スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい覚悟でいきる 4

あきちゃん先生のコメントより~

重大な疾病に罹患すると、これまで順調に
歩んでいると思っていた人生が大きく迂回させられたり、
時にはストップしたりします。
「行くも戻るもままならない、八方塞がりです。」と
言葉をぶつけてきます。

「八方塞がりでも、天は開いていますよ。」
天が開いているということは、天にゆだねましょう
ということでもあります。

事の成否やなりゆきは、人知を超えたところにあるのだから、
どんな結果になろうとも誰も責めない。
というような潔さがこの言葉にはあります。
(以上、樋野先生)

「天にゆだねる。」という感覚は、敬虔なクリスチャンである
あっこ様方には、よくおわかりかと思います。

私は、半年にも及ぶ長期の療養休暇を、
4回も取得しないといけない病状でした。
(正確に言うと、「です。」です。笑)
でも、特に、「自分を責める」ということだけは、
したくないし、してはいけないと思っています。


ここまで~

ちなみに、私は敬虔なクリスチャンではありません!

ただ、「天にゆだねる」という感覚はあります。
運命というものがやはり人にはあると思っていて、抗おうとしても
どうしても抗えないときもあると思います。

そんな時に、自分のできることをした上であとは神様にゆだねる
(天にゆだねる)という感覚があります。

そのときは辛くとも、振り返るとすごく貴重な時間だったと
思えることは実際にあり、時間の経過により人の考え方も変わります。

八方塞がりに見えても天は開いている・・
これは真っ暗な闇に思われるようなことにも光は存在するんだと
言い換えられる気もします。そう信じることで、その最悪な状況に
自分が呑み込まれない気もするんです。

以前、鳥越俊太郎さんが「ガンを患って良かった」と
おっしゃっていました。
ジャーナリストとして、これからガンを取材する時に
これからは、患者と同じ目線から色んなものを
感じ取れるから・・という趣旨のことを話していました。

想像力は経験には勝りません。
経験者の声は本当に響きます。
鳥越さんのそれまでの仕事ぶり等は
存じ上げていなかったのですが、
「がん」により「自分を責めたり」または
「絶望したり」という姿勢とは真逆の、
自分が主体となってその時にしかできないこと、
その時だからこそできること、
一日一日を大切に過ごすことをされているように思います。

また、敬虔なクリスチャンである故三浦綾子先生は、
その生涯の多くを次から次へとおそう病魔と共存して過ごされていました。
そんな中でも、「わたしは神様に愛されているから、このように特別な経験を
させてもらっている」という趣旨のことを仰っていました。

そこにも、わたしは病気という一般的には「暗い色」のように思われる現象に
暗い色付をしない独特の姿勢と視線に感動したことがあります。

あきちゃん先生が4回の療養生活をとって復帰されたこと、
その間、奥様やお子様も心配不安が多かったと思います。
あきちゃん先生も抗がん剤は苦しかったという趣旨のことを
以前おっしゃっていました。未経験の私には想像すら
できません。

その期間(経験)を経て、家族はあきちゃん先生という夫
そして父の存在を、子供たちはあきちゃん先生という先生を
さらに大切に感じることができるのだと私は推測します。

当たり前のものはこの世にはないと思います。
色んな経験値が高い方の心が優しいのは、
経験ということを通して魂を磨くという
生きているからこそできる、またこの世でしか
できない大きな仕事をされているからのようにも
感じます。

長くなりましたが、最後に・・
起こってしまった本意ではない現象(病気や困難)に
呑み込まれず、その現象が辛い時こそ
必ずどこかにそれを突破できる
自分なりの方法があるということを
「八方塞がりでも天は開いていますよ」という
言葉は物語っているように思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無頓着に大胆になること

あっこ様

私が悪性腫瘍の長期療養で、本当にいやだったのは、抗がん剤や無味乾燥な病院食ではありません。それらは、みな「改善への過程」なのですから…

一番恐れていたことは、「社会からの隔絶」です。退院後、わたしは、家庭や学校で「おミソ」になってしまうのではないか…という不安でした。

幸い、入院中から整理券を出す(実際出しました!)くらいのお見舞客に恵まれ、娘の進路面談にも「動員」されるなど、その心配は、取り越し苦労に終わりましたが…

本題。
今回は、樋野先生の「リード文」から御紹介します。

「がんに限らず、どんな病気にも、罪悪感を持たないでください。一喜一憂するよりも、自分が何をなすべきか知ることです。」

どん病気でも、その人が悪いから発症するわけではありません。
不摂生が生活習慣病を悪化させるようなことがあるように、ライフスタイルが発症の遠因になることはあるでしょうが、それは確率の問題であって、罪悪感を持つようなことではありません。

人に譲ることに焦りを感じたり、自分のほうがうまくできると競争心を持ったりしている間は、まだ無頓着になっていません。人に勝ったり負けたりという発想をやめて、全部人に譲るくらい大胆になってみる。すると、あとには自分に与えられた役割だけが残るものだとわたしは思うのです。
(以上)

私は、四半世紀、学校教育相談の係をやっています。以前は、「子どもが、学校を休むなんて!」というスタンスでしたが、
今は、「ちょっと休んで、体調を整えて、また、元気になって出ておいでよ!」という応対です。
これも、自分の疾病と無関係ではないと思います。
明日は、いよいよ「第67回 卒業証書授与式」です。




あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんばんは。

社会からの隔絶。それは抗がん剤とかよりも
一番恐れていた事だったのですね。

あきちゃん先生が、隔絶される恐れが
どこにいても必要とされているという実感に
変わったことが読んでいて解りました。

お人柄だと思います。

また素敵なコメントをありがとうございます。
またすぐにアップさせていただきますね。

それでは・・おやすみなさい!

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。