スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜と霧

この本を手にしたのは昨年で、
私たちのブログにコメントをくださる
あきちゃん先生のおすすめの一冊です。

一読した後の感想は、
言葉にならない・・でした。
そして、いつも気に入った本は何度か読み返すのですが、
読み返すたびに絶句してしまう描写の数々と
信じられないような人間の行動に、
どういう感想もあまりにも薄っぺらいもので
言葉にならないというのが正直な気持ちでした。

この本は、ヴィクトールEフランクルという心理学者で、
強制収容所の体験者が自らの経験したことを
感情論ではなく冷静かつ沈着に洞察して記された
事実に基づく手記でした。

それまで、私はアンネの日記やアンネにまつわる本を
読んだことがありましたので、
漠然とアウシュビッツやそのほかの収容所に
ユダヤ人が強制収容され、そして過酷な環境で労働を強要され、
その中の多くがガス室で殺されたという事実を知っていました。

しかし、この本は強烈にそれまでの漠然とした印象を
塗り替えるものでした。

それは、筆者が体験した地獄絵図の詳細と、
そして被収容者の心(魂)の描写を
生々しく語っているからでした。
筆舌しがたいような経験の中、
人々がどのような心の状態へ変化していくのかということ・・
助け合うべきはずの人の中にも、
保身のために人間性を忘れ他者を裏切る鬼畜のような行為があり、
またその反面敵と思われるような人々の中にも、
思いやりを配る人々がおり、
そんな中、とうてい信じがたいような経験を強いられた人々の心が、
対人関係や自分自身の心との対峙で
どのように変化していくのかを表していました。

死と隣り合わせの毎日、
食べるものも具のない冷めたスープ一杯の日々の中、
希望を見失わずいたものがいたことに
私は衝撃と深い感動を覚え、
人間の素晴らしさを感じました。

「完全な内なる自由を表明し、苦悩があってこそ可能」な
「おのれの真価を発揮する機会を活かした」

人間が存在したのだということを
フランクルは語り、
降りかかってくる抗うことのできないような運命の中、
そのような経験を

「本当の自分を見出すチャンス」

ととらえて、時にはその運命に流されながらも希望を失わず

「人間の内面は外的な運命より強靭だ」

ということを体現した人々が実際にいたことを語っていました。

恐らく、そういう心の状態の人々の中にも、劣悪な環境の中、
アンネフランクのように、病にかかり
ガス室に送られてしまった方々もいたでしょう。

死がこの世の終わりだとしたら、
その方々の生の意味を見出すことがないかもれません。

しかし、私は死してなお人の魂は生き続けると固く信じているので
その方々は実は大成功の人生を送った人だと思えます。

脳脊髄液減少症を取り巻く環境も徐々に変化していますし、
この病になった個々を取り巻く環境もそれぞれだと思います。
家族の支援を得られる人とそうでない人、
そして医師にすぐに診断してもらうことができた人そうでない人、
治療の効果を感じられた人と時間がかかる人など
それぞれだと思います。

個人の経験は、その人でしかわからないし、
まして、私のような経験もしていない人が
とやかく言えることではありません。
ただ、感じることは
時間の流れの中で必ず変わることがあり、
苦の後苦が続き続けるのではなく、
希望をもって生きてほしいということです。

フランクルがいうように、
どんな悲惨な経験や体験をしても、
「人間の内面は外的な運命より強靭」であることを
人は体現できるんだと信じてほしいと思います。

妹の回復し完治するまでの過程には浮き沈みもありましたが、
苦しいときにも回復を信じ続けていましたし、
自分にとって良いと思うことを年単位で継続していました。

自分にとって良いことが他人にも良いとは限りませんので
敢えてここで紹介することは避けますが、
(もし興味があるようでしたら
過去ログを読んでいただければと思います)
自分の信じる道を生きて、そして無限の「希望」を
持ち続けてほしいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フランクルの考えに学ぶものがあります。

あっこ様

名前を出していただいてありがとうございました。恐縮いたしております。


フランクルは、「ロゴセラピー」(人が自らの生きる意味を見出すことを助けることで、心の病を癒す心理療法)を提唱しました。

脳脊髄液減少症などで、悩んでいらっしゃる患者様やご家族には、ぜひ一度、読んでいただければ幸いです。

なお、本著について、詳細をお知りになりたい方は、
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/14_frankl/index.html

をご参照ください。

お礼かたがた、お知らせまで。

あきちゃん先生

あきちゃん先生

おはようございます。
フランクルが、あのような過酷な生活の中
生き延びそして語ってくれたからこそ
私たちはその悲惨さを生生と知ることが
できるのですね。

そして、そういう経験をした方だからこそ
ロゴセラピーを提唱して人々を助けて
いるのですね。

本当に素晴らしいと思います。

またオススメの本などありましたらご紹介
ください!

いつもありがとうございます。

No title

あっこちゃん、お久しぶりです!

「夜と霧」
中学生の頃に読みました。
宗教の授業、というのがあって、先生(神父様)が
夜と霧の感想文を提出するように、という宿題を出したのです。

まだ幼かった私には、少なからずショックな内容でした。
でも、どのような劣悪な絶望的な状況であっても、希望を失わずに生きることができる、
それが人間である、ということに胸打たれました。
そして、夜と霧の舞台となった、アウシュビッツ強制収容所では、
自分の全てを犠牲にした、コルベ神父様がいらっしゃったんですよね。

あっこちゃん、最近、どんな本読んでますか?
お勧めの本があったら、本当にぜひぜひ教えて欲しいです!!

横入りごめんなさい m(_ _)m

あっこ 様
みんみん様

中学の時に「夜と霧」を読むなんて、すごいですね!
さぞかし、鮮烈な印象をおもちになったことでしょう。

私が、次に読もうとしている本は、
「永遠の0」です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102336897/subno/1

最近、テレビでこの著書名を頻繁に聴きます。
「余命」を宣告されている身としては、「死」を考えないわけにはいきません。

零戦による特攻を志願した心情はどのようなものだったのか。
身近の者の死を予知した周囲はどんな気持ちを抱いたのか…

そんな意味で読んでみたいと思っていたら、ちょうど今月末に、以前発行されてベストセラーになった文庫本が単行本化されるということで、
注文しました。

コルベ神父

みんみん 様

コルベ神父は、前の法王ヨハネパウロ2世によって列聖されましたね。
私も、以前、ある敬虔なカトリック信者さんのお勧めで、四谷から買ってきていただいた伝記を読んだことがあります。

あの悲惨な状況下で、とても「人間業」とは考えられない行いをした方だと思います。
そんな方に日本で布教していただいて、信者の方々も幸せでしたね。

そこから「フランシスコ会」に興味を持ち、ちょっと調べたりしました。

人間の力の偉大さには、日々驚愕しております。

みんみんちゃん

みんみんちゃん

おはようございます!
あきちゃん先生がおっしゃる通り、あの本を中学生で
読むとはすごい!ですね。私が中学生のときなんかは
せいぜい読んでまんがや雑誌とかでした(笑)

年末年始本当にバタバタしてました。
夫が単身赴任になりいろいろ生活ががらっと
かわり・・少し寂しい生活を余儀なくされていますが
これも必要なために起こっていると前向きに
捉えています。

最近は実はあまり読む時間がとれてないんですが、
本棚にある「心の扉を開く」アイリーンキャディはぱらっと
めくって数ページですが好きなところをよんだりします。

アルボムッレ・スマナサーラの「怒らないこと」
これは仏教的な視点でかかれていますが、
どうして怒らないことが大切なのかっていうのが
わかってすごく興味深かったです。

みんみんちゃんは怒らなそうですので、
必要ないかな・・?

アウシュビッツに生きたコルベ神父
さっそく本を読んでみますね。

遅くなりましたが、また今年もよろしくね☆

あきちゃん先生

あきちゃん先生

おはようございます。
永遠のゼロは、実は昨年みんみんさんにオススメされて
読みました。本当に読みながら涙が落ちてきました。
私の心にも深く刻まれた本です。
そして、子供たちにも大きくなったら必ず読ませたい
本です。

今の私たちは、歴史という世界の中で過去の戦争を
まず知ります。勉強と繋がってしまって、そこに
生身の人間がいたことを時が経つにつれ
あまり感じなくなるようにも思います。

しかし、そこには愛する人や家族を思い
亡くなっていった命が沢山あって、
どんなにかむなしかっただろうという
ことを、リアルにこの本は気づかせてくれました。

フィクションではありますが、
作者が色んなことを深く調査して書かれた
本でしたので、おそらくかなり事実に近いものだと
思います。

人命が「鴻毛より軽い」時代から「地球よりも重い」という
時代に日本はかわっていきました。

この本を読んで、本当に同じ悲しみを
繰り返さないためにも大切だと思いました。

命を大切にする社会・・それはどんな病であろうと
患者をみすてない社会でもあると思います。

いつもコメントありがとうございます。


No title

あきちゃん先生


ありがとうございます。
あっこちゃんの言うとおり、「永遠のゼロ」は
私も友人に勧められて読んだのですが、ラストでは涙が止まりませんでした。
人一人の命が紙切れ一枚より軽かった時代、そんな時代を生きた一人の男性が、最後まで家族を愛し、仲間を大切にし、
最後には前述のコルベ神父のように、仲間の一人のために自分の命を犠牲にして空に散っていった人の小説です。
あっこちゃんの言うとおり、学校で習うお勉強としての歴史より、
はるかにあの時代を生きた人間のリアルな姿を痛感させられました。

ラストの「エピローグ」は、あった方がいいという人、
「エピローグ」はつけないで欲しかった、という人、
真っ二つに分かれます(笑)
私は「あったほうがいい派」です・・・。



あっこちゃんへ



ご主人様、年末から単身赴任されていたんですね。
あっこちゃんのご主人様といえば、
宮沢賢治を愛する博愛主義者、それでいてラガーマン、
というとても素敵な人のイメージです。
いつ頃帰ってこられそうなのかな・・・。
この離れている月日も無駄じゃなくて、離れているからこそお互いの貴さを実感できる、かけがえのない月日だったと、
後になって実感できる日が来るのかもしれないですね。


コルベ神父のお話は実話で、
多分、あっこちゃんも読んだ「塩狩峠」の様な事を行った聖人なんです。
アウシュビッツで脱走者が出たため、無作為で10名が餓死刑になると決まった時、
コルベ親父は、自ら身代わりになって亡くなっていきました。
色々な本が出ていると思うので、興味があったら読んでみてね♪

私も、あっこちゃんお勧めの本読んでみるね。
一杯教えてくれてありがとう(わ~い!)

みんみんちゃん

おはようございます。

さっそくアマゾンで注文しました。楽しみです。
またすてきな本があったら、紹介してくださいね!

当時の日本人外交官だった杉原千畝さんのことが
少し前に新聞ででていました。
多くのユダヤ人を助けた日本人として
ユダヤ人の間では語り継がれています。


戦争当時の日本は、私たちの今の感覚とは
かけ離れた政策を行っていたし、外務省もしかりでした。


しかし、目の前にいるユダヤ人にビザをだして
逃亡させることで命を助けたといいます。

政策の矛盾に悩み苦しむ中、どうして勇気ある
決断をしたのかというと、
妻の幸子さんに
「あなたが助けなければ誰が助けるの?
外務省を首になったっていいじゃありませんか。」
と言う言葉をかけてもらったからだそうです。

背中を押す言葉を発した奥様と
そして、勇気をもって躊躇なくビザ発行の
決断をしたことは、本当に素晴らしい決断だし
後悔を残さない決断だったと思います。

どんな状況にあっても、自分が後悔を残さない
決断をしたいですね。

励ましのお言葉ありがとうね。
経験値を積むという意味では、夫の単身赴任は
とても良いことだと思います。
私も、色々と頑張ろうと思います。

いつもありがとう☆

みんみん様

横入り失礼します。

>学校で習うお勉強としての歴史より、はるかにあの時代を生きた人間のリアルな姿を痛感させられました。

というお言葉に引っかかって?、書き込みしてしまいました。笑

私は、歴史も教えていますが、「人間のリアルな姿」にこだわって授業しているつもりです。
子どもたちも、お話会を聴くように「フムフム」とうなずきながら聴いてくれています。
「そのとき、どうして、彼は、~しなかったんですか?」なんていう質問も、よく出ます。
歴史は、事実が先に存在するのではなく、「人間の所作の結果」なのだから、やはり、そう教えるべきだと思っています。

授業崩壊」が言われて久しいですが、これには、子どもたちより教師側の責任が大きいと思っています。
私は、そういうのお経験したことがない幸せ者で、生徒には、いつも感謝しています。

では、テスト問題作成に戻ります。

単身赴任

あっこ様

今の時代、クラスには、片親や単身赴任なんて、ごろごろいます。
お母さん方は、みんな頑張っていらっしゃいます。「母は強し。」です。
でも、「強すぎて」夫婦や親子関係に失敗される方も、たまには、見受けます。

私も、役所に夜勤があったり、長期に入院したりすることが多く、不在がちでした。

心配なのは、「自分が、(家庭で、事実上)亡きもののされやしないか?」ということでした。
ご主人も、もしかしたら、そのへんが、ちょっぴり気になっているかもしれませんね。

でも、ご存知の通り、家族は、私の「居場所」をちゃんと空けておいてくれました。
家内や子どもたちには、本当に感謝しています。

そのへんが、「単身赴任のおとうさんを支える心得」なんじゃないかな。
生意気言って、本当にごめんなさい。

長男が、今春、「片付く」ことになって、もちろんうれしいのですが、寂しさもあります。
家内も、そうみたいです。

あきちゃん先生

こんにちは。

歴史をリアルに授業されていること・・これは
歴史好きを育てる上で本当に大切ですね。

授業が楽しいかどうか・・これは生徒が
その教科を好きになるかどうかにもかかっていて
私も自分を振り返って考えると
好きな科目の授業は先生が面白かったり
お勉強を超えた楽しさを教えてくれた教科ばかり
でした。


あきちゃん先生のような先生に歴史を
教えてもらえる先生はシアワセですね!


それと、単身赴任はごろごろいます・・ということ
本当にそうですね。私の父も単身赴任を何年も
しましたし・・母の存在は大きかったです。


末娘がパパっこですので、末娘はとても寂しがって
います。


ところで、息子さんおめでとうございます。
嬉しさと寂しさが入りまじったお気持ちなんですね。


いつもありがとうございます。


コルベ神父

あっこ様

コルベ神父を読むのだったら、「身代わりの愛」小崎登明(聖母文庫)がいいですよ!

その次なんですが、書斎の本棚をみて考えたのですが、、
心理学者の河合隼雄先生の「母性社会の病理」(講談社文庫) か
            「おはなしの知恵」(朝日文庫)あたり

なんてどうでしょうか? 心理学関係は、お飽きですか?

訂正

あっこ 様

「母性社会日本の病理」でした。
打ち間違えました。

同じく、私の本棚より

あっこ様

http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E9%96%93%E5%AF%BE%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E7%9C%8B%E8%AD%B7-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A4%E3%82%B9-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%BC/dp/4260344870
(↑ カスタマーレビューだけでも、ぜひお読みください。)

なんて、いかがでしょうか。入院生活が長かったので、読書の習慣づけにはなりました。汗

看護師の卵の方がお勉強する「看護論」の本も一通り読んだのですが、
この本は、とても優れていると思います。(その時の看護師長さんも、そうおっしゃってました。)

あきちゃん先生

おはようございます。

ご紹介ありがとうございます。
是非読んでみますね!

色々と読みたい本が増えてきました。(笑)
私は読んだり読まなかったりで、
読書が習慣にはなってません(汗)。
でも、勧められたり読みたい!と思ったら
読んでますので、これからもご紹介お願いします!

いつもありがとうございます。

人間のリアルな姿

あっこ 様
みんみん様

「永遠の0」読み始めました。

真珠湾もミッドウェイもガダルカナルも、今まで何回も授業してきました。

作者の百田さんは、ちょうど私の一コ下でした。(2・23生、次の天皇誕生日です。笑)

だから、戦闘の様子など、全部伝聞に違いないですし、明らかにNHK特集などから引用?パクリ?の箇所もあります。(私が授業で使っているビデオと大まかな内容だけでなく、物事の並べ方まで、クリソツなのです。私にも、この小説書けたんじゃないかと思うくらい…笑)

でも、私が読みたいのは戦闘の場面ではなく、主人公や孫の「心情」なので、(戦闘の場面は、斜め読みしても、筋は頭にあります。)1日で、スラスラ150pほど進みました。
残り2/3が楽しみです。

それにしても、単行本で450ページは、持ち運びに重いです。笑

あきちゃん先生

あきちゃん先生 おはようございます!

返信が遅くてごめんなさい。l

今日は雪ですね。
足元に注意してくださいね。
学校はありますが、園は休みです。
家でのんびり娘としようと思います☆

あきちゃん先生、もう読み終わりましたか?
私は、戦時中の戦闘機とかまったく興味が
ありません。いろんな私にとっては細かい
戦闘機の説明も、読みはしたものの
そんなにこの小説の重要な部分でも
ないと思ってます。

ただ、この時代に生きた人の心の動き
(表に出すことが許されなくても、
心の奥底に存在した想い)を想像するのには
とてもよかったと思います。

人はどんな時代でも、その時代時代を
一生懸命生きて、時には抗うことが
困難な状況の中、自分が苦しい状況に
おかれることもあるし、
流されていくこともあることを感じました。

そして、何より今生きている私たちは
そういう過酷な中でも生き抜いた人・・
命を繋いでくれた祖先がいたからこそ
生を受けて生きることができるんだということを
感じずにはいられませんでした。

命のリレーの結果として自分もいるんだと
思うと、生きていること、生かされていることに
感謝できます。

いつもコメントありがとうございます。
どうぞ、寒い中お身体ご自愛くださいね。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。