スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の衝撃(事故)により・・

ツイッターには患者の生の声があって、
私は患者の声にこそ多くの真実が
あると思っているので、ご紹介したいと
思います。

例えば・・

 ある方が彼氏のことについてつぶやいていました。

脳梗塞症状で緊急搬送され、
MRIも頸動脈エコーも血圧も血液検査も
全く異常なく、倒れた時の症状は
両手のしびれ、ろれつが回らない、記憶欠落
などであり、現在の症状は起立性頭痛、起立性難聴。
ネットで調べるうちに【脳脊髄液減少症】を
発見し、彼氏によくよく聞けば、
20年前に事故で頭を強打し、
その後2-3年はひどい頭痛があったが徐々に軽減。
しかし現在まで季節の変わり目には偏頭痛が続いて
いたとのこと。
一刻も早く脳脊髄液減少症の検査をしたいけど、
保険適用外って!なんとかせんと・・

とのつぶやきです。

脳脊髄液減少症を初めてネットで見つけた時の私と
この彼女の気持ちは、かなり近いのではないか・・
と思いました。

保険適用については、もちろん早く実現
してほしいですが・・もう一つ
私が気になるのは、20年前の事故という点です。


脳脊髄液減少症の原因の第1位は
「交通事故」なのですが
第2位は「原因不明」です。


脳脊髄液減少症を患われて回復された
漫画家のまつもと泉先生に、
以前偶然電車のホームでお会いし、
20分ほどお話ししたことがあります


先生ご自身も5歳のときの交通事故が
「おそらく」原因だろうと言っておられました。

私は、原因不明と思われている方にも
なんらかの原因があると思っています。
それは、10年、20年前であったとしても・・
それほどの過去にまで遡り
なんらかの体に受けた衝撃がこの病に
起因している可能性があると思っています。

だからこそ、
交通事故やスポーツ事故後に
すぐに体調を崩す場合もある一方、

自分では忘れているような過去の事故を
起因して脳脊髄液減少症を発症する
方も必ずいると思っています。

保険会社は、病を発見するまでの時間差を
逆手にとって、すぐに事故との明らかな
因果関係がない・・と言って支払いを拒みます。

もちろんそこには、医師が知らないことにより
放置され、患者はドクターショッピングをして、
時間のみ過ぎていくことによる・・という
場合も多くありますが・・、

脳脊髄液減少症は、
事故後急激に体調を崩す人がいる一方、
長い年月をかけて徐々に身体を蝕むケースも
あると思います。

実際ブログを書かれている方にも
過去の事故が原因で病になっている方が
いらっしゃいます。

だからこそ、これから自分が直近に事故に
遭ったことはないから、
症状は似ているけれど
脳脊髄液減少症というような難しい名前の
病気ではない・・
などという自己判断をするのではなく、

もし、症状の多くに共通点があって、
疑いがあるような場合は、
専門家の受診を早期に受けることを
私はおすすめしたいと思っています。

患者さんが病の存在を知ってもなお、
自己判断で放置することがないように・・
早期発見早期治療・・
これを徹底してほしいです。

医師が知らずに放置するのは
もってのほかです・・。

私の一番の願いは、患者さんが良くなること
です。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

彼女にはツイッターでコメントしましたが

このケースは 一義的には

     MTBIが濃厚です

脳脊もあるかも知れませんが…

今さん

こんにちは。

ツイッターの今さんのコメントみました。
私も、わかりませんが・・気になります。

自己判断でまだ病院に行っていないところ・・も
気になります・・。


保険適用外の問題もあるので
部外者があれこれ言うことでは
ないのですが・・

私は、まつもと泉さんの件や、ブログを
ずっと書かれてて今はいなくなった方が
過去の事故により脳脊髄液減少症に
なったことを知っているので・・

やはり、「知っていてほしい」と
思っています。

No title

MTBIの場合は検査が殆どなので
保険が適用です

対策は
リハビリしかないんです
(脳をつかう)

勿論、二次的(対症療法)な対応は必要です




どの道、検査はすべきです

No title

あっこ様

「怪我」なら、原因は特定できますが、ほとんどの「病気」は、本当の原因は特定できませんよね?
「○○が重なったから…」といった類のことが、多いかと思います。

それなのに、、「脳脊髄液減少症」の話題の時、「原因は?」ということが必ず出てくることが、ちょっと不思議です。

ですから、以前、高橋先生に、「脳脊髄液減少症は、怪我ですか?病気ですか?」とお尋ねして、先生を困らせたりしてしまいました。

「病気」なら、原因の如何を問わず、治癒されるべきです。
「○○という理由の時は、(保険の)対象外」というのは、すごく変です。

あきちゃん先生

シンプルに考えればすごく変なんですが・・、

脳脊髄液減少症は、交通事故が絡んでいるので
原因が補償に関して必要になりますね・・。

とにかく、あれだけの疾患が保険適用外なのは
おかしいし、変です。治療したくても、お金が
ないと治療できないし・・治療を続けて
貯金を食いつぶしたという話は
何人からも聞きました・・

また・・NPOの中井代表がコメントしていましたが、
諸外国では、診断基準というものは患者さんの多くに
当てはまるのに、今の診断基準は殆どの患者が
当てはまらない・・厳しいものだ・・・とのことです。

色々と・・脳脊髄液減少症は・・変なことがあります・・。

この変なことを・・多くの人に知ってもらいたいです。
そして、少しだけ想像力を膨らませて自分だったら
と考えてもらえれば・・徐々に変えていけるのでは
ないか・・・・・と思います。

いつもありがとうございます。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。