スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

さて・・・
2008年に事故に遭って病気を患い
2009年に治療をスタートし
2010年は1週間に3日~4日病院や治療院に通って
そして多くの方のお力により元気にさせていただいて
2011年より本格的に仕事を始め
2012年、2013年、2014年ただ走り続け
2015年充実した気持ちで新年を迎えることができました。

振り返ると今が信じられない奇跡で成り立っていると感じます。

だからこそ一瞬一瞬を大切に
感謝の気持ちを持って過ごしていかなくてはいけないと
新年を迎え改めて思っています。

皆様にとり幸多き一年となりますように
今年も宜しくお願いします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

五年間

か~こ様

完治?してから、五年間も経っているのですね。
私は、部分寛解のまんま。
半永久的?に「余命宣告」を受け続けるのでしょう。何回クリアできるか…
でも、自分の体内で起こっていることに抗ってもしょうがないです。
上手く、気長に付き合っていくことにします。
今年もよろしくお願いします。
月末に新入生保護者向けに「子育て講座」の講師をします。
親も子も温かい気持ちで入学してきて欲しいです。

あきちゃん先生

あきちゃん先生
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!

さて・・・私の場合いつから完治したのか自分でも覚えていないのですが
不快な症状が少しずつ消えていき
最終的に右腕が上がらないのと若干の痛みだけになっていたのですが
引越しがあり一生懸命掃除をしているうちに右腕も上がるようになって
少々の症状が残っている時から完治したと皆に言い回っていたら
本当に治ってしまって、仕事を始めてここ何年も風邪一つひいておりません。

風邪もひかない身体になった!!
と大きな声で皆に話して自分に暗示をかけているのかもしれないですね。
今は正直、風邪をひく暇がないほど仕事でバタバタしており
あの苦しみぬいた時間は何だったのかとふっと思う時があります。
辛すぎた経験は色々なことを私に教えてくれたのも事実です。

さて・・・ここからは余命宣告について少しだけ自論を・・・。
人の命に明日の保証なんて誰もなく
「余命宣告」なんて医者に言われなくてもいいと私は思っています。
自分で命を諦めない限り人は必ず寿命までは生きれるのですから・・・。

寿命までの一瞬一瞬をいかに生きるかが人生の醍醐味ですよね。
と同時に明日の命さえ誰も保証されていないのですから
だからこそ今に感謝して一瞬一瞬を味わいながら生きる。
怒って生きるより笑って生きて・・・これに尽きます。

あきちゃん先生は私たちの心の支えてもありますから
医師の宣告なんか吹っ飛ばして長寿を全うしてくださいね!
神様が決めているあきちゃん先生の寿命はまだまだ続くはずです!!

あきちゃん先生の「子育て講座」、私も拝聴したいものです。
あきちゃん先生どうか無理をせず今年も応援よろしくお願いします。
ブログの更新もままなりませんが
あきちゃん先生がこうしてコメントをしてくださることが私の励みになっているのも事実です(#^.^#)

今年もどうぞよろしくお願い致します☆


安定した中学生活を送るための親子関係・家族関係

か~こ様

過分なお言葉ありがとうございます。

もちろん「余命宣告」に囚われているわけではありません。笑
「五年経ったら、また検査でお会いしましょう」という「Drとの御約束」ぐらいにとらえています。
家族にあれだけ大事にしてもらって、負けるわけにはいきませんから。もっとも、病気と勝負しているつもりも全くありませんが。笑
「子育て学級」についてです。題はこのメールの表題です。
児童相談所に勤めていた経験などから話します。
「中1ギャップ」という言葉をご存知ですか?
中学の「壁」が原因で、いじめや不登校が急増するという論理です。
しかし、どうやら言葉だけが独り歩きしているのです。
いじめも不登校も「小学校の延長」というデータを示します。
だから、言葉に踊らされることなく、温かい親子関係・家族関係を築いて下さいね、それが安定した学校生活に一番大切なんですよ、という筋を、演習などを取り入れながら、進めていきます。
もし、ご希望なら、講演原稿をお送りしますが。

あきちゃん先生

あきちゃん先生いつもありがとうございます。

中一ギャップという言葉は昔はなかったように思うのですが最近よく聞きますね。
下の子が中二ですが入学当時、学校として皆がそうならないようになのか早期にみんなで合宿に行くなどしてくれて、直ぐに友達もたくさんでき今でも楽しく学校生活を送ってくれています。

また入学してすぐ、先生がいじめは絶対に許しませんと言ってくれそういう心配も今のところなく安心して子供を預けています。本当いい学校です!

一方でそんな素敵な娘の学校でも不登校になってしまう子供がいたりするのも事実でいじめとか学校の対応だけが問題ではない感じもしています。
自分の子供も現在そういう問題を抱えていないので、深く考えたりしたことも正直ありませんでした。
そう考えると学校の先生は大変ですね。
どの学級にも不登校となってしまっている子供さんがいますから・・・。

悩んでいる親御さんはいらっしゃると思います。
あきちゃん先生の講演が救いになる方もいるのではないかと推察します。
講演の成功を祈っています!

講演原稿はメールで送っていただけるのでしょうか?
お手間でなければよろしくお願いします☆(#^.^#)☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。