スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援言葉

病気の時、ある方から
「ありがとう」
という言葉を言っていると
それだけで幸せになれると教えてもらった。


感情なんか込めなくてもいい。
ただ・・・「ありがとう」と言うだけでいい。
そして私は呪文のように唱えた。
まずは身の回りにある小さな「ありがとう」から・・・。


当初、寝たきりだったから
まず、シーツや布団に感謝して
シーツや布団に「ありがとう」と言ってみた。


そして、そこから思いを馳せて
世界には寝る布団さえない人もいると思ったりした。
そんなふうに考えれば
この世は「ありがとう」で満たされている。


生かされているだけで
「ありがとう」を沢山いただいていると気付いた。
水も空気も花も植物も全てありがたい。


それなのに人間はだんだん傲慢になって
「ありがとう」が少なくなって
それが「当たりまえ」になって
不平不満を探したり言ったりして・・・。


「ありがとう」に目を向けるか
不平不満を探すかは自分自身だと思う。


「ありがとう」を「当たりまえ」にしてしまう心は
少し残念に思う。
「ありがとう」と素直に感謝することができるなら
多くを味方につけることができる。


実は「ありがとう」という言葉は
自分自身への一番の応援言葉なのかもしれないと思う。


辛い経験も目を向ける方向を変えて
例えばその経験がなければ
出逢えなかったご縁に感謝することで
少しだけ自分が癒されるかもしれない。


心が辛くなる方向に自分の目を向け続けることは
誰でもなく実は自分自身を一番苦しめている。
そうなる気持ちも何となくわかるけど
自分に優しくしないと自分が辛いから
すぐ近くにある「ありがとう」を探して
まずは自分を応援しようと思う。


「ありがとう」の言葉の力はすごい。
感情はこめなくてもいいから
ただ呟くだけでいい。
そしてその言葉に「素直さ」がそれにプラスされれば
その後の自分の人生が輝いてくる。


変えることができるのは
「自分」と「未来」だけだから・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

生活の潤滑油

か~こ様
「ありがとう」が頻繁にきかれる人間関係は、とても順調だということを示していると思います。
私は、特に職場では、意識して使うように心がけています。

あきちゃん先生

あきちゃん先生いつもありがとうございます。

私自身、ありがとうや感謝が飛び交う中に入ると
とても居心地がよく
それに笑いなどが加わると
ずっとその場を離れたくないように感じます。

一方、悪口や不平不満が飛び交う中にいたりすると
居心地悪く逃げたくなります。
自分が自分がと言って足を引っ張り合う環境は
息が詰まりそうで
逆にどうぞどうぞと互いを尊重し引き立てあう環境は
ほっこりしてそこに居続けたくなります。

ありがとうという言葉や感謝する心、
笑いに大きな力があるのだと感じています。

あと・・・素直さこれも大切ですね。
色々と人として学ぶことが多いです。

私が全て出来ているかといったら
出来ていない部分もあると思います。
でも・・・そういう風に自分が成長していきたいなと思っています。

これからもよろしくお願いします!


No title

かーこさん
てんつく兄さんが言っていました。
ありがとうの反対語は、当たり前なんですって。
かーこさんの言葉で今朝もハッと自覚できました。

お花にも意思があるので、それに
温かく、優しい言葉をかけると
どんどん成長する。。

言葉の力は凄いですね。

佐野君

佐野くん、いつもありがとう!

自分の周りには
「ありがとう」がどれだけ多いか・・・
水も空気も太陽も・・・
花も植物も・・・
目も耳も口も手も足も・・・
だから・・・不平不満は言えないよね♪

ありがとうが当たり前になった時不平不満が出ると思います。
だから・・・当たり前はないんだと自分に言い聞かせています。

ありがとうを沢山感じ始めてから
昔よりもずっと幸せでいられるようになりました。
そして・・・自分の周りにも素敵な人が集まってきてくれます。
まさに「ありがとう」パワーだね。

色んな出逢いに感謝しながら日々ありがたいな~と思って生きると
人生が楽しくなるように感じてます☆
佐野君との出逢いにも感謝!

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。