スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標を掲げる

遠すぎる希望や目標は時にはストレスになります。
しかし、頑張っても手に届かなない目標ではなく
届きそうな目標を掲げることはとても大切だと思います。

そして、その目標を達成するために、
自力だけではどうすることもできなくて
他力も必要なら、
すんなり誰かに助けをもとめる
良い意味での「したたかさ」
を持つことも大切だと思います。


協力してくれる人は、求めれば
きっといると思います。
一人で頑張らないことです。


先日、伊織さんが熱海で治療されるというので
どうしても会いたくなって会いに行きました。
赤ちゃんが欲しい・・・
沢山悩まれた結果・・それでも欲しい・・
そういう思いを達成された伊織さんに
会ってみたかったんです。


「今年こそ赤ちゃんを授かるようにって
言ってたら本当に来てくれたね!
有言実行だね。」

って笑っていうと、

伊織さんも笑って、

「愛君がいるから死にたいって
もう思わなくなった」

って言葉を詰まらせて言っていました。



その言葉の奥に、
どれほど沢山苦しんで悩まれたのか・・という
ことも感じ取ることができました。



人は希望があると強くなるし、
目標があると変わるんだなって
感じました。


伊織さんが遠くから
熱海まできて治療されたのも、
家族のためにも、
もちろん、ご自身のためにも
良くなりたい
その一心だと思います。
すばらしいと思いました。



以前ある大切な友達に、
かーこが良くなったらどうしたい?
って聞いたら


「お風呂に入りたい」


っていっていたというのを
聞いたことがあります。


健康なら当たり前にしていることを
希望にしている目標にしている人は
沢山います。

それは、ずっとそれを我慢している
ということです。
当たり前ってことは
この世に存在しないんだな・・と
思います。


私は、彼女が本当にその目標を
叶えてほしいと思います。

少しでも良くなって、
お風呂に入るのを目標にして
それをクリアしてほしい・・
そしてそれができたら、

また少し手の届く目標を作って・・
そしてそれをまたクリアできるように、
それまでは色んな人の助けを
遠慮なく借りて達成してほしいと思います。


良くなって、大好きな人にご飯を作ってあげたい・・
良くなって、少しだけ座りたい・・
手に届かない目標ではなく
今の自分が手に届きそうな目標を
自分で掲げて欲しいと思います。


かーこも寝たきりのとき、
座ったり歩いたりしたいな・・という
ことを言っていました。
こんなになるなんてね・・と
悲しそうな表情だったのを思い出します。


自力で難しかったら
誰かの笑顔をみること、
誰かを笑顔にすることが
自分の喜び・・と語るような
沢山の優しい人の助けを
どんどんと借りてほしいと思います。


先日ご紹介した
一分で感動の今日の話の中に、
あるがん患者さんのお話しが
紹介されていました。

その患者さんは、娘さんの卒業式まで
生きたい・・そういう希望を捨てないで、
その通り、余命をどんどんと
ご自身で延ばされたというのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「例えば希望を持って生きている人のほうが、
がんと闘ってくれるナチュラルキラー細胞が
活性化するという研究も発表されています。

    中略

「希望」が体の中にある見えない3つのシステム、

内分泌、
自律神経、
免疫を活性化

させたのではないかと思います」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


絶対に治らないというようなことを言われたり
あと何か月の命ですと
死の宣告をされたような人が
まったくその記録を更新されて
生きている話はよくあります。



そこに共通するのは、本人の希望や目標が
あるのだと思います。


その希望や目標が、目に見えない自分の細胞へ
働きかけているのだと思います。

医学のことはわかりませんが、
科学的にもデータとしても
証明されているというのは
とても興味深いことです。


どんな小さな目標でもよいので、
まずは、自分なりの目標を
持ってほしいなと思います。


その目標の先には、
また違ったものが見えてくると
思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小さいことの積み重ね

あっこ 様

私の勤務校の剣道場に、「履き物を揃えられない人は、何も成功しない。」と掲額してあります。

「小さいことの積み重ねが、大きな成功につながる。」類の格言は、枚挙にいとまがありません。

「夢の実現」や「できることをする」ことの大切さについては、高橋先生も再三のべていらっしやいます。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%A4%A2%E3%82%92%E6%8C%81%E3%81%A4%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%95%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%B5%A9%E4%B8%80&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

http://www.takahashik.com/blog/2011/06/hs.html

http://www.takahashik.com/blog/2010/02/post-193.html

とくに、病を得た人にとって欠くべからざる考え方であると、自分自身感じています。


Fさま

おはようございます。

先日、あきちゃん先生が私たちのブログの
コメント欄で高橋先生の過去ログ「双子愛」
をリンクしてくださったのを読み返して、
その時から、かーこは高橋先生に
「大好きな仕事に復帰する!」
と公言していたんだな・・と驚きました。

なぜなら、2009年といえば・・とてもとても
そんなことができるほどの体調では
なかったんです。

でも、その目標は、かーこが完治して
仕事復帰する力をずっと与えてくれたんだと
思います。

あきちゃん先生を知り
私が感じるのは
高橋先生もおっしゃる
ポジティブシンキング(メンタルの持ちよう)
がとても大切だということです。

剣道などの武道の教えはとても
深いですね。

靴をそろえることもそうですが、

挨拶をすることとか・・

そういう基本的な事を
できること、

小さいことの積み重ね・・それは
本当に大切ですね。

目標も、大きくなくてもいいから
小さいものの積み重ね
確かイチローも大きなことを成し遂げたとき
小さなことの積み重ねだというような事を
言っていました。

高橋先生との出会いから、
すべてが始まったようにも
感じています。
かーこが税理士に復帰したことを
お伝えした時にも、とても喜んでくださいました。

心から感謝できる出会いは
Fさんとの出会いにも
つながっていると思うと
プラスの連鎖のようにも感じています。

いつも本当にありがとうございます。
良き週末をお過ごしください☆

剣道の教え

あっこ様

愚息が、幼稚園の年長のときから、ずっと剣道を続けております。
普通、剣道を始めるきっかけは、「親が我が子を躾けたい。」というのが多いようです。

でも、愚息は違っていて、竹刀が交わされる音にあこがれて、「あれ、やりたい。」と自分から言い出したのです。

親としては、剣道に特別関心があったわけでもなく、「まあ、途中で辞めてもいいや。」と思って始めさせましたが、結局、指導者の方に恵まれ、社会人になっても続いております。
県の選手権でも、警察の方に混じって上位に入りましたし、今日も、稽古にでかけております。

「間に合う」「間が抜けてる」「間が悪い」という言葉の、「間」は、剣道の竹刀と竹刀の間隔から来ている言葉だと、後で私も知りました。

愚息は、「剣道と結婚したような」生活ですが、でも、剣道からいろいろ学んだと思います。

「脳脊髄液減少症」など頭部外傷が原因となる疾病から、武道を毛嫌いする方もいらっしゃるようですが、その意見には、私は安直に同意することは出来ません。



あきちゃん先生

おはようございます。

あきちゃん先生の息子さんは剣道を長く
続けていらっしゃるのですね。
好きこそものの上手なれ・・
習い事は、なんでも「好きである」ことが
続けられるかどうかの境目になるときが
ありますね。娘たちも続けている
習い事それぞれありますがが
息子さんのように、継続してほしいな・・と
感じています。


「間」に関する言葉が剣道からきている
とは、初めてしりました。深いですね。
どんなことでも続けていると
奥の深さを沢山学べると思います。

「武道を毛嫌い」するというお話しに関してですが、
武道に限らず、スポーツには危険が
はらんでいるので、どんなスポーツをするにも
受ける側は基本を正しく身に着けること、そして、
指導者の質はとても大切だということだと
思います。

どんな習い事も、指導者によって
子どもの伸びしろも変わってきますし・・
良き指導者のもとで、正しく
導いてほしいと思います。

そして、なにか体調におかしいことが
あったら、この病気の存在を知っている
こともとても大切だと思っています。

お休みの日に、ありがとうございます。

そこです!

あっこ様

>受ける側は基本を正しく身に着けること、そして、
>指導者の質はとても大切だということだと
>思います。

>どんな習い事も、指導者によって
>子どもの伸びしろも変わってきますし・・
>良き指導者のもとで、正しく
>導いてほしいと思います。

激しく同意!します。

今回の武道必修化で問題なのは、「お金がないから、とりあえず道具の要らない柔道を。」
「指導者がいないから、体育教員に一週間程度の速成で、とりあえず初段を与えて指導させる。」という安直なものです。

剣道を正しく教わった(と認識しています)愚息の稽古を見ていると、指導者は、一朝一夕で養成されるものではありません。

結局、金も暇もかけない教育施策の犠牲になるのは、子どもたちなのです。

あきちゃん先生

あきちゃん先生、度々ありがとうございます。

基礎力というのは、スポーツでも勉学でも
とても大切だと思います。

お金がないから道具が必要ない
とっつきやすいものを・・・と
いう理由は怖いですね。

武道には、精神も鍛えるところが
沢山あると思いますので
私はすばらしいと思っています。

その道に長けた人というのは
間違いなく基本をおろそかにしていないと
思いますし、基礎力は一朝一夕では
身につかないとも思います。

武道の必修化自体は悪いことだとは
思いませんし、日本人らしさを体現できる
スポーツだとも思いますが、
指導者の質を向上させる努力を共に
して、基本をおろそかにせず、
子どもが犠牲にならないような環境つくりを
まずは徹底してほしいです。

いつもありがとうございます。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。