スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドレ修道士

カナダのアンドレ修道士のことを
今日はご紹介したいと思います。

私がアンドレ修道士を知ったのは、
6年ほど前ですが、私にとっては
その後忘れられない人物となりました。

アンドレ修道士は、カナダのモントリオールに
実際に存在していた人物で、
病の人や歩けなくなった人を何人も
完治させた人物です。

そして、笑うことの大切さを説いたり、
どのような状況の中にある人にも
尊敬の念を抱いて接した人物だったといいます。

アンドレ修道士の元を訪れて、
実際に治った人が
不要になった松葉づえを教会に奉納しており、
私は実際にその教会を訪れ、奉納されている
沢山の松葉づえを見てきました。

私が持っている
パンフレットの中で
このようなことが書かれていました。

・・・・・・・・・・・・・

アンドレ修道士は幼いころに両親を亡くし、
勉学もままならず幼いころから働かざるをえず、
恵まれた環境とは言えない中で育ちました。

神を信じ、そして幼いころから毎日欠かさず
祈りをささげていたといいます。
その後、アンドレ修道士が病の人を
祈りの力で治したことから
続々と病の人が訪れるようになりました。

アンドレ修道士を訪れた病の人は
治っても、治らなくても
皆、アンドレ修道士のもとでは
癒されました



アンドレ修道士の元で
最期を迎える人でさえ、深い安らぎものもと
天国へ旅立ちました・・。

・・・・・・・・・・・・

究極の癒しの状態とは、こういう状態だと
思いました。どのような状況であっても、
心の平穏を取り戻すという状態だと思います。

当時の私は、病が治ることが癒しだと
思っていたのですが、
必ずしも治ることと癒しはイコールではないと
教えてもらったように思います。

治った方に対しては、
アンドレ修道士は、
自分を通して神の力が
あなたの病を治させたと述べ、
自らの力は無である・・と
謙虚な姿で感謝の祈りを
神に捧げていたといいます。

アンドレ修道士はおそらく
人間個々の持つ
自分で自分を癒す力(自然治癒力)を
究極に引出す手助けができる人物だったのでは
ないかと私は思っています。
なぜなら、奇跡とよばれるような力は
どの人の中にもあり、それを本当の意味で
引出すのは自分自身だと私は
思っているからです。

祈る行為は、自分の中に
安らぎや愛や許しといったものを引出し、
自然治癒力や本当の意味で人の本来の姿である
光のような部分を引き出す行為だと思います。


震災から一年たった今、
私を含め日本人ひとりひとりの中に
大なり小なり変化があったと思います。
祈るという行為は、無いものを欲しいと
お願いする行為ではなくなり、私には
あるものへの感謝へと変わりました。

自然の前には
人は無力であることを
痛いほど思い知らされ、

また、

生きているということは、実は
生かされているということであり、
それ自体が奇跡であり、
感謝せずにはいられなくなりました。

自然の中で生み出された空気を吸い、
そして植物や動物をいただき、
生かしてもらっているにもかかわらず、

そのような恩恵をもたらす自然を破壊して
生態系を壊すのも人間しかいないことも
痛烈に気づかされました。

ここには、当たり前に色んなものを
享受していた私も大きな反省があり、

また、脳脊髄液減少症を取り巻く環境にも
いえることですが・・

人が受けた痛みや苦しみを
一部の地域や
それを受けた人だけのものとせず

同じ気持ちにはなれないのは承知の上で、
やはり、それでもなお想像力を働かせ
自分なりに何かを感じ取り、
新しいより良い方向へと
転換させることができるのではないか・・と
思いました。

心の平穏を取り戻すこと・・
どのような状況でも一人一人がとても
尊敬できる存在であり・・・
そして、一人一人には今は隠れている
かもしれないけれど
奇跡のような自然治癒力が備わって
いることを信じ

一人でも多くの今辛い、苦しい中にいる人々が
少しずつでも・・
自分を癒す力を最大限に
引き出すことができるように・・・

そして、いつの日か心の平穏が
訪れる日が来るようにと
願わずにはいられません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「神の手」を持つと言われ、世界的に活躍されている脳神経外科医の福島孝徳医師も、アンドレ修道士と同じことをおっしゃっていました。
手術が成功して感謝する患者さんに対して、
「私が治したんじゃないですよ。
(私の手を通じて)神様があなたを治したんですよ」って。

本当に立派な人というのは、例えようもなく謙虚ですね。

アンドレ修道士は、今生きていれば、もしかしたら「ヒーラー」と呼ばれる存在なのかもしれないけど、
本当に人を癒す力を持っている人というのは、
あっこちゃんの言うとおり、
「治っても治らなくても」目の前の人を癒す何かを持っている人なのかもしれないですね。

そして、私も、人にはみんな、自分が気付いていないだけで自然治癒力が備わってると、信じてます!

みんみんちゃん

みんみんちゃんおはよう!

脳神経外科医の福島孝徳医師も、そのような
ことをおっしゃるのですね。

そのような先生の前では、患者さんは
とても癒されると思います。そして
そのような謙虚な先生には、神のような
力が備わるんですね。

先生に会いに行った後に身体でも心でも
どちらかが・・もしくはどちらとも
元気になるようなお医者様・・
つまり・・
「治っても治らなくても」目の前の人を
癒すことができるような
お医者様が沢山増えるといいですね。
みんみんちゃんの弟さんにも
そのようになってほしいです。

自然治癒力は、とても大切な力で
その力を最大限に引出すのはやはり
自分なんではないか・・と私は思っています。
そういう意味で心の持ちようはとても
大切だと思います。

ヒーラーという方たちは、その手助けを
しているのかな・・とも思います。
アンドレ修道士のもと治癒した人が奉納した
松葉づえの数は数百はありました。

そして、今なお大聖堂の中央階段は
膝をついて祈りながら人々はのぼっている
ようです。おそらく何らかの想いを胸に
祈りをささげている人だと思いますが・・
祈りは届くと思います。

日本の祈りや・・患者さんの祈りが
届いて身体や心が穏やかになる日が
早く来ますように・・。

いつもありがとうね☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も、「生かされて」います。

あっこ様

聖人アンドレの「聖ヨセフの香油」の逸話は、他宗教の私でも知っているぐらい有名ですね。

他人を思いやることの大切さを世に知らしめた方です。

「生かされてい自分」に感謝しているのは、私も同じです。
これからも「慈しみの心」を「忘れずに、家族にも生徒にも知人にも接したいと思います。

素敵なお話をありがとうございました。

この年度末に定期異動する予定です。
残務処理等、多忙を極めると思いますので、しばらくおいとまさせて頂きます。

鍵コメさま

自然治癒力を強調した話ですから
ブラッドパッチは自然治癒ではないから、
そんな話はおかしい・・というふうに誤解を
与えてしまったとしたらお詫びします。

6年前にアンドレ修道士をしってから
人間に備わる自然治癒力のことを考えるように
なりました。そして、人に対してどのように
接することが大切なのかとか・・
アンドレ修道士が生きた
生き様にもとても共感を持ちました。

その後、かーこが事故にあい
病名をもとめて彷徨い,その後治療に巡り合い
ブラッドパッチをしていただきました。
お蔭様で、握力が戻ったり
座れるようになったりしましたので
本当に感謝しています。

だから、ブラッドパッチを否定するような
ことはありませんし、私に心境の変化は
全くありません。

自然治癒力に関しては、鍵コメさんにとっては
良いとこどりにおもわれるかもしれませんが・・
私は、ブラッドパッチの後の自然治癒力のことを
意識してこの文章をかきました。

かーこ自身、ブラッドパッチ後は薬を少しずつ減らし
最終的には薬をやめて、
自然治癒力を引き出すように努力しました。

効くかどうかはわかりませんが・・
言葉に関しても良い言葉を積極的につかうように
していました。

苦しい方に目を向けるのではなく
少しでも良くなった方に目をむけて
良くなったことを話していました。

その後巡り合った構造医学も、
身体を整え、自然に自分の治癒力を
引出す治療だったのだと思っています。

文章にすると誤解を招くので
不愉快な思いをされたのでしたら
申し訳ありませんでした。

あきちゃん先生

あきちゃん先生 こんばんは。

あきちゃん先生は本当に色んなことをご存じなんですね。

私は、たまたま行った旅行先の
ガイドブックで知ったんです。
主人に、どうしてもここに行きたいから・・と
お願いして急きょ大聖堂に行きました。
マイナス15度くらいの真冬でしたが・・
聖堂の中はどこか異空間のような神聖な気が
ただよっていました。

私はキリスト教ではないのですが・・
どの宗教でも、そして
宗教をもっていなくても、
謙虚さや、慈しみの心や
思いやりがある人を尊敬します。

アンドレ修道士は、目の前の人を
どうにか穏やかに痛みや苦しみを
取り除いてあげたいと願い祈り続けた
人物だったのだと思います。

謙虚さも、思いやりも優しさも
誠実さも勤勉さも・・人に接するときの
言葉の数々も知れば知るほど
共感できました。

あきちゃん先生が生かされて、
生きていてくれて本当に良かったです。
あきちゃん先生からは沢山のことを
教わっています。

「慈しみの心」を「忘れずに、家族にも生徒にも知人にも
接したい・・

私も、同感です。生徒・・ここは、私にとっては
かけがえのない子供達・・ですね。
子どもはとても眼力があり、愛の強い先生はきちんと
わかると思います。あきちゃん先生は
生徒にとても信頼されていると
思います。

あきちゃん先生、異動なのですね・・。
バタバタされるかもですが、
無理をなさいませんように。

いつもありがとうございます。




鍵コメ様

大怪我をした時、手術で傷口を塞ぐ行為は
確かに他力で治してもらっているのですが
自然治癒力を最大限生かすための治療として私は考えています。

ブラッドパッチは自然治癒力を引き出すため
私にとってはなくてはならない治療でした。
初期段階で安静を徹底していれば
自然治癒力で治っていたかも知れなかった硬膜の損傷が
安静を怠りどうしても塞がらない状態になってしまったので
硬膜を修復する手助けをブラッドパッチがしてくれたのだと感じています。

私自身、他力で治してもらったと感謝する日々ではありますが
私の中にある自然治癒力が大きな手助けをしてくれたことも否定できません。
極端な考え方は何でも究極を生みます。
あらゆる手段を排除せず自分の力を信じることが大切で
他の力を借りることが決して自然治癒力を否定しているわけでもなく
また・・・ブラッドパッチを否定しているわけでもないと思っています。

医療の力を借りながら自然治癒力を信じていくことが
自分の身体に一番優しいのではないかと感じています。

人生で最も重篤な病

あっこ様
か~こ様

昨日、離任式でした。
基本的に学校(職場としての)は、全然嫌いではないのですが、
離任式だけは、どうも…
ましてや自分の番となると…

離任式では、「人生で最も重い病」について話をしました。

マザー・テレサ曰く
「人生で最も重篤な病は、癌でもAIDSでもない。ましてや、貧困などでもない。
『孤独』という名の病である。」と。

私は、この三年間で、合計半年も療養休暇を取ってしまいました。
でも、最も重い病ではなかった。
それは、入院中も退院後も、みなさんが優しい言葉をかけてくれたから…
どれだけ、その言葉に勇気付けられたことか…
ありがとうございました。」

「四月から、また、新しい人間関係が始まります。
孤独な人を作らないように。
孤独な人がいたら、救ってあげられるのは、薬でも手術でもない。
みなさんの思いやりだけなんです。

こんな内容です。

保護者もたくさん見えていましたが、お母さん方にとってこのような話は、どう映るのでしょうか?
お二人の感想をお聞きできれば…。

また、ちょくちょくお邪魔します。

あきちゃん先生

病のつらさは少なからず経験した私も
人が周りにいないという孤独になったことはなかったです。

でもたくさん周りに人がいるのに
自分の症状を誰からも理解してもらえず
ダラダラしていると言われた時は
究極の孤独を感じていました。

孤独は辛いものです。
人が周りにいても孤独な人はいますし
人が周りに少なくても自分の世界を持っていて楽しんでいる方は
孤独ではないような気がします。

あきちゃん先生の離任式での話は素晴らしいと思います。
周りにいらした多くの方の心に響いたと思います。

いじめなどの問題・・・
家族は知らなかったりして・・・
でも子供はその現実に究極の孤独を感じていたりしていると思います。
分かってくれる人が一人でもいたら・・・
きっときっと楽になれる。

あきちゃん先生の存在はそういう孤独を抱えている子供をも
察知して救ってあげられるアッタカイ先生だと思います。

新しい学校は今までと環境も違い
あきちゃん先生自身も慣れるまでは大変だったりすると思いますが
身体に気を付けて頑張ってくださいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんにちは。

少しバタバタとしていまして、コメントが遅くなって
ごめんなさい。

そして、離任式だったのですね・・。
あきちゃん先生と出会えた生徒や先生方も
きっと寂しい想いを胸に抱いたことと思います。

あきちゃん先生のお話はとても響く
お話しだったと思います。

孤独ということについて考えると
心の問題につながりますね。

多かれ少なかれ孤独を感じたことがない人は
いないのではないか・・と私は感じます。

なぜなら、経験や環境というのは、
全く同じである人はこの世に存在しないから
です。

たとえば、経験をした人でないとその病の
痛みは解らないといいますが、
同じ経験でも、周りの環境や、それを受ける
方の心により捉え方によっても
大きな差があると思うからです。

だから、他者の孤独感を全て理解する
ことは不可能だと思います。

でも・・多かれ少なかれ・・それぞれが
感じる孤独感は、かならず他者理解に
役立つと思います。そこには想像力が
働くからです。

また、自分の深く感じた孤独感や
経験もまた、他者理解を深め、
自分の心をも溶かしていくことができる
とも感じます。

マザーテレサは、人の痛み(=孤独感)
を放っておくことができない
人物だったのだと思います。

深い孤独は、何よりも辛いと私も
思います。誰からも必要とされない・・
そういう気持ち・・は、
誰からも理解されないのと
同じもしくは、それ以上に・・
本当に辛いことだと思います。

いじめも、痛みを感じてくれる誰か一人でも
いて、大丈夫??と言葉をかけてくれることで
救われた子供は沢山いると思います。

自分が、存在しないかのように
あしらわれること・・
これは、究極の孤独感を募らせると
思います。

私は孤独というのは、多かれ少なかれ
誰でも持っているけれど、それは
他者とともに生きて、
自分が人の痛みを想像し思いやること・・
反対もしかり・・で緩和されるものだと
感じてます。

鍵コメさま

急ぎでなければ・・もしよろしかったら、
鍵コメに住所をいれていただけますか・・。

一週間以内には
郵送できると思いますので・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

了解しました。来週中にお届けしますね。
頑張ってくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。