スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い返せば・・

思い返せば3年前の夏休み。
2009年の夏といえばいっぱい泣いた夏でした。
先が見えなくて不安でした。
目の前にある現実が信じられませんでした。

幼いころ毎年のように田舎の祖母の家の川で遊んだり
真っ黒になって外で遊び、虫をとったり、花火を観たり
どこへ行くにも一緒だったかーこが
信じられないほど弱ってしまって、
ねたきりになりました。

こんなことが人生に起こるんだ・・と正直思いました。

そんなときでも、
言葉だけはマイナスの言葉を使わないように
私は心に決め、自分以上にかーこは辛いんだから
泣き言もなるだけ言わないようにと心に決めました。


ここまで落ちたらあとは上るだけ!
きっと良くなる!
ジャンプする前には大きくかがむよね・・!
心豊かな人って、苦労を経験している人が殆どだよ!
どんな経験も神様からのプレゼント!
良くなってこの病気は治ることを証明しようね!

等々・・とにかくプラス言葉をかけていました。

かーこが完治するまでには2年ほどかかりましたが
振り返ると徐々に回復しそして完治に至るまでには
多くの波も経験し心の浮き沈みも多くありました。

しかし、その過程で素晴らしいご縁に
巡り合えたのも事実で、
袖振り合うも多生の縁というように・・
今生での巡り合いの中で、初めて出会っているのに
初めてでは無いような気持ちになるようなご縁も
ありました。


巡り合えたご縁は、とても大切なギフトだったように
思えます。


実家から歩いて5分ほどの所に住んでいるいとこは、
幼いころ脊椎を損傷し6年間入院しました。
幸い、リハビリの末ゆっくりと歩けるようになり、
結婚出産もしましたが、50歳を超えた今
身体がまたとても痛くなり歩けなくなりました。

昨日電話で母と話したとき、
かーこが通った淡路島に
いとこも通うことにしたそうです。
身体のバランスの調整をしてもらい
一度の施術で痛みがかなり軽減したようで、
とても前向きに継続したいといっているようです。

小学校1年生の運動会の日に突然歩けなくなったいとこ。
それは数日前に階段から落ちたことが原因だった・・。
それから6年間入院し、沢山辛い思いもしたと思います。
良くなってほしいです。

大切な友人から紹介してもらって、そしてかーこに
繋がった淡路島の先生とのご縁が、
また広がることにも心から感謝したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同じ月日を過ごすこと

あつこ様

先日、アップル社のスティーブ・ジョブズ氏がガンでなくなりましたね。
21世紀を創出した感もある偉人ですが、私には、とても身近な存在です。

それは、私と誕生日が一日違いだからです。日米の違いはあれども、同じ月日を過ごした人が、私と同病でなくなってしまったということに、親近感すら覚えます。

ましてや、あっこ様とか~こ様は、TWINSです!
私も、今までに、職場で何十組ものTWINSに出会ってきました。
「一人の人間としての個性」は、もちろん尊重しているつもりです。
でも、「同じ空気感」のようなものは、いつも感じていました。

やっぱりTWINSは、普通の兄弟姉妹とは違います。
(だから、東大教育学部の附属中では、わざとTWINSを入学させて、研究対象にもしています。)

そんなTWINSですから、何物にも代え難い存在であることは確かです。
それが本症の発症によって、ますます強い結びつきになったということなのでしょう。

「禍福は糾える縄の如し」といいます。「禍」があってこその「福」です。
我が家も、私の発病によって一家がまとまった感があります。それまでは、お互いに「仕事人間」でしたから…笑

どうぞご姉妹末永く仲良くお幸せに。

では、研修に行ってきます。
テーマは、「地域社会資源による子育ては、いかにあるべきか。」です。
お母さん方のために、頑張ります!

あきちゃん先生

あきちゃん先生、おはようございます。

あきちゃん先生はステーブンジョブズ氏と一日違いの
お誕生日だったんですね。私も、尊敬しています。

ところで、お盆は今年は帰省せず沖縄の西表島に家族旅行に
行ってきました。リフレッシュできた気がします。

http://www.facebook.com/#!/photo.php?fbid=493271404035029&set=a.478133145548855.120380.183604821668357&type=1&theater

Face Book で上記の写真がありました。
Twinsとは不思議なもので、兄弟姉妹の中でも
とくに結びつきが強いのかもしれませんね・・。

分魂というものを私は信じていまして、
誰かが心でも身体でも弱くなったとき、
心や身体が強い人から力を分けることができる
というものです・・。
目に見えない力ですね・・。

それは、一番近い家族だったり兄弟姉妹だったり
友情だったり・・言葉だったり・・手を握ったり
傍にいたり・・目に見えないものも含めて
誰にでも与えることのできるパワーです。

かーこが弱っている時に、
思いを寄せてくださる多くの友人がいました。
お会いしたことも無い方が、とても優しく励まして
くださいました。その方が健康かというと
身体に不自由を抱えておられの友人もおりましたが、
本当に心は健康でした。多くの方から
分魂をいただき、かーこは完治したと思って
います。

だからこそ、生きている限り
生かされていて、人によって支えられている
ことを深く感じました。

本症の経験は、結婚して離れ離れで住み
お互い夏休みくらいしか顔を合わせないかーこと
私の結びつきを強くしてくれましたし、
それ以上に多くの人との出会いや、
沢山の気づきをもたらしていただいたように思います。

あきちゃん先生、研修どうぞ頑張ってくださいね。
お母様方にとって、その研修結果がきっと生かされる
と思います。

いつも本当にありがとうございます。

生かされている自分

あっこ様

中村久子さんをご存知ですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%B9%85%E5%AD%90

中村女子は、次のように述べています。重い言葉です。

「人の命とはつくづく不思議なもの。確かなことは自分で生きているのではない。生かされているのだと言うことです。どんなところにも必ず生かされていく道がある。すなわち人生に絶望なし。いかなる人生にも決して絶望はないのだ。」

あきちゃん先生

あきちゃん先生 おはようございます。

今日も暑いですね!

中村女子のご紹介ありがとうございます。
存じ上げていませんでした。
素晴らしい方ですね。

中村女子は数奇な運命のもと生を受けた方だと思います。
そのような彼女の言葉の中に、人は肉体にて
生きるのではなく、心で生きるのだ・・という
考えがおありであること・・
どの言葉も重みがあり、
彼女を支えたお母様やおばあ様の愛情を
受けて育ったからこそ、尊い考え方が
みについているとも思いました。

心の平穏を保つことにより、試練にも過酷な運命にも
振り回されることがなかったのですね。もちろん、
そこに至る過程には沢山の葛藤も涙もあったと
推測します。
彼女の生き様は、後世まで人々へ
勇気や感動をもたらしたことは、素晴らしいと
思います。

素晴らしい方というのは、
昔から沢山生きておられで、
メッセージもとても素晴らしいですね。

いつも、いろんなご教授をいただき
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

返信遅れてすみません。
お構いなければアドレスを鍵コメで教えていただければと思います。
そちらに情報を送りますので・・・。
梅雨の時期お辛いと思います。
どうかご自愛ください。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。