スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめを考える

学校でのいじめは子供たちや
学校だけのの問題ではないと思っています。
大人の問題です。
なぜなら、子供の社会は大人の社会の
縮図だからです。

いじめは、大人の権威がある世界でも、
政治の世界でも会社でも日常茶飯事に
行われています。

子供たちにいじめはだめですよ・・!
と他人事のようにいう前に、
大人は自分や社会がいじめをしていないか・・
考えてみないといけないかもしれません。

自殺してしまう子供がいることを考えると、
それほどまでの陰湿ないじめが
子供の世界にあることを
想像してしまいます。

でも、それも大人の世界の縮図だと
思ってしまいます・・・。

なぜなら、子供は親の背を見て育ち、
大人の行動や言葉を純粋に聞いて
育っていると思うからです。

一生懸命10年以上向い風を全面に受けながらも、
率先して脳脊髄液減少症患者を治療してくださった
先生の集めた33症例や、先生の推奨するRI
脳槽シンチがばっさりと却下される
診断基準をみても・・・

私には・・権威ある世界での 
いじめ のような気がしてなりません。

脳脊髄液減少症患者は、
ひどい症状を抱えながら医師を転々とし、
病の壮絶さから、仕事を失う人も少なくありません。

病名にたどり着くも、保険適用外の一回何十万もの治療を
何度も自分で支払って、たちまち生活苦に陥ります。

何人かの患者さんが自殺しています。
病の苦しさから・・?
それもあると思います。
でも・・社会からも国からも医療からも
「見捨てられた」と感じた悲しみの方が
大きいのかもしれないと思います。

子供が陰湿ないじめに耐えられないで命を投げ出すのと、
脳脊髄液減少症患者が自殺するのは
同じなのかもしれません・・・。

子供の自殺を予防するための政策を作るのなら、
小手先のものでなく、大人が自分にも
その責任の一端があると思って
作って欲しいです。

そうすることで、心がこもったものができると
思います。

以前、議連総会に参加したときに
民主党の議連事務局長である
石森議員(脳外科医)が

「皆さんを苦しませたのは、交通事故はむちうちだから
整形外科へと考え続けた脳外科医である私たちに
『責任』がある」

とおっしゃっていました。

患者が苦しんだのは、
患者の言葉に耳を傾けなかった『医師に責任がある』・・
と思って、患者を救う診断基準を作ってほしいと思います。

国も、同様です。国には責任がない・・という
考えが、保険適用を先延ばししても仕方がない・・という
考えに繋がります。
有権者の声を無視し続けた『責任』を
議員自らが自分のこととして感じてほしいと思います。


基準をもって患者を切り捨てることには
私はどうしても我慢ができません。
弱いものいじめは止めましょう。


最後に命について自分の考えを書きます。


人は死んでも魂は永遠に生き残ると
私は思っています。

限られた時間をどんなに苦しくとも生き抜いてこそ
その人の魂は磨かれると思います。苦の先にあるものは
苦ではありません。


子供も大人も今あるかけがえのない命を大切にし、
どんなに苦しくても投げ出して欲しくないと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

ありがとうございます。
拝見させていただきました。

力をあわせていきましょう
(生きましょうね!)

子どもの問題は大人の問題

あっこ様

この問題は、一応、専門なので…笑
私は、「どんなに突き詰めてみても、子どもの問題は、大人の問題である。」と考えています。
例えば、「うちの子は、勉強しなくて困る!」という問題だったとします。
そういう子に、自分から育った訳ではないですよね?
親や教師が、そういう子にしてしまったのです。
日曜に、学校のガラスが割られました。未だに、誰も名乗りでません。
そういう、「黙っていれば大丈夫。」っていう卑怯な態度は、誰が教えたのでしょう?
子どもたちの言葉で、仲間はずれにすることを「省る(ハブ)」といいます。
誰かをハブにして、自分だけいい思いをすることを、だれが見せたんでしょう?
絶対、子どもではあり得ません。
「子は、親の鑑」と言います。
これからの日本は、どんどん崩れていく…
財政も破綻して、今のギリシャどころではなくなる…
今の小中学生の親世代は、年金ももらえずに、子どもたちは、仕方なく、昔話のように、親を背負って、「婆捨て山」に向かう…
「歴史は繰り返す」が真理だとすれば、そんな世の中が来るのも、絵空事ではないと考えています。
その流れを変えていくのは、私たち大人の責任です。子どものせいにしてはいけません。

あきちゃん先生

あきちゃん先生おはようございます。

3人の子育てをしているので・・
耳が痛い・・部分が沢山あります。(苦笑)

宿題まだしてないの~????
どうして集中しないの~??
とか・・言ってしまっています・・(汗)

でも、毎日欠かさないのは
大好きだよ。
「気」を付けていってらっしゃい!
ありがとうやごめんなさい。
の言葉です。

それを言っていると、
子供も「ありがとう」と自然にいえるんです。

先日あきちゃん先生がコメントにくださった「5つの法則」
知りたいな~と思います。試行錯誤の子育てですが、
大人になった時に、心豊かに優しく、
人の痛みを無視しないような
人間に育ってほしい・・と思っています。

ところで、中国で2歳児がトラックにはねられ
倒れているのを18人の通行客が無視(見て
みぬ・・まま通り過ぎ)再度トラックにはねられ
重体に・・というニュースがカメラに記録されて
おり、波紋を読んでいます。

経済の成長の背景に・・人間の心を置き去りにした
姿の映像を見たときに・・
怖いけれども・・もしかしたらこの18人は特別な
人でなく・・

殺伐として・・人間の繋がりの欠如した社会・・
やっかいなことに係わりたくない・・
見て見ぬふり、臭いものにふたをしようとする
高度経済成長をとげた社会の姿かも・・と
身の毛もよだつ思いがしました。

姨捨山・・昔は涙を流しながら年老いた母を
捨てに行った・・でも・・今は亡くなった親の年金を
横取りして、死亡届すらださず・・命を繋いで
もらった亡き父母の霊魂弔うことをしない人が
日本にもいるわけですから・・・形は違えど
もっとひどい姨捨山?とニュースを聞いたとき
思いました。

色んなニュースを聞くたび考えさせられます。



実は、恥ずかしながら…
うざい。。とかキモイ。。とかいう言葉を
子供がどっかから聞いてここ最近、
家でつかいはじめました・・・・・

私はその言葉に「嫌悪感」を覚え・・・
自分が言われたらどう思う・・・?
と娘に聞きました。

答えは・・無言。

毎回私はその言葉を聞くたびに
同じ質問をしています・・。

罪悪感もなくその言葉を使う・・
そういう言葉が助長して集団で省(ハブ)る
ことに罪悪感を覚えない・・・子供たちを
作る・・

我が家も他人事ではありません・・。
子供の行動、発言は
親である私に責任があると思っています。

子供を学校をふくめ社会全体で育てる・・ことが
大切だと思います。
あきちゃん先生、これからもご指導ください。

脳脊髄液減少症の子供たちのことを
考えると・・少しやりきれない診断基準です。
でも、高橋先生は9割以上改善させた
実績(証拠)がおありですし・・論より証拠と
ブログでおっしゃっていましたし・・論も詰めて
押してくださると思います。

きっと良き方向に変わると信じています。

あきちゃん先生
いつもありがとうございます♪

子どもの脳脊髄液減少症

あっこ様
か~こ様

おはようございます。
子どもの症例のほうが、成人より治癒率?が高いことは、すでに、高橋先生が「実証済み」です。
先日の学会でもそのことを発表していただいたり、「子どもの問題」を真摯にとらえて下さっています。こういう大人が、子どもを救うのだと思います。
だから、私も、少しはお手伝いができればと思い立ち、地元で教員を対象とした講演会を高橋先生にお願いしたのです。
高橋先生は、もちろん、二つ返事で引き受けて下さいました。
さて、「ふれあいの5つの法則」です。
1 温かい心のふれあいを与えられていると、子どもは心が安定し、自分を肯定することができる。
2 温かい心のふれあいが不足すると、叱られるようなつめたい交流を求めるようになる。
3 条件つきの温かいふれあいばかり与えられていると、次第に叱られるような冷たい交流を求めるようになる。
4 叱られるような冷たい交流は、温かいふれあいが与えられない限りずっと続く。
5 温かいにせよ、冷たいにせよ、ふれあいが得られないことは、人生で最も苦痛なことである。
(読点は、私がつけました。)

私は、子どもふたりともすでに社会人ですが、本当に考えさせられました。

このことは、田村節子著 「子どもにクソババアと言われたら」(教育出版)に詳しいです。
失礼ながら、あっこ様は、本著を読まれるグッドタイミングなのかも知れません。
小学三年から中学三年までの子どもと親の関係を想定して書かれています。
イラストなども豊富で読みやすく、私は、保護者会などでもオススメしています。
どうぞ!

あきちゃん先生

おはようございます!

コメントありがとうございます。
高橋先生はお顔からも言葉からも優しさが溢れていて・・
妹も苦しいとき病院にいって・・先生を受診すると
ほっこりと気分が良くなり・・不思議だけど・・そういう
雰囲気のある先生だと思いました。

あきちゃん先生、教育現場での周知啓蒙
ありがとうございます!!!!

ふれあいの5つの法則 読むのにピタリの
時なのかもです。失礼どころか・・お礼申し上げます(笑)
小学4年生・・長女の育児は模索だらけです・・。

キモイ・・テレビの芸能人とかに言うんです。
さすがに私にはいませんが・・。でも、そういう
のを早く止めること・・が「クソバババ」と
言われない・・事なのかもしれません・・(苦笑)

クソババア・・と言われたら、私も気が強い方なので
クソババアからうまれたあなたはクソムスメ?とか・・
言っちゃいそうで…早くその本読まないとです(笑)


No title

あっこ様

明日は、合唱コンクールで、会場の飾りつけを終えたところです。

マザーテレサは、ご存じだと思います。
彼女が、「人生で最も重篤な病は、『孤独』という名の病である。」と述べています。
これは、「5つの法則」の最後と全く同じことです。

私は、悪性腫瘍という重篤な病の「ステージⅢ」におりますが、でも、「最も重篤な病」ではない…。
なんだか、とても温かい気持ちです。

また、「アメリカインディアンの教え」にも、「5つの法則」同じようなことが述べられています。
http://www.eonet.ne.jp/~th69/osie/osie.html

「クソババア」と呼ばれたら嫌ですよね?
でも、本著では、そのことを肯定的に述べています。

種明かしはしないでおきますので、どうぞお読みください。
田村先生は、個人的にお知り合いですので、何か解らないことがありましたら、質問することもできます。
その節は、ご用命ください。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あきちゃん先生へ

あきちゃん先生こんにちは。

孤独は生きていくうえでもっとも辛いと理解できます。

人間は
ほめられたい
愛されたい
役に立ちたい
という願望がどうしてもあると思います。

一方、孤独は自分の存在価値を見失うことにもつながりますから。

アメリカインディアンの教えは素敵ですね。
私、確かこの名前の本持っています!!

子育てでも感じているのですが
その子供が大人になった姿にも
成長過程の家庭環境は大きくかかわっていると思います。

「子は親の心を実演する名優である」
とある方から教わりました。

確かに・・・
そう思うと自分を律して
正しい愛情で子育てしていかないといけないと思います。

それこそが権威があろうがなかろうが
いじめなどのない豊かな人間社会をつくるのですよね。

あきちゃん先生のプラス思考
ほっこり温かい気持ちになります。
でも・・・無理なさらないでくださいね。

コメントありがとうございました。

あきちゃん先生

いつも素敵なお話のご紹介ありがとうございます。

アメリカインディアンの教えの本もっています。
でも、たぶん沢山出ているはずですので・・
違うものだと思います。

自然のすべてに命を見出す
インディアンの教えは、本当に共感できます。

たしかこのブログを始めた当初、ここでも
紹介したことがあったと思います・・。

アメリカに住んでいたことがあり、
原住民のいるような最果ての地に
足を運ぶことがありました。
その空気や自然から
彼らの教えが生まれた意味を少しですが
感じることができました。

そこには人間のエゴがなく、
自然の中で生かされていて・・
きらびやかでは決してないけれど、
謙虚な人間の美しい姿がありました。

マザーテレサはもっとも尊敬する人物の
一人です。彼女の本も何冊も読みました。
そして、彼女の本の中に出てくる
聖フランチェスコの祈り・・
に何度も励まされました。

「なぐさめられるよりはなぐさめること
愛されるよりは愛すること」
そして、
「与えるから受け
ゆるすからゆるされ」
というところ・・

何度も何度も読み返したときもありました。

色んな感情も「行き過ぎ」なければ
原動力となる・・と肯定して

伝えること、できることを
私なりに考えしていきたいと思います。

あきちゃん先生とお知り合いになり
私の読みたい本リストがどんどんと
増えていきます。(笑)種明かししてもらえ
ませんでしたので・・読んでみます!


物事が起こったとき、それを肯定して
捉えられるあきちゃん先生は本当に
良気(よき)生き方をされていると思います。
私は、感情的になることも多々あり・・
失敗することも沢山あります。(苦笑)


心の波を立てるのも立てないのも
自分次第だということですね。

それでは、いつもありがとうございます。
おやすみなさい!




プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。