思春期の方には大問題です。
私なんかは、娘や生徒に、「元通りになっても、もともと大して生えてないから、同じだけどね。」と揶揄されましたが。苦笑

おかげさまで、私こと、来年度以降も、新規採用者(新任教師)の指導教員として再雇用されることになりました。
今、教員採用者にも、1年たたずに辞めてしまう人が結構いるのですが、「子どもと交わる楽しさ」をわかってもらえるように頑張りたいと思います。

「毎日が日曜日。」は、しばらく先の話になります。




あきちゃん先生

あきちゃん先生こんにちは。

アドラー心理学というのがあるんですね。
勉強になります。

相田みつを氏のお言葉は素朴であたたかくて、
私も大好きです。東京駅地下に美術館があるんですね。
そちらの方に行くことがありましたら立ち寄ってみます。

今回のコメントもとても共感しています。
脳脊髄液減少症の患者が病とだけ向き合える環境に
なりますようにと願わずにはいられません。

また近日中にアップさせていただきます。

コメントありがとうございました。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。