スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動ブレーキ 格付け

今日の読売新聞朝刊で、自動ブレーキ格付け、
国交省導入へという記事が一面で紹介されていました。
自動ブレーキについてはコマーシャルでも以前から放送されており、
気にはなっていましたが、記事によると約10年前から実用化され、
近年では装置の低価格化で普及が進んでいるとのことでした。
ただ、その開発が進む一方でメーカや車種による特徴や性能に
違いがあり、今後の課題もあるようです。

車が日常生活になくてはならないものになり、
運転することが日常生活の一部となると、
ハンドルを握ることへの緊張感は
どんどんと薄らいでいくと思います。
実際私も、今は全く運転しませんが、
以前は毎日のように運転していましたし、
その時にいつも心が穏やかでリラックスしていたわけではなく、
急いでいる時もあれば、何かにイライラしている時も
ありました。
おそらく、平常心を欠いたり、注意力が散漫になったり、
緊張感が欠如したときに、自分が加害者になりうる
可能性はあったかもしれません。

車社会が引き起こした事故により
人生が180度変わった被害者の方に会ったり、
また加害者が被害者の苦しみのかけらも
理解しようとしていない現状を知ったりすると、
車って本当に怖いなと正直に思います。

今では誰かが運転する車に乗った時でさえ、
何度も私は後ろを振り返ったり、前方ミラーで
後方の車体を確認するようになりました。
十分に車間をあけてくれているのか・・とか、
気になってしまいます。
追突されるのが怖いなという気持ちが
どこかにあるのかもしれません。

自動ブレーキ安全装置がきちんと国によって
「格付け」されて、近い将来どの車にも設置が
義務付けられるようになると、
大幅に追突事故が減ることになると思います。
国交省のこうした動きは本当に嬉しいです。
前方だけでなく、後方でバックするとき
子供たちが被害に遭うこともあります。
自動装置がどんどんと性能をあげ、対車、対人に
100%自動的に作動することが可能となってほしいです。

運転する人も、車間距離をあけて対物、対人に
損害を負わすことが無いよう、
誰かの不注意運転によって
誰かが長い間苦しめられることが無いような社会に
近い将来変化していくといいなと思いました。

また、国交省の取り組みだけでなく、厚労省なども
早期に保険適用を決めてほしいなと思いました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

機械も人間が操作します

あっこ 様


とりあえず、自動ブレーキ義務化は、トラック・バスなど大型車からですね。

EUでは、昨年からすべての新発売車に対して義務化になっているので、車先進国・日本としては、ちょっと出遅れましたね。

「衝突『被害軽減』ブレーキ」であることを忘れてはいけないと思います。衝突しないことを保証する機器ではないのです。

つまり、機械に頼りすぎてはいけないと思います。
事実、並走車を先行車と誤認して誤作動ストップし、後続車に追突される事故も数件起きています。このまま、すべての車に義務化されたら…

むち打ち症、就中、脳脊髄液減少症を想起したのは、私だけでしょうか?

「自動」車というネーミングにそもそも問題があるのかもしれませんが、
やはり、運転に責任を持つべきは、機械ではなく人間ですよね。

あきちゃん先生

あきちゃん先生 こんばんは。

確かにあきちゃん先生のおっしゃる通り、
機械に頼りすぎるのは危険ですね。

赤信号停車中にノーブレーキで後方から衝突された
かーこのワゴン。半分が大破して、運よく命が助かった
ことを当時は喜んでいました。

事故軽減であっても、やはり装置は大切だと
思います。
でも、誤作動は本当にこわいですね。安全の
性能を高めることは必須ですね。

私が知っている脳脊髄液減少症の患者さんは
トラックに追突されたかたもいます。
車体が高い上に、衝突の威力も大きいし、
本当に患者さんが長い間苦しんでいて・・
時間は逆戻りできないけれど、
もし、ドライバーが不注意があったとしても
機械で避けられてたなら・・と考えてしまいます。

事故が本当になくなってほしいと思います。
本当になくなってほしいと思います。

いつも温かいコメントありがとうございます。

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。