スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶になって

今日、仕事中ラジオから流れてきた話に
私は固まってしまった。
お聴きになった方もいるかと思うけど
秋田県に住む50代の男性から
ご自身の弟さんへのメッセージだった。


弟さんは人生のほとんどを
交通事故の後遺症で苦しめられ
今年・・・自ら命を絶ったそうです。

弟さんは今から20年ほど前、
激しい追突事故に遭ったと言います。

その事故は・・・
この事故でよく生きていたなというような
そういう事故だったそうです。

事故から体調を崩し
その後、弟さんは鞭打ちに苦しめられ続け
目に見えない苦しみだから
お兄さん自身、弟さんを時には
叱責するようなこともあったと言います。

弟さんはもともと寡黙な方だったようで
そういう言葉にも反論せず
じっとその言葉を飲み込んでいたようです。

時には甥っ子さんや姪っ子さんからもらう手紙に
とても喜ぶような、
心優しい穏やかな弟さんだったといいます。

弟さんが亡くなった日
蝶がヒラヒラとお兄さんの周りを飛んできて
お兄さんは一瞬で弟さんがやってきたとわかったそうです。

写真を撮ろうとすると羽を広げ
心も身体も自由になったよと言っているようでした・・・と。

メッセージの最後に

弟さんは優しかった・・・
楽になったんだな・・・と。



私はラジオから聴こえてくるこの話に
これは・・・と思いボリュームを上げた。

横に座っている女性の事務員さんに
私は自分の経験をお話ししていたので
彼女は聴き終ると大粒の涙を流していた。

もしかして・・・
弟さんは脳脊髄液減少症だったのではないか?

ラジオメッセージから
鞭打ちという言葉は出てきたけど
脳脊髄液減少症という病名は
最後まで一度も流れることは無かった。

事の真相はわからないけれど
私は・・・聴かされたと思った。


こうして今もなお自分の苦しみの原因が分からず
ご自身を攻め、一人耐えている方がいる。

何十年も昔の事故から長い間耐え続け
一人涙を流している方がいる。

髄液漏れは
とてつもなく辛い症状を引き起こす・・・
このことを私は知ってほしいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





オンライン署名

紙面による署名



Twitterボタン
Twitterブログパーツ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

蝶となった弟さんへ

これを読んで・・

「かーこさん、ぼくはこの病気だったんだね・・
 辛かったよ・・。長い間苦しんだよ・・
 どうかこれからも・・伝えてほしい・・。」

と蝶になった弟さんが
ラジオを通してかーこにメッセージを送ってくれた
と私は思いました。

どうか、潜在患者が病名にたどり着けますように・・
患者さんが良くなりますように・・

弟さんのご冥福を心からお祈りします(合掌)

生きてほしい

的確な診断

か~こ様
あっこ様

あと二日で、今年の授業も終わりです。フ~っ。

ところで、的確な診断が出なくて苦しんだのは、私もその一人です。

結局、悪性腫瘍だったわけですが、最初のころは、症状としては、咳だけでした。
家の近くの医者で、咳止めをもらっては鎮静化し、またぶり返しては、咳止めをもらい…という繰り返しでした。

あまり治らないので、勤務先のちかくのDrにかかりました。
Dr:「爪を見せてください。」
  「これは、悪性腫瘍かもしれないので、精密検査が至急必要です!」

その後、精密検査を受けた公立病医院で、即刻入院を宣告されました。病状は、ステージ3まで進んでいたそうです。

最初のDrを変えないでいたら、私は、今頃この世にいなかった…

Drの選択は大事です。そのことは、身をもって経験済みです。



あきちゃん先生へ

あきちゃん先生こんにちは。
あきちゃん先生のコメントで
あきちゃん先生が学校で頑張っているんだ~とほっとしてます。

あきちゃん先生良かったですね。
きちんと診断できる医師に巡りあえて・・・。

私も高橋先生に巡りあえて幸運でした。

今回の記事は悲しい話です。
でも・・・私はこの話と同じような話を2人から聞き、
また患者さんのブログで読んだりしています。

長年苦しみ続けて病名がなく最終的に命を絶つ選択をしたと・・・。

私自身あのままの状態では生きられなかったと思います。
患者さんには絶対生きてほしいのだけれども
生きられないと思うほどの苦しみもわかってしまうのです。

この方は長年苦しまれ、もう限界だったのでしょう。
とてもとても心が痛みました。

神様から頂いた命・・・大切に生きないといけないなと思います。

無知が悲劇を生む

本当に辛く、悲しい経験です。

この弟さんが、もし、自分の体調不良の原因が、脳脊髄液減少症だとわかっていたら、もしかしたら、死を選択せずにすんだのかもしれません。

世の中にもっともっとこの病の存在を浸透させていかねばなりませんね。

それが、先に経験した者の勤めだと感じています。

轟さんへ

こんにちは。
署名の方ですが書面もゆっくりではありますが集めています。

身体の苦痛だけでも計り知れない苦痛があるのですが
この病気を取り巻く環境の理不尽さに
どうしても納得いかないでいます。

愛ちゃんが経験した辛さ
私自身、耐えられないと思った経験・・・
あの苦しみは私にとって地獄の苦しみでした。

あの苦しみに身を置いて
病名もなく誰からも理解されずいたら
この弟さんの選択も仕方なかったのかなと思える私がいます。

病名がつき、希望が見えれば生きていたはずの命です。
残念でなりません。

無知が悲劇を生む・・・。本当ですよね。
コメントありがとうございました。

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。