スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞・患者を生きるより

今日の朝日新聞の朝刊を読んでいてドキリとした記事が
ありました。

生活欄にある、「患者を生きる」という記事です。

交通事故の後遺症で定職につけず自分の病自体が
何かわからない札幌在住の38歳の男性のことが
書かれていました。

以下、抜粋して掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

札幌在住のSさんは交通事故の後遺症で
円滑な人付き合いが難しくなり、
どの仕事も長続きしなかった。
せっかく見つかった仕事も
1年で自分からやめてしまった。
 事故から11年がたっている。
人間関係を保つのが苦手になったことは、
自分でも気付き始めていた。
ウエーターやスーパーのレジ係などの
接客業を避け、人との対話が少ない仕事を選ぶように
気を付けた。
 食品製造工場、不動産会社、ビルメンテナンス・・・。
障害を知らせずに就職し、周囲を驚かせる唐突な発言などで
自ら居づらい状況を招くパターンを繰り返した。
どの仕事も長くて3ヶ月ほどしか続かなかった。

交通整理の仕事では、無線連絡を聞き逃して
車を通しあわや2台を正面衝突させるところだった。
「ぼうっとしていた。」

かつて、就職支援を断った北海道障害者就職センターに
再度、お願いした。
だが訓練には集中できなかった。

履歴書1枚には書ききれないほどの職歴をかさねても、
定着できた仕事はひとつもなかった。

「でも働きたい。」

どんな障害なのか、どうしたらいいのか糸口を見つけたかった。
北海道大病院のリハビリテーション科で
詳しく検査をしてもらうことにした。

2010年5月に北大病院に入院。
約一か月、脳波の検査や知能テストなどの
ほか作業療法士によりリハビリをすることになった。

人名や道順などの記憶力が低下しているが、
かなを拾うなどの注意力検査は問題なく、
知能指数も悪くなかった。
「むしろ、テストに出てこない部分に
障害があるのが特徴。目に見えない
コミュニケーションなどの社会的行動の障害が
就職で問題になりやすい。
障害についての本人の理解も不十分だ」と
主治医で教授の生駒一憲さんは感じた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事を読んで、どのように感じるかはそれぞれだと
思います。でも、この記事を読む限り、脳脊髄液減少症
の存在をこの患者さんはご存知ないように感じます。

私は私の感じたことをご意見・体験はこちらへとかかれた先に
メールしようと思います。

メール先 iryo-k@asahi.com

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も、連絡してみます!

あっこ様

昨夕から今朝まで、ロンドンオリンピックを12時間、テレビ見続けちゃいまし~(^_^;)
生徒たちには、「テレビをだらだら観るような夏休みにはしないように!」と注意したのですが…私自身が守れてません。(-_-;)

新聞記事のご紹介ありがとうございました。
うちは読売で、しかも、最近は、「ネットで読んで、気になる記事は紙ベースに戻る」派なので、新聞紙からは離れることも多いものですから。
実は、生活上の効率だけでなく、老眼も影響しているのかもしれません。笑

さて、Sさんですが、「脳脊髄液減少症」をスクリーニングしてみる必要は、私もあると思います。

それも疑ってみて、そうでなければ、それはそれで良いのですから。
でも、この症状は、本症と重なる部分が多いですよね。
記憶に障害がでることとか、人付き合いを敬遠するようになるとか…

私も。脳脊髄液減少症のことを書き込みますので、あっこ様の投書と重なれば、効果的かもしれませんね。

追伸

あっこ様

朝日新聞社宛のメールの文中に、
http://atami.iuhw.ac.jp/shinryou/nogeka/gensyo1.html
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/NeuroSurge/nosekizui/index.html
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kth/kak/nousekizuiekigennsyousyou2.htm
も、添付しておきました。

これが患者様に伝わるかどうかは、不明ですが、医療担当記者がこれを知るだけでも価値があると思ったので。

No title

あっこ様
か~こ様

http://www.takahashik.com/blog/2012/08/post-513.html

ということだそうです。
完全に患者様が救われるということではないと思いますが、
とりあえず、第一段階として、よかったですね。

あきちゃん先生

あきちゃん先生、おはようございます。

私も今は昼夜テレビにはりついています(笑)。
昨日はサッカーを見て嬉しくて熱くなったあと、
卓球をみている間にうたたねしてしまい・・・
夜中目をさまし、その後、ずっとついている
テレビのチャンネルをいじっていると
競泳でした。
女子は終わっていましたが・・男子に間に合いました。
とても感動しました(感涙)。

いつもそうですが、オリンピック選手の言葉に、
周囲への感謝がまずあること・・それに心を打たれます。
総合メドレーでは、共に切磋琢磨した同志をを思いやる言葉・・
それにも、とても感動しました。

サッカーは一番注目していて、欠かさずみています。
先日ナデシコジャパンがブラジル戦に勝った後、
佐々木監督は相手チームは強かったですね・・と相手チームを
たたえる言葉をかけました。一方相手チームの監督は、
日本チームは守ってばかりで弱かったから、優勝なんてできない
と言葉をかけたようです。
競技を一生懸命闘ったあと、批判や非難を聞くのは残念ですね・・。
また、金メダルを逃してしまった日本柔道選手の言葉・・
まず最初に出てくる言葉が、銀や銅メダルは嬉しくないという言葉
だったのは私には残念に聞こえました。


しかし、一生懸命闘わないのはもっといけない!
8人失格になりましたバドミントン・・・・残念を通り越し
失望しました・・。
日本は銀とれて素直にうれしかったですが、
今季のバドミントンは後味の悪いものを残しましたね。

色んなドラマがありますし、涙もありますが
でも、あきらめず一生懸命闘ったその姿は
本当にみんなキラキラしています。

オリンピックからは、目がこれからも離せませんね。

ところで、
山王病院が先進医療の病院として認められたのは
良かったです。まだまだな部分はもちろんありますが
前進したことは素晴らしいです!!
皆さんの努力に心から感謝いたします。

そして、あきちゃん先生、URLを添付して
メールしてくださり、ありがとうございまうす。

我が家は日経新聞を購読していまして、
朝日新聞は購読していないんですね。
でも夏休みだけ、子どもの夏の課題に
エコをテーマにさせようと思い、購読をお願い
したところ、たまたま目に飛び込んできた記事だったので
本当にドキリとしたんです。

かーこは、社交的で友達も多いのですが
病気になって、人と会うのを避け友達とも連絡をとらなくなりました。
仕事もやめました・・。
性格も変わったように思われたんですね。

本人がいうには、仕事もできるかな・・と思うときも
あったけれど、少しするとやっぱり無理だと思ったり、
また、友達にあっても途中で具合が悪くなったり
話しのスピードについていけなかったりしたそうです。
音も辛かったようですし、身体も辛かったそうです・・。

かーこもその時は病名がつかなかったときでしたし、
共通点が多いんです。

文字も読むことが辛くなっていましたし、
かーこ自身が病名を探すことは難しいかったんです。

この患者さんが、脳脊髄液減少症と違っていれば
それはそれで良いのですが、
この患者さんは何らかの脳外傷だと思っていらっしゃる
ようですし、主治医の先生もそう思ってらっしゃいます。
でも、何かを突き止めていないところも気になります。

そうかもしれないし、そうでないかもしれないけれど、
この病気を知ることはマイナスではないと思い
そして、この記事をたまたま読んだのも
偶然ではないような気がして、
もしや・・と思いメールを新聞社あてに送りました。

この病気が交通事故の後に発症するということが知れ渡り、
早期発見早期治療が実現すればいいな・・と思っています。

あきちゃん先生、いつもコメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。