スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県の動き

本日神奈川県議 自民党の内田みほこ議員が
県議会で脳脊髄液減少症について取り上げて
くださいました。

心より感謝申し上げます。


1年以内だと96%の児童がブラッドパッチの
治療によって改善していることなどを指摘し
国へ保険適用を働きかけること、

県民へは、教職員や養護教員への病の周知を
徹底することや、リーフレットを作成すること、
また、頭痛等の体調不良を訴える児童がいた場合などは
スポーツや事故の既往症がないかなどを確認して
早期に専門医へたどり着く道筋をつけることの
必要性を訴えてくださいました。

また柔道が必修化されることから
授業前のオリエンテーションなどで、
身体への強い衝撃の後に
頭痛等の症状が出た場合に
脳脊髄液減少症の可能性があることを
知らせる必要性があることなども
お話ししてくださいました。

教育関係者からも、
昨今専門医を呼んで教育関係者への
周知を図っていること、今後も
継続して取り組むことなどのお話がありました。

以前宗像議員から
県内にある病院のS先生が
脳脊髄液減少症について
講演をされているとのことを
うかがったことがあります。
今後も継続していただきたく
お願いしてみようと思っています。

議会での答弁は録画されているため後日
観ることができる環境になるようです。
そうなりましたら、またこちらにも
アップいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

柔道必修化に向けて

このことは、新聞の社説にもなるくらい大きな事件なのです。
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/archive/news/20120212ddm004070003000c.html

「教育問題」のいけないところは、自分の身の回りに該当年齢の子どもがいなくなると、急に関心が薄れること。

「すべての子どもの問題は、どう突き詰めても、大人の問題である。」と思うのです。

補足

あっこ様

「柔道必修化」とタイトルしてしまいました。
もちろん「武道必修化」が正しいです。

でも、私の頭の中には、「剣道」や「相撲」が必修化されるとは、考えづらいのです。

配当予算の面、着替えなどの面から考えると、やはり、ほとんどの学校で、柔道が必修化されると思います。

あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんばんは。

柔道必修化については、本当に大丈夫なのかな・・と
思います。教える側が素人なら、子供たちは柔道の
受け身すら学ばず授業を受けかねないと思うのです。

敷田先生にも、武道必修化のことも
脳脊髄液減少症をしった私は懸念している旨を
伝えました。

子どもの問題は大人の問題である・・・
そうだと思います。子どもがいるから余計に
そう感じるのかもしれませんが・・
子どもは大人に守られる環境で
育ってほしいです。

死や重度の後遺症の残る
可能性が否めない柔道については、
まずは教える側の大人が素人であっては
いけないと思います。実施するのであれば、
守る環境を整えた上での実施が大前提だと
思います。


敷田先生は、脳脊髄液減少症、
貧困連鎖と格差の解消、子供たちへの教育支援
の3点については、内田議員にお願いしてくださった
ようです。

これからも敷田先生はいろいろと動いてくださる
ようです。あきちゃん先生同様、心強い先生です!

いつもありがとうございます。
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。