スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~私の幸せ~より・・

先週の土曜日、私は夜、横浜の赤レンガ倉庫で
あった、飯田史彦先生の講演(音楽療法コンサート)に
いってきました。

横浜を歩くのは久しぶりで、今のシーズン
外は恋人たちが多く、イルミネーションも
クリスマス風でとてもきれいでした。

111203_1711~020001 111203_1712~010001




先生のベストセラーである「生きがいの創造」は、
「この世は思い通りにならないからこそ価値がある」
ということを色んな視点から気づかせてくれた本でした。

その後、先生の書物は読みやすくわかりやすく、
そうだったらいいのになぁ・・と思える内容が多いのと
読むとシアワセな気持ちになるので何冊も読んでいます。

先生は音楽療法もされていて、横浜でのコンサートで私が
この歌良いな~と思った歌詞を一曲だけ紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私の幸せ」  作詞作曲 飯田史彦


いま 目の前の 霧が晴れて 私は
幸せの道 踏みしめて 歩いていく・・・


生きることは とても 苦しいことだけど
それでも生き抜くこと それが大切
どんなに辛くても 希望を捨てないで
ひとすじの光を信じて 手を伸ばそう
 ひどい言葉に傷つき 立ち上がる気力もなく
 心が血を流している時は
 愛する人 想いながら 星を見上げよう
こんな私にでも 神様はいるから
すべてを乗り越えて 歩いて行ける

これまでの私は 迷い続けてきた
だけど振り返らず 未来を見つめて
自信はないけれど 勇気を振り絞り
私の人生を描いて 歩き出そう
 自分が誰かわからず 進む道が見つからず
 暗闇を呪うだけの時は 
 愛する人 想いながら 星を見上げよう
こんな私なのに 独りぼっちじゃない
心の神様が ついているから

「さみしい時は 口笛吹いて 
大丈夫だよと 自分を抱きしめよう・・・」

努力が報われなくて 地面に這いつくばって 
涙をこらえきれないときは
愛する人 想いながら 星を見上げよう
こんな私だけど あきらめず頑張る
私の幸せを つかむ時まで

「いま 目の前の 霧が晴れて 私は
 幸せの道 踏みしめて 歩いて行く
 いま 暗闇に 光 さして 私は
 幸せの道 どこまでも 登って行く」

幸せの道 どこまでも 登って行く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・


自分の心の中に神様がいる・・
宗教的な感じで「神様」は苦手かな・・
という方は、
「神様」を「自分の中にある自分を一番
応援してくれている存在」
にしたり、
「レジリアンス(自己回復力)」にしたりして歌詞を味わってもいいかもです・・。

昨晩、宮沢賢治の銀河鉄道の夜が
100分で名著で放送されていました。
「銀河鉄道の夜」は私の大好きな本です。
宮沢賢治はこのように言っています。

111208_0855~010001



利権により得られる富を優先したり、
だれかの命や人生を軽く扱うことは、
どの人にとっても「幸福から遠ざかる」
ことだと思います。


未来に希望を持って生きていくこと
今の理不尽な世の中を憂うだけではなく
一人一人が幸せを自分で追及し諦めないことが
とても大切なことだと思います。


なぜなら、宮沢賢治の言葉を裏返すと
「個の幸福の集まりがすべての人の幸福」だと
いえるからです。

希望をもって諦めずに生きましょう!

最後の一人まで救われる日がきますように。





Twitterボタン
Twitterブログパーツ

「脳脊髄液減少症公正な判決を求める会」

署名用紙のダウンロード




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

幸福論

あっこ様

一時、哲学者の「幸福論」を片っ端から読み漁ったことがあります。
「死」が目前にあったからかもしれません…大切な人生哲学の課題です。

福田恒存氏は、以下のように述べています。

「不公正な世の現実を見据え、弱点を弱点と認識した上でとらわれなく生きること。望むものを手に入れるために戦い、敗北しても悔いないこと。」

なんだか、自分がとても度量の狭い人間に思えた一言でした。

あきちゃん先生

おはようございます・・・。

なぜかここ一週間ほどずっとあちこちが痛い・・
前頭部の痛みとか筋肉痛とか関節痛があります(涙)

たぶん、こんな気候では
健康であっても古傷がいたむ・・・
私の場合いつも急に寒くなったりすると
毎年そうなんですが・・
ふと、痛みを感じる時
脳脊の患者さんは、どれほどか辛いだろうな・・(涙)
と感じてしまいます・・。

ところで、アランの「幸福論」が
100分で名著の番組で先月放送されていました。
リンクしてあるまほさんから教えてもらい
私は第四回目を観ることができました。

「幸福は義務である。」

個人が幸福になるという強い意志をもつことを
述べていました。

アランご自身は高校の教師だったようですが、
その授業の面白さから、大学生が聴講にきていた
そうで、お人柄も良かったそうです。

自分が幸せでなければ、人を幸せにすることは
できない・・・とも友人の旦那様(笑)が
おっしゃっていましたが、
幸せは伝播するように思います。

それと、今日のまほさんのブログに
とても通じる言葉があるのでここで
紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幸せで美しい世界は

存在するものではなく、

自分で勝手に創り出すものである。

もうそれは、事実がどうであれ

強引に創り出すものであって、

それが出来る魂を大切に大切に

手入れをしなくてはいけない。

(あれも嫌いこれも好き、佐野洋子)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、あきちゃん先生が病院のベッドを
「お姫様ベッド」と名付けていた・・というのを
聞いたとき、これだ!と思いました。

隔離ベッドを憂うのか、
心の持ちようで
「お姫様ベッド」にしばらくお世話になる
と思うのか・・
それはその人の心の持ちようだと
思います。もちろん、その時のあきちゃん先生の
お気持ちは想像を絶するものがあるとお察ししますが、

困難な状況のなかそういう意識を持てるのは
意志の強さだとも思います。

哲学って難しいようで倦厭していましたが
アランの「幸福論」は難しくかかれていない・・と
放送されていました。次に読むのはアランかな・・。と
思っています。

今日は霙混じりの寒い一日ですね。
どうか温かくしてハナキンを乗り切りましょう!

いつもありがとうございます。

No title

「私の幸せ」 とっても素敵な歌詞ですね!

勇気や元気が出てきます。

曲も聞いてみたいです。


夕べ、脳脊髄液減少症の息子さんを持つお母さんから相談を受けました。2回のブラッドパッチの甲斐もなく事故から8年間、寝たきりで昼夜も逆転してしまい辛い思いをされている方でした。

「希望がないと生きていけない・・・・」

その会話をしたばかりでした。

患者である息子さんももちろん辛いけれど、苦しんでいる息子さんの姿をずっとみておられるご家族、とくにお母さんの辛さも痛いほどわかります。

「完治」という希望を現実のものにして欲しいと思いました。

この病気の早期確立のために皆で手をつないで進んで参りましょう!

いつもありがとうございます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

轟さん

今日は、関東は本当に寒いです・・。

歌もいいですが、本はおすすめです。
難しくなくて・・読みやすくて、そして、
信じる信じない・・は個人差があると思うけれど、
私は、信じているからこそ患者さんの中に
とても崇高なものを感じています。

>患者である息子さんももちろん辛いけれど、苦しんでいる息子さんの姿をずっとみておられるご家族、とくにお母さんの辛さも痛いほどわかります。

子どもの苦しみを見るくらいなら
自分がかわってあげたいと
親なら思うと思います。

轟さんも同じ立場ですから、痛いほど辛さもわかると
思います…(涙)

抜けないトンネルはない・・
友達が、かーこにプレゼントしてれた言葉・・
こういう言葉に一筋の光を見出した時のことを
いまでも昨日のように思い出します。

今は今だけです。いつまでも続くと
思わないで、いつかきっと心と身体が
共に癒されるときが来ると信じてほしいな・・と
思います。

そして、轟さんの存在は、
痛みを語り、そして共に感じてくれる存在として
息子さんをもつお母様の心の重荷を少し
軽くしていると思います。

共に希望をもって生きましょう!
私も、愛さん同様、その息子さんも
必ず良くなると信じ応援し続けます。

いつもありがとうございます。

No title

あっこ様

「お姫様ベッド」は、ただの揶揄です。
でも、気に入っていただけたのなら嬉しいです。笑

でも、私にとって、入院加療は、本当に、病巣の治療だけでなく、
「心の安定を取り戻す」時間でもあります。

今でも、一日おきに通院していますが、通院におわれるというような感覚は全くなく、「自分だけの、だれにも邪魔されないひと時を好んで求めに行く。」という感じかな…

普段が、煩瑣過ぎるのかもしれません…

「もう、来なくて平気ですよ。」といわれる疾病ではないですが、
でも、ドクターと頻繁に会えることは、心の支えにもなっていて、結構、
病院通いは好きです。

No title

飯田先生の横浜でのコンサートに行ってきたんですね!
振り返ってみれば、私の生き方が変わった原点は、飯田先生の
「生きがいの創造」を読んだ日から、と言っても過言ではありません。
何故人生は苦しみに満ちているのか、
この人生を生きていくことに何の意味があるのか、
長い間心のどこかで思っていた疑問が分かり、
本当に一生懸命生きていきたい、そう思えたのは飯田先生のおかげです。
だから、私にとっては飯田先生は一生、恩人と呼べるかもしれません。
こうしてあっこちゃんかーこちゃんとお友達になれたのも、飯田先生からがつうさんに繋がれたからだしね♪

飯田先生お元気でいらっしゃいましたか?
震災後も激務をこなしていらっしゃるとHPで知って、お体大丈夫だろうかと思ってました。

あきちゃん先生

あきちゃん先生、こんにちは。

一日おきに通院していらっしゃるんですね。
でも、「自分だけの、だれにも邪魔されない
ひと時を好んで求めに行く。」という感じ…
というのは、先生との信頼関係もあると
いうことですね。

私もここ数日調子が良くなくて今日は
きちんと調べにいってきました。
リンパ管炎でした・・。どうりであちこち
痛いと思った・・(汗)


>「もう、来なくて平気ですよ。」と
いわれる疾病ではないですが、
でも、ドクターと頻繁に会えることは、
心の支えにもなっていて、結構、
病院通いは好きです。

好きこそものの上手なれ・・(笑)といいますから、
病気とうまく付き合う・・闘わない・・という
あきちゃん先生の姿に、反映されて
いるのかもしれませんね。

自分の中のものとでも、
「闘う」と疲れますから・・
うまくかわしながらいけると
いいですね。

今日は心地良い一日ですね。
どうぞ、よい週末を。

いつもありがとうございます。


みんみんちゃん

みんみんちゃん、こんにちは。

飯田先生、私も心配して会いに行ったという
感じでした。

激務をこなさていらっしゃるし、
先生ご自身も被災者ですので・・・心も身体も
悲鳴をあげていらっしゃるだろうと思ったからです。

一言だけでも、『お身体に気を付けてください』
とお伝えしたかった・・。
そして、ずっと前から一度お会いしたいと
思っていたから、土曜は出勤することの多い主人に
この日は家を空けることを伝えて子供たちのことを
お願いしていました。

先生は、歌と歌の間に冗談を交えてお話ししてください
ました。辛い・・!などとは一言も言わなかったけれど・・
やっぱり、無理しているかもしれないな・・と心配
しました。

講演の中ある時一瞬先生が話している途中ポォっと・・
急に無言になり・・、私たちが座っている上のほうを
見て黙りこんでしまったのです。

それからそんなに長くはないけれど、
いや・・じつは今・・
うっとりとしてしまいましてね・・
・・説明は避けておきますが・・と
おっしゃられました。

先生のことを励ましている
存在がおそらくいたんだと思います!(笑)

はじめて先生と握手して、そして写真を一緒に
とってもらいました。大切にしようと思っています。
生きがいの創造IVも手に入れました!

不思議なご縁を沢山がつうさんや飯田先生から
いただき、「生きがいの創造」は私の考え方に
先生のおっしゃるブレイクスルーを起こした
本でした。

みんみんちゃんとこうして繋がることができたことも
感謝です!

いつもありがとう♪
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。