スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情

不安 病名が見つかるまで自分の体が
   底なし沼に落ちていく時の感情
安堵 やっと治療のスタートに立ち、これで治ると喜び
絶望 だんだんそうは簡単にはいかないと理解でき
怒り なんで自分がこんな目に合わされないといけないのと 
   怒りで震え
無心 そういった感情の起伏にほとほと疲れ
   何も考えたくないと思い
受容 起こってしまったことは仕方ない、
   全部受け容れるしかないと気づく
それから第一歩・・・


感情の流れは複雑で
時には二つも三つも入り乱れ
止めることができないほど涙が流れ
そういう感情に振り回され心身ともに疲れ果て
やっと感情の第一歩を踏み出す。


感情の第一歩の手助けをしてくれたのは
大病を患った患者さんだったり
言葉で表せないほどの悲しみを経験した方だったりした。


苦難の中で人の心は葛藤し磨かれ
周りの人の苦難に寄り添う心を養うことができるのだろう。
言葉なんてなくてもそっと近くに来て癒してくれた。


泣き続けることはしんどくて
怒り続けることはもっとしんどくて
そんなことわかってはいるけど
どうしても笑えなくて
心が壊れそうで・・・。


感情の第一歩
過去は変えられないと諦めてから
誰もとってくれない責任を私の中に落としこみ
自分に起こってしまった理不尽なことに心の整理を付け
自分の中でやっと区切りをつけることができた。


生きていれば色々ある。
辛い経験も理不尽な経験も全てが
現在と未来の自分を創る糧になると私は思う。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はげしく「同意」!

か~こ様

よく、私たちの年代で久しぶりに会うと、「病気自慢大会」が始まります。

でも、私は自分の病気をことさら「宣伝」する気にはなりません。
「身障者手帳を頂いています。」
「余命を宣告されています。」
これを笑い話風に言ったら、絶対、場が白けるから…

>生きていれば色々ある。
>辛い経験も理不尽な経験も全てが
>現在と未来の自分を創る糧になると私は思う。

このことが、自分の中で消化→昇華できていれば、何も問題ないのだから。

「よく平気ね?」と家内などは言いますが、私にとって、「病気であること」は、歯を磨くことぐらい普通のことなのだから。

歯ぐきから血が出ないように歯をうまく磨くだけです。

あきちゃん先生

あきちゃん先生こんにちは。

私としては解決済みのことなのだけれども
人に自分が病を経験したことを話すとひかれてしまった経験はあります(笑)

渦中にいるときは平気でいられるわけではなかったのですが
渦中にいても、そのことに心まで縛られて日々を送るのは辛すぎて
笑えなくとも無理に強がって笑ってみたりしてました。

症状が強いともちろん弱気になるし
それも当たり前なんですけど
それをいつまでも引きずらず落ち込み続けず
気持ちを立て直していくことは大切だと思います。

私の中のあきちゃん先生のイメージは朗らかで温かくて・・・
そういうのが病気の方としては苦手で
病気の方から逃げていくのかもしれませんね。
あきちゃん先生が余命宣告を何度も更新されているのも
あきちゃん先生のお人柄が大きく関係しているのだと思います。

闘わず朗らかに病とともに生きる。
誰も明日のことなんかわかりません。
余命宣告なんて忘れて
あきちゃん先生、これからもずっと応援し続けてくださいね!

いつもありがとうございます!

今更のコメントすみませんm(__)m

今、同じ病気で入院しています。

不安で不安で検索していたら、ブログにたどり着き 少しづつ読ませて頂いています。


私も自分に過失がない事故だったので、そのお気持ちとても同感です。

悲しくて、悔しくて、怖くて、不安で やりきれない思いが毎日沸々と溢れています。

昨日、保険やさんから電話があり、珍しい病気だから支払いできるか調査をすると言われました。

でも、珍しいといいながらも、病名を聞かれた時、まだ病名をスラスラと言えない私が「脳脊髄えき......」と途中でどもってしまったら 担当者の方は間髪いれずにスラスラっと「脳脊髄液減少症ですか?」と言いました。

こんな聞きなれないじゃない病気、一瞬で出てくるなんて 実際は多いんじゃないかと思いました。

多いから頭に入っているけど、認めないみたいな。


母子家庭でお金もなく 事故のせいで収入が一切途絶えてしまった私は、不安で仕方在りません。


長々すみません。
あまりに共感してつい書いてしまいました。


どうか、すこしでも症状がよくなりますようにm(__)m


茉莉花さんへ

茉莉花さん

はじめまして。
病は経験しましたが今となっては完治しています。
けれど・・・本当に辛かったということは忘れられません。

昔の記事を読み返すとその時の感情が溢れてきます。
色々な感情を経験しました。
いっぱい泣いたし、不安で押しつぶされそうにもなったし・・・

今となっては、感情の流れも整理できていますが
渦中にいるときは本当に不安で辛かったです。

今、とてもお辛いと思いますが
治って元気に社会復帰している人もいるから
治るんだと信じてそちらに力を注いで欲しいと思います。

しばらくはゆっくり体をいたわってください。
くれぐれも無理なさいませんように・・・

コメントありがとうございました。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。