スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠片

私には私の経験しかない。
だから・・・私はこの病において
自分の経験の枠を超えることはできない。

でもこの病を経験したことによって
見てしまった世界があって
その方々の苦悩を
想像の範囲ではあるが想う事はできるようになった。

私の知る世界は
脳脊髄液減少症の悲しみの欠片かもしれない。

たとえ欠片であったとしても
伝えないよりは伝えたほうが良いと思って
心の葛藤はありながらもこうして綴っている。

私が悪化した時の苦しみは地獄そのものだった。
でもブラッドパッチのおかげで
その地獄は長くは続かなかった。
今の人生は治療にたどり着けた
おかげさまの人生だと思っている。

繋がった患者さんの中には
時には涙を流しながら・・・
ご自身の経験を話してくれたりする方もいる。

夢を持っていた患者さんが
長引く闘病生活で
その夢の幾つかを諦めざるをえなくなったりしながら
それでも夢は捨てきれずつぶやいてくれた
健康だったら当たり前にできるようなささやかな夢が
きっと叶う日が来るようにと祈ることしか私にはできない。

自分の経験という小さな枠しか越えられないけれども
悪化して伝えることも困難になってしまった方や
苦しみのあまり命を投げ出してしまった方の想いの欠片でも
伝えることができたらな・・・と思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

欠片を共有すること

か~こ様

おはようございます。

今、ちまたでは、東日本大震災の瓦礫処理のことが話題になっていますね。

「欠片」もそれと同じなのだと思います。
か~こ様の「欠片」を、どのくらい自分のこととしてとらえられるかで、その重要さは全く変わってくる…

関東大震災の瓦礫を埋めて作った山下公園の歴史に学ぶべきです。
「災難」を「再生」に生かすような気持ちがなければ、結局、いつまで経っても、「損失」にしか目が行っておらず、「マイナス」のままです。

「自分の経験は、価値のある財産である。」という格言があります。
か~こ様の財産を分けていただいて、私は、それを自分自身に置き換えたりしてたいへんありがたく思っています。

そう思っている方は、たぶん、私だけではないと思います。

あきちゃん先生

いつもお優しいコメントありがとうございます♪
あきちゃん先生のコメントを楽しみにしているのは
私だけではないと思います。

このブログを読んでくださっている方が
時々お電話であきちゃん先生のお話をされたりするので
あきちゃん先生のファンは沢山いるんだと思っています。
どうか・・・今後ともよろしくお願いしますね。

私の経験なんて10年20年30年苦しまれた方からすれば
欠片に過ぎないと思っています。
長年苦しまれた方の悲しみの深さにふれたとき
私は心が痛くて・・・
自分が辛かったなんて言ってはいけないのではないかと
正直思う時もあります。

あっこなんて繊細で優しすぎるから
自分は経験者じゃないから書くことすらいけないのではないかと
私に話してくれたりします。

でも・・・書かなくなってやめてしまうと
地獄にいた時の私のような人が
この病気を知るきっかけを少なくしてしまう・・・
それは駄目だなと綴っています。
それと同時に・・・知らない人に知ってもらいたいという気持ちもあります。

欠片であっても私には重い経験でした。
それと同時に今の私にとっては
なくてはならなかった貴重な経験だったとも感じています。

辛かったし不安で悲しくて苦しくてどうしようもなかったですが
今があるということにとても感謝できていますから
病から色々なことを学んだんだと思っています。

あのときに感じたこと
今感じること
未来の患者さんに・・・
自分ができることを微力ながらやっていきます。
元気にしてもらった意味がそこにあると思いますから・・・。

今度ともよろしくお願いします。

ありがとう

はじめましてm(__)m
大阪に住む3児の母です。
かーこさんの一言一言が胸にしみました。
この病気になって2ヶ月…
私は事故ではなく突発性でした。
ひと月の入院後、自宅療養していますが先の見えない不安に生きていることさえ 諦めてしまいそうになる毎日です…

かったんさんへ

はじめまして・・・。
コメントありがとうございます。

かったんさんは3児のお母様なんですね。
私は2児の母です。
子供のことを思ったとき先の見えない不安にさいなまれ
辛くてどうしようもなく
泣いていたというより泣きじゃくっていた日々を思い出します。

今穏やかな気持ちで過去を振り返ることができるようになったのですが
東京にいたころは心がどうしようもなくて
身体の辛さに心が追いつかなくて底無し沼に入るような気持ちでいました。

そんな私ですが元気になりました。
かったんさんもきっと良くなると強く信じてほしいと思います。
時間はもしかしてかかるかもしれませんが
自分の力を信じてほしいと思います。
子供さん皆がかったんさんのことを応援していますからね。
そして・・・私にも応援させてくださいね。


プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。