スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってほしい!

爽やかな新緑の季節。
この間まで寒かったのに
着る服がなくてゴールデンウィークは衣替え。
一つ一つの動作が
軽やかにできるようになったのは
元気になった証拠。

歩いて3分の場所に行くことも辛かった日々。
身体が鉛のように重く
あとに来る疲労感も尋常じゃなく
なんという身体になってしまったのだろうと
当時は悲しくて辛くて泣いてばかりいた。

早かったから治ったことに感謝する一方
昔だったら私は生きていないだろうと改めて思う。
長年苦しみその状況で生き抜いてきた患者さんの
想いの深さに時折打ちひしがれる。

ましてや・・・
辛すぎる患者さんの声は表に出てこないのもわかる。
悲しいかな・・・
表に出るきっかけすら失われてしまっている。

私の場合・・・
次第に活字が読めなくなった。
パソコンや新聞が嫌になった。
人との会話が苦痛になった。
歩くことも座ることも困難になった。
人と交わるのが極端に億劫になった。

まだまだ・・・

簡単な計算すらできなくなり
駅で切符を買いお金を払うという動作さえ苦痛極まりなく
そんな私が日常生活を普通に送れるわけもなく
気がついたら体中の激痛にがんじがらめにされ
寝たきりになってしまってした。

この病気はそんな病気。

ゆっくりゆっくり衰弱する。
そして・・・弱っていくことに慣れていく自分もいる。

元気なころと比べると明らかにおかしいのに
少しずつ衰弱するから自分でもわからない。
だから周りが理解できないのもわかる気がする。

でも・・・
ほっとくと大変なことになる。
それだけは声を大にしていいたい。

理解をしてほしいけどそれが無理なら
知っていてほしい。
それで・・・助かる命がきっとあるから・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんで、症状も一緒なのか不思議ですね。
同じ悩みをかーこさんも感じていたんですよね。

行動して治すまで諦めませんからね!!
かーこさんのように・・・

佐野君

この病気の人って同じような症状と状況を経験してるよね・・・。

佐野君の頑張りがプラス結果を導きプラスの連鎖として
次へ・・・また次へ・・・続くことを心から祈ってます。

そして、いつの日か満面の笑みで会おうね!!

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

もしかしたら・・・

はじめまして。
たまたま、Yahooニュースで、脳脊髄液減少症の内容をみて、気になって、調べていてここにたどり着きました。

もしかして、わたしもそうだったのかな~と。

ずっと、3~4年具合悪かったんです。

で、あちこち渡り歩き、私は病院というものをあまり信用していないので、民間療法で解決に至りました。

根本的な解決ができているのかわかりませんが、前の症状は、ほぼ出にくくなっていて、単なる長年の不摂生による過労だと思ってきたんです。

でも、もしかすると、かなり、共通するものが多いので、もしも、これで良くなれたらいいな・・・と、ちょっと立ち寄ってコメントしたくなりました。

私が良くなったのは、石原先生という方が開いている、飯田橋にある、オステオパシーという治療法です。

その先生は、頭がい骨の調整をしながら、全身もケアしてくれて、ほんとに今までの生き方が変わるくらい生活が変わりました。

一例を言えば、朝は鉛のように体が重くて、意識が遠くて、なかなか起きれず、首が痛くて頭が痛く、吐き気が頻繁にしたりがありまして、集中力がかけ、どうにもならない日々を相当すごしました。

それが、そこに出逢ってから、変わりました。

最初は、好転反応というのが出て、グッタリ疲れが出てキツイ日が2~3日出ますが、その後、自分の体の治癒力が働き始めるので、違ってきます。

ちょうど、そこに出逢って、もう2年くらいになりますので、今は月に1~2回通っているんですが、最初の2~3か月くらいで、ほぼ回復しました。

それで、完治しない部分があるので、漢方整体というところの女性の先生が経験値で治療法を確立した、背骨のずれを独自の方法で、矯正してくれる治療にも併用して行ってまして、この3か月くらいで、今までの症状がほぼ、皆無の状態まできました。

周りのわたしの状態を知っている人は、別人のように変わったといいます。

もしも、お役にたてればと。

crea77sさんへ

はじめまして。
貴重な体験談ありがとうございます。
実は・・・オステオパシーは調べたことあるんですよ。

この治療は私個人的には有効だと思っています。
私自身が構造医学を取り入れて完治しましたから・・・。
頭蓋と脊髄の調整を2年がかりでやったんです。
その結果が完治でした。

ブラッドパッチで大きく改善はしたものの完治には程遠く
それから体を整える方に重心を向けました。
頚椎に大きく歪みが生じ頭蓋が首にきちんとのっていないことがわかり
ゆっくりゆっくり治していったんです。

治りきるまでは非常につらい症状も経験しました。
でも・・・こうして今元気で仕事できているのは
西洋と東洋の融合治療を根気良く取り入れたからだと実感しています。

治った人や大きく改善した人が情報を発信することで
希望を持ってくれる人も出てくるかもしれないし
苦しみから抜け出せる人も出てくるかもしれないと
自分の経験は綴っています。

選択するか否かを強要するつもりもなく
ただ・・・情報として発信したいと思っています。
誰かが良くなってくれれば良いですよね。
同じ気持ちだと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。

meeさんへ

横入り失礼します。

>そんな風に選んで、発しないと・・・

その通りだと思います。

そして、そう考えられるようになるためには、
「リフレーミング」をお勉強されることをお勧めします!

へんな「勧誘」じゃありませんよ。笑 ↓
http://yukiduke.jp/imamade/giho2.html
心理学の一手法です。

http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101965451/subno/1

などなど、本もたくさん出ています。
この本が、「ベスト」というわけでもありません。

私自身も、悪性腫瘍からくる疾患で、余命は五年しか保証されていませんし、通院は、一日おきです。

通院が苦痛なら、明日の通院の前に、今日、自ら命を絶つしかない…
しかし、私にとって通院は、「誰にも邪魔されない貴重なひととき」なのです。

ふだんは、「甲高い黄色い声」がかしましいものですから…汗。


あきちゃん先生

リフレーミング
本当に素晴らしいですね。

私にとってあの事故は
「世の中にこういう理不尽な出来事が放置されている」
ということを身を切るような辛い経験から実体験したようなものでした。

だからといって今、恨みがあるわけでも怒りがあるわけでもなくて・・・。

ただ淡々と・・・
こんなことは放置してはならぬという想い
利権が絡み合って難しくなっているこの問題を
人間にとって・・・人命にとって・・・人生にとって・・・
放置してはならぬという想いで書き続けています。

進んでないかのように思えた脳脊問題も
少しずつですが進んでますね。
それを実感でき久々嬉しかったです。

病を経験したことで病の辛さを知り
交通事故に遭ったことで運転が引き起こす恐ろしい現実を知り
被害者になったことで泣き寝入りしなければならない被害者の現実を知り
この病気の患者になり、患者さんたちと出逢ったことでこの病の悲しみを知る。

恨み・怒り・悲しみなど全て自ら経験し
そして今全てを手放しただ淡々と
この病気の行く末をしっかり見守っている感じです。
完全に受け入れました。

できれば患者さんが良くなるよう私ができることがあれば応援したいとも思っています。
ご紹介された本も読んでみますね。有難うございました。

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。