スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPS細胞

山中伸弥教授がノーベル賞を受賞され
日本人としてとても感動し、心から嬉しく思いました。
ノーベル賞をとる以前から、何度もテレビの特集等で
IPS細胞のことが取り上げられ、
本当にすごい発見だし、一日も早く患者さんの
ために活かすものに確立してほしいなと思っていました。


今回の受賞をうけて、山中教授がインタビューで
仰った言葉の中に、私が一番心を打たれたところが
ありました。

それは、患者さんの一日や一時間と、
健康な人の一日や一時間は全く意味合いが違う。
それゆえ早く研究に戻り患者さんのために活かせるものに
なるよう努力したいというお言葉でした。


山中教授は本当に患者さんの目線に立って
お仕事を続けておられる方だと思いました。

13年度には網膜の再生に臨床応用されるようですし、
またパーキンソン病の臨床研究も5年後をめどに
はじめたいと仰られたようです。

今この病の患者さんは、大きな希望の光が
見えてきたと思います。


また、山中教授は、山中教授の周囲の方々にまず深い
感謝の意を述べておられましたし、今回の受賞を
高橋講師の存在なくしてはありえないとも述べられました。

おそらく山中教授やその周囲の方々は
患者の役にたちたい・・一日一時間の患者さんの
辛さに接してなんとかしてあげたい・・その気持ちで
一丸となって取り組んでおられたのだと思います。
だからこそ、素晴らしい発見があり、そして成果も
あげているのだと思います。


医学というのは考えもできなかった領域まで
発展しつづけるんだな・・と感じずにはいられませんでした。

きっといつの日か、脳脊髄液減少症にも
希望の光が差し込む日がくると思います。

一日一時間の患者さんの苦しみに接してこられた
少数の医師の経験や言葉を大切にして、
これからは医師が一丸となって、
脳脊髄液減少症の患者さんを取り巻く環境を良くするように
取り組んでほしいなとも思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「同じ単位でないと、計算できない。」という真理

あっこ様

その「iPS細胞の実用化」で、残念な事実?が発覚しましたね。↓
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221012006.html

細胞の基礎研究という極めて理科的な話題に、またもや社会科的な話題が絡むとこうなるのです!

「{主役は患者」を、いつでもどこでも忘れるべきでないと思います。
あくまでも科学の追究は、科学的に行われるべきです。


あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんばんは。

昨日、すごいな・・と思っていたら
今日はこんな残念なことになりました。

でも、残念だけどきっといつの日か
IPS細胞が患者の役に立ち、今まで不治の病だった方がどんどんと
副作用もなく完治し社会復帰できる時がくると思います。

主役は患者・・本当にそうですね・・この原点にもどれば
安全性を高める努力=科学的な研究=をした後で
多くの方々に適用してほしいと思いました。

一日一時間を苦しんでいる患者さんの視点にたって
色んな医学の研究が進められてほしいなと
思いました。

コメントありがとうございます。

川崎の事故

iPSとは、直接関係ないのですが、標記の件について、ラジオや新聞で報道されました。お知らせまで。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20121018/CK2012101802000125.html

あきちゃん先生

あきちゃん先生、おはようございます。
昨今バタバタとしており、更新がないこと
お許しください!

情報提供ありがとうございます。
予想していた事故がおこってしまったのですね・・。
事故に遭われた少年が術後良くなって本当に
良かったと思います。そして、少年が苦しい思いをした
原因を、学校側も指導者ももう一度考えて改善してほしです。

これ以上子供たちがこんな事故で苦しむことが
なくなるよう・・こういう情報を学校に徹底させて
予防の観点を浸透させ、もし事故がおこったら
早期治療を徹底させる環境づくりが大切だと
思いました。

子どもがシアワセに楽しくいられること・・大人の責任ですね!

いつもありがとうございます

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。