スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔晴る

星野富弘さんの言葉は
とてもすばらしいです。

教員をしていた星野さんは、
20代のころ体育の授業中の事故により
頸椎損傷をし、首から下が
動かなくなりました。


それでも、口で筆を加え
横になった視線から見える
植物や生物の絵とともに、
珠玉の言葉を残してくれています。


そのひとつが・・


「病気とか怪我っていうものに、
最初から『不幸』っていう肩書は
ついていないんじゃないかと思うんですね。
それをつけるのは先ず人々の先入観・・」


とても印象的な言葉です。



私は自分の知る患者さん・・
特に会った事のある患者さんを『不幸』と
いうふうには思わないようにしています。


そうではなく、

この方は普通の人では乗り越えられないような
試練を乗り越えようとしている、
とても尊い方だと思うのです。


「頑張れ」という言葉は、
辛い状況にいる人が苦手とする
言葉だと聞きます。どう頑張ってよいか
解らない・・と聞きます。

「頑張っているね」「頑張ったね」
という進行形もしくは過去形なら
まだ良いのに・・とも聞きます。


「頑張る」の漢字をみても、
がむしゃらに今の状況
を自分の力でぎりぎり歯を食いしばって
打破しないといけないような
印象を受けます。

これでは、辛いですね・・。


しかし、以前新聞のコラムで
「頑張る」=「顔晴る」だと読んだときに、
今がどんなに辛くても、顔が晴れる日は
必ず来るから希望を捨てないで・・
という言葉が「ガンバル」なんだな・・
とあて字を見て思いました。


どんな病気であれ、どんな状況であれ、
『幸』『不幸』かを決めるのは
自分自身であり、
たとえ今が「幸せ」に思えなくても、


きっと「顔が晴れる」日の
希望を失わなければ、現状を
良い方向に変えていけます。
何かしら、辛い中でも一つでも二つでも
感謝できることを想像してみると良いとも
きいたことがあります。


すべての脳脊髄液減少症の患者さんが
今気圧の変動がある時期、
体調が揺れると思いますが・・


「顔が晴れる」日が
早く訪れますように・・願っています。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あっこちゃんおはよう!
あかねちゃんの体調はいかがですか?
実は龍馬も、昨日から風邪で体調を崩し、学校をお休みしています。
あきちゃん先生も体調を崩されているという話だし、
ここ最近の気温の降下に、皆さん本当に体を大事にして欲しいです。

星野さんの書く詩は素晴らしいですね。大好きです。
泥沼のような経験をした人だからこそ、説得力があり多くの人の胸をうつのかもしれません。

幸せ、不幸せ・・・。
病気だから不幸せだと決め付けるのは、星野さん、あっこちゃんの言うとおり偏見ですね。
幸か不幸かを決めるのは、あっこちゃんのいうとおり本人次第だし、むしろ患者さん達が日頃どんなに頑張っているか、そこから
私達は学ぶべきなのかもしれません。

「顔晴る」
って言葉素敵ですね!(笑)
見てるだけで顔が晴れやかになってきそうです。

ご心配をおかけします。

あっこ様
みんみん様

週が始まったばかりだというのに、明後日の勤労感謝の祝日が待ち遠しい身です。恥

でも、具合の悪い私も、「私」ですから、嫌いになったりせずに、「時のすぎゆくままに~♪」とジュリーでも口ずさんで、お気楽にやります。笑

さて、星野富弘さんです。

元ご同業、しかも、母の実家のそばのご出身ということもあり、教員を辞められてから、お会いしたことがあります。

器械体操部の部活の指導中に、吊り輪から落下して、頸椎損傷されたわけですが、
それを「不幸な出来事」とは、少なくとも、現在は、思っていらっしゃらないと思います。

>「病気とか怪我っていうものに、
>最初から『不幸』っていう肩書は
>ついていないんじゃないかと思うんですね。
>それをつけるのは先ず人々の先入観・・」

これは、星野さん自身の生き方そのものでしよう。
「不便」かもしれないけれど、「不幸」ではない…

そこには、奥様をはじめ、星野さんを支える人がたくさんいるから…

「脳脊髄液減少症」も、すべての人に支えられる存在にならないといけないと思います。

やっぱり、マザーテレサが述べているとおり、「孤立すること」が一番不幸なのだと思います。





あきちゃん先生へ

良かった~。
体調悪いと書かれていたので心配でした。

こうしてあきちゃん先生を待ってるTWIN'Sがおります。

ほっとしました。
無理なさらないでくださいね・・・。

みんみんちゃん

おはよう!
龍馬くんは良くなりましたか?
あかねは今日一日お休みです。登園許可証を
とってきます!

星野さんの絵も素敵ですね・・
私は、あの柔らかいタッチの絵から
ファンになって、その時に壮絶な
彼の人生について知りました。

きっと、最初は絶望したと思うんです・・。
でも、そこから這い上がってきたからこそ
すごく説得力があって、そして
今の状態を受け入れ
できることを心をこめて
やり続けるからこそ、
多くの人に感銘を与えるんだと
思います。

頑張る・・って私はOKな言葉なんですけど、
漢字が顔晴るのほうが

もっともっと顔晴れるとおもうのになぁ・・と
思っています。(笑)

いつもありがとう♪

あきちゃん先生

そうです・・♪
みんみんさんはピアノが得意なので
みんみんさんのピアノの演奏で
ジュリーの「時の過ぎ行くままに~」♪
を私もバックコーラスで歌いますので
一緒に歌いましょう(笑)

ところで・・

>器械体操部の部活の指導中に、吊り輪から落下して、頸椎損傷さ>れたわけですが、
>それを「不幸な出来事」とは、少なくとも、現在は、思っていらっしゃら>ないと思います。

の部分ですが、私もたぶん星野さんは事故で
身体が動かなくなったとき
は、絶望されたと思います。

受け入れるまでに相当な時間が
経ったとも思います。そして
その時間さえ実は大切な時間で
その苦悶の時間を乗り越え受け入れたからこそ
現在は「不幸」と思っていないと
言えるのだと思います。

そこには、共に感じ、共に涙を流す
存在があったのだとも思います。

だからこそ、病のときは
どんな人も温かくされて癒される
のが本来の姿なんだと思います。

脳脊髄液減少症という理解されにくい病を
理解してもらえる病に変えていくためには
人が正しくこの病を理解すること、
知ることからはじまると思います。

あきちゃん先生、無理なさらずに
どうぞ、明日の休日まで気楽に
してください・・♪

「トキノスギユクママニ~♪」

同じ空の下から囁くように歌っていますね~。

ありがとうございました。





言葉って凄いですね。

こんばんは。
頑張る。頑張って。頑張ったね。
私は言うのも言われるのも好きです。
痛々しい私の姿を見て、掛ける言葉が見つからない方は
「頑張って」と言えないでいました。
でも、「頑張って」と言い、「頑張る」と私の言葉を受入れてくれた人とは繋がっていると思えました。
頑張ってと言ってくれる人たちは、心から回復を願ってくれていると感じたし、私には支えになりました。
上辺だけじゃない言霊は感じるんだと、病気になって本当によくわかったんです。
力むだけの頑張るではなく、「顔晴る」は力が抜けていい言葉ですね。
まだ、まだ、症状もあり、病気のことを考えない日が無いことに疲れ果てたり、不安になったり、どうしていいか判らなく、涙がボロボロと流れる日もありますが、「ここまで、頑張ったね。」と心から言ってくださる方の言葉には、辛い日々を察してくださる気持ちが伝わり、ホッとして、涙が出たりします。
あっこ様、かーこ様の言葉はやさしさが溢れる心があるので、このブログに来ると涙がこぼれます。
私は病気は辛く、苦しく、逃げ出したくなることもあるけれど、今は心から幸せと思えます。この病気になっていなかったら、感じられなかった人のおもいやりをたくさん感じているからです。
でも、病気から脱出するため、これからも頑張っていきます!

maiさん

コメントありがとうございます。

かーこも逃げたくても逃げることが
できないような症状が残っていたときでも、
「頑張って」は比較的大丈夫だったと
いっていました。

「病気だと聞いていたのに・・
健康そうだね~」という言葉が一番グサリと
きたといっています。

maiさんがおっしゃるように
「心から回復を願ってくれていると感じた」ときは
言葉は「支え」になるんですね。
言葉をかける人の気持ちが
想像力を働かせて相手を察してかける
言葉であるのならば、
どの言葉も言霊となって
相手にプラスに作用するとも
思っています。

健康そうだね・・の言葉に傷つく人が
この病に多いのは、
「無理解」と隣り合わせの病だからだと
思います。


「頑張る」よりは「顔晴る」のほうが
力が抜けていますね(笑)
ほっと、顔が柔らかくなる・・というか・・・

だから、「頑張る」の言葉が苦手な方は
自分の解釈を都合のいいように
変えてみてほしいと思います。

まだ症状が残っているのですね・・。
過去のブログを繰って読んでいただけると
わかるのですが・・かーこも沢山
そういう日がありました。

maiさんのおっしゃるように、

「病気は辛く、苦しく、逃げ出したくなることもあるけれど、
今は心から幸せと思えます。この病気になっていなかったら、
感じられなかった人のおもいやりをたくさん感じているからです」

病気という出来事から派生する・辛いだけでなくて
「思いやりを感じられるようになった幸せ」というような
感謝の気持ちを増やしていくこと・・

これは、自然治癒力を引き出すと思います。
脱出できますよ。

病気を克服することを目標にするのでなく。
その先にある目標を具体的にイメージして
そして病気の克服は過程にすぎない絶対条件だと
思い込むこと・・

これも自然治癒を高めるそうです。

maiさんの快復を心からお祈りします。

ありがとうございました。

前に前に。

あっこ様
コメントのお返事、ありがとうございました。
過去のブログ全ては閲覧できていませんが、
回想録はとても興味深く、拝見させて頂きました。
それと、以前に血圧について書かれていましたね。
私も同じことを感じています。
血圧が非常に低く、あちこちのリンパ腺が腫れてます。
もちろん病院では異常なしです!
リンパの腫れと痛みが繋がっているかのような症状?
とも感じていたので、
淡路島のことにもとても興味を抱いていますが、
北の果てに暮らしているので、
色々な環境を考えても現実的に行動に移せずにいますが、
希望のある情報ですので、自分の環境で出来ることを考えてます。

「病気を克服することを目標にするのでなく。
その先にある目標を具体的にイメージして
そして病気の克服は過程にすぎない絶対条件だと
思い込むこと・・ 」
本当にそうですね。
私は、ハイジのように元気にスキップが出来ることを
よく想像します!(小さい希望ですが。)

力強く、心やさしいお返事、
ありがとうございます。

maiさん 

maiさん こんにちは。

回想録は病を克服した後に振り返って
かーこが書いたものです。

BP後、パソコンの前に少し座れるようになった
時に症状を抱えながらもその時のことを
風化させたくないと思って書いたものが
「かーこの日記」1~4として残っています。

その時は症状を抱えていたので
握力が戻った手で書いたものを
ずっとパソコンの前に座ることは
できないので、時間を分けて、たまには
私に代筆を頼んだり・・してかいていました・・・。

http://akkokako.blog99.fc2.com/blog-entry-34.html


思いついたままに・・とりとめもないことを
書いているので、こんなブログにお付き合い
くださってありがとうございます。

リンパが腫れているとのこと・・
首には沢山の神経が複雑に絡み合って
いるようです・・。

首の異常がかーこはありましたし
今も定期的にメンテナンスに行っています。
淡路島に行ってくると、少しおかしいな・・と
思っている症状が消えると言っていました。

北の方に住んでいらっしゃるとのこと
何かのご縁でmaiさんに良い治療法が
治療に行ける距離にみつかることを
願っていますね!

それと・・

私は、ハイジのように元気にスキップが出来ることを
よく想像します!(小さい希望ですが。)

とても素敵な希望だと思います。
イメージしやすいし、ほっこりと温かくなるような
イメージですね。希望が現実となりますように♪

ありがとうございました。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。