スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手に思いを馳せる

困難を抱えているから、
人のことなんか、
かまっていられないと思いがち。
これは誤解です。
悲しみや困難を抱えていても、
人に優しくしてみると、
かえって元気がでてくるのではないでしょうか。
(ここから。[+山本 高史]、鎌田實


これは、今日のまほさんのブログから
引用させてもらいました。


昨日患者さんと会う機会があり
楽しいひと時を共有させてもらいました。
その方は治療を続けつつ
社会復帰をされています。


少し時間があったので、
ぺちゃくちゃとお喋りできたのですが・・
その方から少しこの鎌田先生のお言葉と関連しているなぁ・・
といったお話しがありましたので紹介します。


「自分は患者で、
いつ膨れた風船がしぼむかわからないし・・、
いつひょろっとなるかわからないこともわかるけれど
そんな自分と向き合う家族は、
理解しようとして別の意味で辛いのではないか・・。
そう思うと、自分は自分のことだけでなく・・
家族の方がもしかしたら心は辛いかもしれない・・
と思いを馳せる・・」

と話してくださいました。


家族からも理解してもらえない・・
という患者さんも数多くいらっしゃいます。
そして、その言葉は私も経験をしていないから、
少し痛く受け取ってしまうこともあります。


「一番の理解は経験からくる」

と私は思っているからです。
経験していないから、
当時かーこがつぶやく奇怪な症状の理解は
到底できるものではありませんでした。


経験がない家族は、
理解しようと努力しているにすぎないことが・・
私にはわかります。
そして、陰で涙を流していることも・・
なんとなくわかります。


だから、その患者さんから
家族を思いやるお言葉がでたときは
少し感動しました。

自分が辛いのに
自分の大切な人たちを気遣う思いは、
なかなかできるようで
できないと思うからです。

でも、その方の笑顔は
家族とともに、自分をも癒していると思えました。


人間だれしも完璧な人はいないし
自分=他人でもないし
自分の経験=他人の経験でもないから
時折、自分の経験や自分の立ち位置からだけで
相手を判断しがちですが、

少し一歩下がったところから
周りを観ることのできる患者さんだと
私は思いました。


言葉を一生懸命選んでも、
経験が無いゆえに
その言葉が刃になることも実はあります。

なるだけ、患者の家族は聞き役に回ることも
大切だと思います。

色んな葛藤や失敗を重ねながら
時をともにすると
傷つけあうこともある一方で
そうしてしまったがゆえに、

その後
とても大切な・・
お互い許しあったりできるかもしれないと
そう・・感じました。


許しあい、認め合うこと・・
そういうことも、実は究極の癒しに
繋がるかもしれません。


患者さんの心と身体が
癒されますように。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脳脊髄液減少症を取り巻く厳しい環境が変わりますように・・・。
オンライン署名

紙面による署名



Twitterボタン
Twitterブログパーツ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

家族の理解を助けるもの

あっこ様

新築の引き渡しが、23日と決まり、それでなくとも忙しい師走に、やれ銀行だ、やれ役所だ、買い物だ…と慌ただしい日を過ごしております。

「慌ただしい」は、心が荒れると書きます。「忙しい」は、心を亡くすと書きます。
どちらも、嫌いな言葉なのですが…

患者の安定のためには、家族の理解は、不可欠です。
では、家族の理解に必要な情報は…?

やはり、Drの「ひと言」が、一番重要だと思います。

ここのところが揺らいでいるから、本症のすべての局面がうまくいかない…本症を認めようとしないDrが、いまだにいらっしゃることは、非常に残念です。


あきちゃん先生

あきちゃん先生

私も忙しい・・心を亡くす・・はなるだけ使わないように
しています。あわただしいもそうだったんですね・・
そういえば、漢字はうまくできています・・と
半ば感心しました。

あきちゃん先生のおっしゃる・・

>やはり、Drの「ひと言」が、一番重要だと思います。

ここのところが揺らいでいるから、本症のすべての局面がうまくいかない…本症を認めようとしないDrが、いまだにいらっしゃることは、非常に残念です。

本当にそうだと思います。
理解が及ばないところに患者さんの苦痛はあって
それを客観的に説明できる医師にたどり着いて
こそ、家族も・・そうなんだ・・と理解をしようと
努力できると思います。

高橋先生を受診して、まずは先生のご著書を買い
家族で回し読みしました。

患者の苦痛は孤独なものだと思います。
周囲の温かいサポートがあってほしいと
思います。

否定するDrの存在は悲しいですが、
今は色んな患者がブログでも発信していたり

それらから患者の家族は症状を推察したりも
できますし、多くの患者の言葉の中に
共通の苦しみや悲しみを私は感じますので

そういうものを自分の理解を深める
ツールとして役立てていければ・・と
思います。

師走はバタバタとしますね・・。
でも新築は嬉しいですね☆
わくわくしますね。

いつもありがとうございます。

怏 怺 怛 恃 悛…

あっこ様

りっしんべんの漢字は、奥が深いですよ。
http://www36.atwiki.jp/kanken/pages/62.html#id_0fa65cb1

あきちゃん先生

あきちゃん先生

おはようございます。

漢検1級ですよね~(笑)
どれも解らなかったですぅ~。(苦笑)
一部読めるのは・・ありましたが・・・・(汗)


でも、りっしんべんは心なので
すごく奥が深いのですね。漢字は深いですね・・。
たとえようもない心の状態を、形に一生懸命
しようとしている感じですね・・。

興味深いサイトのご紹介ありがとうございます。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。