スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の許し

知人が類焼の被害に遭った。

仕事に出ていた時に隣が火事だよとの連絡が入り
急いで帰ってみると
消防の方が土足で自宅に入り込み
隣から大きく燃え広がることを防ぐために
屋根に穴を開け消火の為家中水浸し。

全焼を免れたがとても住める状態ではない。

お見舞いに伺うと・・・
「私、何にも悪いことしてないのに
 全部無くしたよ・・・。」
「酷いよね、部分焼だから保険はほとんどおりないみたい。
 どうしよう・・・。建てて5年しかたってないのに。」
「隣の方からも何もできないって言われて
 自分がこれから全部負担して直していかないといけない。
 泣きたいけど今泣くと泣き続けそうで
もう少し泣かないで頑張る。」
「私・・・可哀想だよね。」

溢れるように言葉がでる。

理不尽な被害を改めて考えた。
補償と謝罪のない理不尽な被害に遭った当時の自分を回顧した。

私には聞いてあげることしかできない。

皆・・・他人事と忘れていく。
自分に残る悲しみ悔しさと経済的負担。
優しい言葉も次第に少なくなる。
何年も何年も残る自分自身の負担。
肉体的・精神的・経済的なもの。

ゆるすということ・・・
この記事をあっこが書いてくれて頷く自分がいた。

加害者を許したか?ときかれるとそうでもない。
では、許してないのか?ときかれるとそれも違う。
自分が楽になるため自分のために

私は手放した。

とても時間がかかったけど
自分の身が壊れそうになるほどの怒りと悔しさで震え
穏やかさを失った時もあったけど 
自分が他者から苦しめられた事実よって苦しみ
それによって
自分の中に芽生えた他者への怒りで今度は自分が苦しむことに
心身が疲れ果て
そして・・・手放した。

時間とともに心の平安に辿りつき
あとで強さがプレゼントされた。

時間はかかるかもしれないけど
きっと彼女も乗り越えられると思う。
自分の経験を回顧しながら
ただ・・・私は心を寄せ彼女の話を聞いた。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

失火法

か~こ様

人に迷惑をかけたら償わなくてはいけないということが、民法709条に書いてあります。
しかし、失火法という一条だけの法律があって、
「重過失のない火事の場合は別」となっているのです。
法律は、ときに被害者に冷酷です。
昔の木造だけだった住宅事情のころの法律がまだそのまま生きていることに問題はあると思います。

あきちゃん先生

あきちゃん先生こんにちは。

病気として確立されておらず守られる枠組みのない病、
失火法という一見被害者に冷酷な法律
泣きを見るのは何も悪いことをしていない一般人であり
いろいろ考えているとがっくり落ち込みます。

とても気の毒に思いましたが
今の法律では守られていないのでしょうね。

でも・・・人生帳尻が合うと思っています。
悪いことのあとには良いことがきっとあるでしょうし
そうあって欲しいなと思います。

ありがとうございました。

法治国家とは?

か~こ様

そもそも、法治国家とは、法律によって国家の権限を制限することによって、個人の自由や権利を守ることをいうはずです。
本症のことに限らず、その理想はどこに行っちゃったの?と、首を傾げることが多い今日この頃です。

あきちゃん先生

法治国家とは法律によって国民を守る国のはずですよね。

とはいえ・・・
人間が作るものですから全てを補えるわけでもなく
法の抜け穴や整備が整われていない部分、
また古くなり過ぎた法律に苦しめられる国民がいますよね。

脳脊問題は法整備が整っていないことにより
加害者の守る必要のない権利が厚く守られ
その抜け穴や法の不整備を保険会社が
自社に有利なように利用している構図がある感じがしています。

まずは保険適用ですね。
あきちゃん先生の仰られていることがとても理解できます。

裁判などしなくて良い社会にしなければいけませんね。
私もあきちゃん先生に同感です。

いつも心を寄せてこの病気の問題を深く理解してくださって
本当に有難うございます♪
これからもよろしくお願いします☆


保険会社も営利企業

か~こ 様
サービス出勤で、テストの問題を作って来ました。転任校なので、どのくらい出来るか楽しみです。生徒は、ドキドキしてるでしょうが。笑
大抵の保険会社は、一流企業の大株主です。一方では、契約者に対する保険金不払い問題が、大きくクローズアップされた時期もありました。
つまり、「いかに儲けるか。」が本旨なのです。それが「株式会社」というもの。ましてや、「いわれのない金」なんか、びた一文出すつもりはないのは、当然です。
だから、法的に整備されていない本症が「無視」されているんですよね。
保険会社に「思いやり」を求めるのは、むしろ、資本主義の本質から外れていると思います。
法的に支払いが義務付けられるよう、本症の保険適用を推進すべきです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あきちゃん先生

いかなる巨大な営利企業だとしても
人を無視し続けることはいけませんよね。

保険会社は今の状態では払う(補償する)のに理由がたたないと私に言いました。
株式会社ですから株主に対して説明ができないというのです。
そんなものなのかと落ち込みましたが
整備が整っていないということはそういうことなのでしょう。

私が一番不愉快に思うのは確信犯であるということです。

法の抜け道をつかっていると知りながらも改善を阻止して
その人間無視の状況に安住し続けようとする黒い影であり続け
そして・・・患者を守るべきはずの方々が
患者の悲鳴に耳を塞いでそれを下から支えようとする構図なのです。

保険適用にこれだけ時間がかかっていることも
低髄液圧症候群で保険適用されていたものが交通事故が絡み
脳脊髄液減少症に名前が変わり保険適用されなくなり
脳脊髄液漏出症で先進医療として認定するという
あやかしい流れがこの病の裏の構図を物語っているようでもあり
いい加減にしてほしいとさえ思います。

保険適用まで持ち込まなければ先日のような理不尽な判決が下り
患者は救われないと思います。
保険適用は重要ですね。政治家さんにもお医者さんにも頑張ってもらいたいです。

いつもありがとうございます。

鍵コメさん

いつも有難うございます。
梅雨のうっとうしい季節・・・どうかご自愛ください。
メール送らせていただきました。
いつでもメールくださいね。

利権絡みの医学界

か~こ様
高橋先生のスローガンを待つまでもなく、「医は仁術」であるべきです。
しかし、実際には、保険会社の営利とがっちり結び付いて、自らの利権を確保していると言わざるを得ないような動きが横行しています。
一刻も早く、医学的に、そういうDr達が論破されるべきと思います。

あきちゃん先生

あきちゃん先生に同感です。
頭ではわかっているのに自己保身のため多数につくことが絶対あってはいけないと思います。

お天道様はみていますよね。
心を持ったお医者様しか患者の心をつかむことはできません。
心を向ける方向、手を取り合う方向・・・絶対間違ってはならないのが医学の世界のはずです。
「医は仁術」であるべき。全く同感です!!

いつもありがとうございます☆
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。