スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十字架

自分が許し
自分が許されたとき
きっと十字架をおろすことができるのだろう。


自分が許すと楽になるというが
許すことがとてもできないような出来事が
自分に起こったとき
その出来事によって他者を許せない自分に苦しむ。
許したほうが楽だとわかっていても難しい。
他者が責任逃れと反省をしないでいると
その苦しめられた事実によって再び自分だけが苦しむ。


一方、他者から自分が許されるという立場に立ったとき
他者が自分のことを時間の経過と共に仮に許したとしても
自分自身が反省し続け
許されてはいけないと思い続けるのなら
その自分の起こしてしまった事実にやはり苦しみ続ける。


許し許されるとはそれだけ難しいことだ。
取り返しのつかないことが起こって
自分が被害者になること
自分が加害者になること
それは・・・そういうことを意味している。


いじめについて考える。
自殺をしてしまった中学生の悲しみと無念さを考える。
その生徒の家族の悲しみ怒り悔しさを考える。
加害生徒と加害生徒の親の現在を考える。


もし自分の子供が被害者になったら
私は一生かかっても加害者を許せない気がする。


心が成熟していない子供が加害者となったこの事件で
自分のした罪の深さに
加害少年達が心の成長と共にいつの日か気付いたとしても
許しを請う相手すらもうこの世にいない。


十字架をおろすことはできない。
それが許し許されるということの難しさだと思う。


それでも・・・
何を言われようとも
非難され罵倒されようが
加害者となったならば・・・
心から「ごめんなさい」と謝ること
たとえ許してくれなくても
心の底から「ごめんなさい」と謝り
二度とその過ちをその後の人生において繰り返さないことが
大切だと思う。


開き直ったり逃げたりしては絶対いけない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

再掲します。

か~こ 様

ハインリッヒの法則
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

をご存じでしょうか。
どんな重大事件も、それが単発に起こっている訳ではないのです。
今回の事件も、間違いなくそうだと思います。

これを、損保の社員であるハインリッヒが考え出したことも特筆すべきです。
脳脊髄液減少症に否定的な考え方をしている方も、ぜひ、ハインリッヒの法則について再考していただきたいです。

あきちゃん先生

全てがエスカレートする。

はじめはドキドキしながらやった小さな悪も
それがすんなりできてしまうとエスカレートする。
最終的には捕まるまでやってしまう。
オウム事件も児童虐待もしかりです。

小さい段階でいかに気付かせ止めることができるかだと思います。

この少年も何度もSOSを発していました。
助けてくれと泣きながら訴えていました。
何度も何度も叫んでいたのに
誰もその救いの手を握ることはなかった。

発生の段階で大きな問題として考えることができれば
世の中は優しい社会に変わっていく気がします。
こんな哀しいことは二度と起きてほしくないなと思いました。

あきちゃん先生、いつもありがとうございます。

プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。