スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前原海斗くん応援サイト



2007年 報道ステーション


下記は今から8年前に交通事故に遭い、その後
脳脊髄液減少症と向かい合っている
前原海斗君のお母様の手記です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「平成16年6月5日 土曜日 午前10時頃の1本の電話で、
私は頭の中が真っ白になりました。
それは、ついさっきサッカーの練習に向かった海斗の事故を
知らせるものでした。
現場に焦りながらたどり着いた私の目に映った海斗は、
今まで見たことのない様態でした。
目は閉じたままで、息づかいは荒くすごい汗をかいており、
尋常ではない事がわかりました。
救急車の中でも海斗は目を閉じたままで、
声をかけないとこのまま永遠に眠ってしまうのではと
私は怖くなって、声をかけ続けました。
海斗は声を発することはなく、うなずくのがやっとでした。
病院では足のレントゲンだけ撮って帰されました。
足には傷があり出血もしていたので、その診察しかなされませんでした。
海斗は自力で立つ事も出来ずにおり、
頭痛と吐き気を訴え嘔吐もしました。
意識ももうろうとしている海斗の症状は
脱水症状だと言われました。
私は診察に納得がいかずにおりましたが、
仕方なく一旦自宅に戻りました。
その後もグッタリとして顔色も蒼白く、
眠ってしまう海斗に言われようもない不安で
主人の帰宅を待って、別の病院を受診しました。
その病院に向かう車の中で
やっと海斗は会話ができるようになりました。
事故からすでに8時間が経っていました。
海斗は左頬にあざがありました。
事故で私が駆けつけた時も、
助けて下さった方から鼻血が出たと聞いていました。
また後頭部にはたんこぶもあり、
明らかに頭を打った兆候がありました。
病院でも頭部のレントゲンを撮り、
頭部外傷後の注意事項を書いた紙をもらいました。
海斗も車の中での会話は、時間帯が合わなかったり、
意味不明な事を話していましたが、
徐々に普通に会話が出来るようになっており、
頭部のレントゲンも撮ってもらったので、
私はやっとホッとした気持ちになってして帰宅をしました。
その夜、海斗は寝るときに「怖かった」と涙ぐんでいました。
私は添い寝をして寝顔を見守りました。
何度か夜中もうなされる事もありましたが、
特別容体が急変する事もなかったので、
いつもの海斗の寝顔に、大事に至らなくて本当に良かったと、
安堵感すら覚えました。
この時は私はこれから起こる事態に全く気付いてはいませんでした。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日を境に、前原海斗くんは脳脊髄液減少症及び、高次機能障害、
成長ホルモン分泌不全と向き合わざるをえなくなります。


下記は、前原海斗くん応援サイトより転載させていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「前原海斗くんは平成16年6月5日の交通事故により、
脳脊髄液減少症・成長ホルモン分泌不全症・高次脳機能障害を患い、
相手方保険会社に対し提訴致しましたが、
1審、2審ともに事故との因果関係を認められませんでした。


現在、前原海斗くんは最高裁に上告と上告受理の申し立てをしています。
人権救済の砦である最高裁判所が、
東京地方裁判所や東京高等裁判所の間違った判断を改め、
被害者が救われる公平で公正な判決を下されるように、
司法に働きかけるべく、署名を開始致しました。
皆様のご理解とご協力をお願い致します」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記は私見です。


交通事故により脳脊髄液減少症を患ってしまった場合、
司法の場に「公正」を求めるのが果たして良い選択なのだろうか
と、裁判で苦しんだ過去の患者さんの話をきくにつけて
正直思います。


ある方は、心の区切りをつけたくて・・とも
おっしゃいました。
泣き寝入りしたくない・・とも。

その結果、傷口にさらに塩をすりこまれるような
判決と向き合った多くの事故被害者がいます。


交通事故裁判の難しさの背景には、強力な権力との
闘争があります。

誰が裁判なんかしたいでしょうか?
だれも、裁判なんかしたくないと思います。
それでも、どうして裁判をするのか・・というと
この社会に間違いなく存在する目に見えない
「理不尽」と戦うためなのかもしれません。


動かなければ何も変わらない
自分のような思いを誰にもしてほしくない・・
そんな気持ちからかもしれません。


事故との因果関係を認めないのであれば、
何故その事故を境に海斗くんの体調は変わったのかを
誰が説明できるでしょうか。


もし自分の子供だったらと考えると
どうでしょう。


事故が原因で脳脊髄液減少症を患った
患者や家族は、交通事故により
予測不可能な奇怪な症状が波のようにでて
立つことも座ることも苦しくて、
自分の症状を自分で予測できず、
どんどんと寝たきりになる可能性のある
脳脊髄液減少症という病が
確実に存在することを目の当たりにします。


もしよろしければ、海斗くんの応援サイトに
訪問してまずは声をきいてください。

http://www.kaitonomikata.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

子どもの脳性髄液減少症

あっこ様

愚息の結婚式に出られなかった親戚を集めて、お披露目をしてきました。ちょっと「ほろ酔い加減」です。笑
これで、息子夫婦もやっと「公に認められた存在」になれます。

私は、いつも「他人の子より、自分の子。」と思っています。

職業柄、ひどく不謹慎に思われるかもしれませんが、自分の子も大切にできなくて、他人の子を大事にできるわけがないと思うのです。

今回の件も、もしその事故の当事者が自分の子でも、海斗君と同じに扱うか?そう扱われて、不満は感じないか?ということなのだと思います。

裁判は、「良心」などとは、対極のところにあります。ましてや、最高裁判決で原告の主張が認められるどころか、上告が認められる率は、限りなくゼロに近いのは、先述したとおりです。

子どもの問題は、どう突き詰めてみても大人の問題なのです。




あきちゃん先生

あきちゃん先生、おはようございます。

息子さんのお披露目会だったんですね。
楽しいひと時だったと思います。
おめでとうございます。
家族がまた新しい家族をつくるのは
なんだか感慨深いだろうなぁ・・と想像してしまいます。

『私は、いつも「他人の子より、自分の子。」と思っています。
職業柄、ひどく不謹慎に思われるかもしれませんが、自分の子も大切にできなくて、他人の子を大事にできるわけがないと思うのです。 』

もちろん私も同じです。
自分の子供を大切にできないのに、
他人の子供を大切にできるはずがないと思います。
子どもを持つ身として、
海斗君のご両親の心情を想像して
しまいます。辛かっただろうな・・と。

私は、轟さんのケースのこととかも含め、
裁判というものに公正というもの
を求めることができるのかと
疑問に思っている一人です。


脳脊髄液減少症が交通事故によっておこりうる
と公に認められても、やはり「判例」というもの
や「前例」に縛られるのが司法の場なのだと
思います。

しかし、諦めたくないです。


「今回の件も、もしその事故の当事者が自分の子でも、海斗君と同じに扱うか?そう扱われて、不満は感じないか?ということなのだと思います。」

あきちゃん先生がおっしゃるとおり、
司法の場を支えるのも人間、
自分におきかえて考えてみてほしいです。
もしこれが自分の大切な人だったらと想像してみて
ほしいです。

交通事故被害者が、
苦しい身体を抱えながら、
どこからも補償も救済もされず、
自費で治療を継続し続けなければ
ならない理不尽を。

今日は子供たちが休みです。
家でゆっくりとしようと思います。

あきちゃん先生いつもコメントありがとうございます。











ありがとうございます

あっこさん、こんにちは。
ご無沙汰していますが、拝見しています。
教えてくださってありがとうございます。
お心が軽くなっていかれますように、
そうして症状が快復されますように、お祈りします。
こういうお方がいてくださるからこそ、未来は良くなっていきます。
誰もが幸せに生きられる世の中で有って欲しいですね。
本当に理不尽なこと多いですね。知れば知るほどです。
結果いかんではなく、良い将来を残してくださるためのご行為、
尊いと感謝です。
出会えたみなさんは、まほだミリーです。
喜びも苦しみも分かち合いたいです。
海斗君がすこしずつ良くなられ、笑顔がご家族にも増えますように。。。

まほさん

まほさん お久しぶりです。

コメントありがとうございます。
私もまほさんのところは拝見しています。

こういう裁判の話をきくたびに
どうしてこんなことが繰り返されるのかなぁ
と思ってしまいます。

事故との因果関係が存在することは
明らかなのに、1審2審ともそれを認めない・・

では、なぜ事故を境に体調がおかしくなり、
海斗君は痛い思いをしてブラッドパッチ治療をしたり、
ホルモン注射を打ち続けなければならない身体に
なったのかを誰が答えることができるのでしょう?

医師の診断や髄液漏れの画像所見でさえ
はねつけられるとしたら、
事故被害者は何によっても
自分の身に起きたことを証明することができないし、
どうすることもできないと思います。

苦しんでいる事故被害者やその家族が
医療費の負担を継続しなければならないことに
司法はおかしいと思わないのでしょうか。


子どもの心に大人社会の理不尽を
刻み付ける結果になる判決を下すことに
何の痛みも感じないのでしょうか・・。

事故によって被害をうけたことですら、
大人の社会の利権によって認められないとされるなら、
子供の被害者はそんな大人社会をどういう風に
とらえるのでしょう・・。

色んな思いがこみあげてきます。

海斗君は誰かを助けるためにお医者様になりたい
と言っていました。
その言葉を聞いたときに海斗君が経験したとても辛い思いは
海斗君を大きくたくましくそして優しい人間にしていっていると
感じました。

そして、まほさんがおっしゃるように
海斗君とご両親の
「お心が軽くなっていかれますように、
そうして症状が快復されますように」と
私も心からお祈りします。

まほさん、いつも優しいお心配り
ありがとうございます。

ありがとうございます

あっこさん、早速ご返事くださって感謝です。
コメント誤字に気づかず失礼しました。
「まほファミリー」でした。

知れば知るほど理不尽なことに気づきます。
本当にそうですよね。
真実はちゃんとあって、子どもでも解ることが
正しく受け止められない。

そうなんですか。
きっと素晴らしいお医者様になられます。
誰よりもいのちの大切さを解っておいでですし、
心の痛みをよくご存知です。

本当にご両親としたら、怒りの向け先がないですね。
きっとお母さまはどんなに代われるものなら
代わって差し上げたいかと思います。

未来の人に良い社会を残せるよう、
ご自分が傷つくことも厭わず、行動してくださること、
美しく尊いことです。
私にできることで、陰ながら応援させていただきます。
そうして、将来お医者様になられたことを聞き、
喜びあいたいです。

まほさん

まほさんコメントありがとうございます。
そして、まほさんのブログへの転載も
ありがとうございます。

今日はがつうさんの7回忌ですね。

がつうさんのお蔭でまほさんを知ることが
できましたし、まほさんから繋いでもらった
御縁にも月日の流れる中でも、心にとめて
改めて感謝しています。

こういう裁判に関しては、時代が
まだまだおいついていないのかなぁ・って
思うこともあります。

こんなひどいことが
この時代にはまかり通ってたの??と
歴史を勉強すると思うこともあるけれど、
こんなひどいことが実際にまかり通っている
「脳脊髄液減少症」の問題も車社会の闇として
多くの人が認識し、理不尽を知ればしるほど
改善の道が開けてくるのかもしれませんね。

未来をよくできるのも今の人ですよね。

良い方向へと向かうようにと
微力ながら応援したいと思っています。

こうして署名活動という大変な行動を
起こすことにより、多くの今まで知らなかった
人も知ることにもなりますね。

この行動自体が結果如何を問わず
美しく尊いことだと私も思います。


将来お医者様に是非なってもらいたいなと
思います。心のあるお医者様にきっと
なることができる青年だと思います。

まほさん、いつも温かいお言葉ありがとうございます!
どうぞこれから暑くなりますがお身体ご自愛
くださいね。

あきちゃんせんせい

あきちゃんせんせいの姿勢にはいつも同感させられます
高裁の裁判官は和解を呈示しています
つまりは法律的には無理だが、実情は理解してくれているのですが、法律論からは認めることができない、苦しい立場を示しています
ですから、今回は和解すべきだったと思います
これも一歩前進です
信条はわかりますが、地裁、高裁と建前は変わっていないのですから
彼らは今の法体系の中で、それこそ、公平な立場にあるとしているのですから、彼らの意見はある意味一貫しています
僕らから見て公正な意見を示さない、最高裁の判事は信認しなければいいのですが、選挙の時に国民投票で直接信任された人達ばかりです
信任しているのですから、受け入れるのが義務です
改めて、またコメントしますが、地裁や高裁の裁判官の頂点に立つ最高裁の判事は国民投票で直接信任されているのです

謎さま

お名前で正直どきっとしてしまいました。
一瞬批判コメ?かなと。

内容を読ませていただき、批判ではありませんでしたので
ほっといたしました。

和解す「べき」というのはそうかもしれないし、
そうでないかもしれませんね。

海斗君のご両親の思いと経験からの
決断ですので、どのような選択も
私はただ応援したいと思っています。

結果についてはおそらく受け入れる覚悟が
あってのことだと察しますので。

今の法体系では判決を覆すのは至難であることも、
おそらく知っていらっしゃるのかもしれない。

同様の行動を必死でされた轟さんも、
現実の厳しさは知ったうえで
最後の最後まであきらめたくない
そうおっしゃっていました。

やるだけのことはやろう・・とされている行動に
私はただ応援したいです。

コメントありがとうございました。

横入り失礼します。

謎様

いつもお読みいただいているようで、ありがとうございます。
これからも、TWINS’の応援よろしくお願いいたします。

さて、私にいろいろな立場が内在しています。

公務員としての立場、
悪性腫瘍の患者として余命宣告をされている立場、
脳性髄液減少症の現状打破を心から応援する立場、
法律を学んだ者として、法治国家を考える立場、
二人の子どもを持つ親としての立場…等々。

それらを総合すると、他のどなたとも完全に一致する考え方にはならないのだろうと思っています。

でも、あっこさまやか~こさまが私の考えを聴いてくださる、そのことがとてもありがたくて、書き込みをしています。

訴訟の当事者になると、特に原告は、大岡裁判のような「心の通った」判決をどうしても期待してしまうのですが、現実はそうはいかないことに、むしろ、公平性を感じています。

民事訴訟の場合、憲法違反か、今までの最高裁、その他の判例に違反する場合にのみ上告が受理されるわけですから、そこのところを打破できない限り、これからも、同じ道筋になるであろうことが予想されます。

脳脊髄液減少症の保険適用が認可されるような医学上の学説が、一日でも早く確立されることを切に願う者であります。

海斗君の映像

あっこ様、皆様

支援者の方から、「報道ステーション」の映像を御紹介いただきましたので、アップします。ご覧ください

http://www.youtube.com/watch?v=dGYxs6uN3fY&feature=youtu.be

No title

「他人の子より、自分の子。」
普通の家庭はそうなんだろうな~と思います。

でもうちは逆でした。今でもそうですが。
何かあったら真っ先に、自分の子を疑う親。
別に何をしたわけでもないし、親の言うとおりに
良い子を演じてきたつもりでした。

自分の子を信じられない親って何なんですかね。
前科があるならまだしも、ないですし。
「自分の子より、他人の子」
「自分の子より、世間体」
世間体第一だから何かあったら、とりあえず
他人に頭を下げて子供を疑う。

病気の時もそうでした。
ずっと信じてもらえずにダラケてると疑われて。
海斗君やたくさんの患者さんたち、家族に支えられて
共に闘える人たちが羨ましいです。

「他人の子より、自分の子」のことを
まず考えられる親だったら、私もここまで
独りで頑張らなくても済んだのに・・・。

親に3連休何するのか聞かれました。
3連休って何?病人に休みなんてない。
いつもと予定なんて変わりない。
そんなこともまだ理解していないことに呆れます。

私も今、理不尽な裁判中です。
10:0の交通事故の被害者で、寝たきりの体にされて
ずっと歯を食いしばって病気と闘ってきたのに
加害者から逆裁判を起こされ、事故からの
期間が長いから慰謝料払わないよといわれて。

こんな体にしたのは誰?
被害者なのに、送られてくる書類には
私が「被告」。
私が一体何をしたのさ!
この行き場のない悔しさ、理不尽さを
どうすればいいのか。

できることなら裁判なんてしたくないょ。
でももうしなきゃいけない所まで来てしまった。
前任の屑弁護士のせいで。
それでもお金は返ってこない。
法テラス職員とツルんで詐欺行為してる。
どこに訴えればいいのか。

やらなければいけないことが多すぎる。
当然事故のことを思い出すから、フラッシュバックも
起きるし、涙も出て苦しくなる。
安定していた精神状態も、時々崩れて
衝動的に吊ってみたりしてしまう。
それでも闘わなければいけない、これからも。
海斗君応援しつつ、自分も頑張る。

どこをどう公正としてもとめているのか?

今回の請求に対して具体的な
ポイントが示されていないことに
不安を示している患者さんもいます

何故、どのような理由で司法は因果関係をみとめないのか?
そこが判れば、その点を立証するように
次の患者は準備することで対処でき
立証精度が向上するはずです

一方では、
ただ単に非難するだけの患者もいます
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshhk_hp_mail/37969839.html

物事、あらゆる方向から一歩づつ進むべきなのに
そのためには
権威も利用すべきなのに
残念です

Hirokoちゃん

こんにちは。

梅雨明けてからとても暑いですね。
辛いことがいっぱいあったのですね。

色んな辛いこと、たくさんあって苦しいこと
思い出したくないこと色々あるのかもしれないけれど
でも、ひろこちゃんの心と身体が
いろんな苦しみと悲しみから解き放たれて
そして笑顔で「顔晴れる」日が必ずくると
友人の一人として信じて応援します。

きっと良くなると明るい未来を想像して
今が永遠に続くわけではなく、
変わらない過去に焦点を当てすぎず
未来を明るいものできるのは
自分なんだと強く念じてね。

またひろこちゃんの笑顔がみたいです。
本当にコメントありがとう。
身体がよくなりますようにとお祈りします。

謎さま

こんにちは。

色んなご意見ご感想有難く拝読いたします。

ただ、ひとつだけお願いしたいのは
ご自身の意見と違う患者さんの批判を
このブログに投稿されることは
ご遠慮願います。

批判非難を同じ患者同士ですることに
何も意味を見いだせなく
虚しさすら感じます。

違う意見はあって当然ですし、すべて
同じ意見などないと思います。

私の意見もおそらく
誰かと「全く」同じ・・ということは
ないかもしれません。

ただ違いを認め合えればいいなと思います。

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。