スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心ひとつに・・・

こんなTWIN’Sも
ブログで叩かれたりすると
PCを開けることが怖くなって
書くことをやめようと思った。

病気で辛い思いをして
何で叩かれなきゃいけないのかとか思って・・・。

あっこと私が
お互いが100回になったら
もうやめよう・・とも話していた。

それだけ書き続けることは
心的負担を伴う。

辛い病気であるから
皆の幸せに繋がる記事を書き続けることは難しい。

たった一人のコメントで一日中へこむこともある。

同病の患者さんが
一人・・・二人・・・ブログから消えていく。

辛い症状を抱えながらの必死の投稿。
それをばっさり得体の知れない人が切り捨てる。

こんなことなら自分を守ろうと思うのも無理がない。
その傷つける一言がこの病気の足を引っ張っている。

今日も一人傷ついた患者さんがいる。
こんなこと・・・もうやめにしようよ。
同じ傷を持ったならば
幸せも辛さも共感できるものとして
ともに泣きともに笑いたい。

枠を超える。
同じ病を経験した人が同じ気持ちを持って
あっちこっちから大きな岩を動かす。
心をひとつに・・・。

どれだけの涙が大きな岩の上に落ちたか。
今回その涙が大きな岩に穴を開けた。
この岩を、今こそ心ひとつにして
壊さないといけないと私は思う。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ひとこと

彼女はパソコンが怖くなった・・
やめようかな・・とメールくれた。

彼女が深く傷ついているだろうな・・ということは、
彼女のブログコメをみて想像していた・・。

言葉が凶器になること、
同病の患者さんならわかりますよね・・。

やめましょう。人を傷つけたら
間違いなく自分も傷つきます。



こんばんは

ブログにリンクされていないコメント(通りすがりや匿名の)は、
同病者さんかどうかも確かでは無いので、困りますね。。。

でも、皆さん、真摯にリコメをされているので、誠実さが伝わってきます。

私は、そんな時は、ziiziiさんのブログに癒されに行きます。
ziiziiさんが、ブログを毎日のように更新してくださっているから、
私も、ぼちぼちでも、続けなくちゃなって思っています。

みんとさんへ

みんとさんコメントありがとうございます。

私たちも辛い時はまほさんやまゆみさんのブログに癒されています。
ZIIZIIさんもお花が大好きで私も好きなのでお邪魔しています。

ほとんどの方が善意のお優しいコメントくれるのですが
ふっとあらわれる方に傷つけられることはあります。
そんな時、気にしなければいいのだけれど
皆が悪意に思っているのかもしれないと錯覚した気持ちになり
酷く落ち込みます。

こんなことならやめてしまおうと思ったり・・・

今日は心をひとつに・・・という思いで記事をアップしました。
患者はともに同じ方向に進んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

私は、激しく支持します!

あっこ様
みんと様

ある政治上のニュースがネットにアップされたとします。
その記事に対する書き込みは、「反論」が圧倒的に多いです。そして、その反論がさらなる反論を呼び、どんどんエスカレートして、収拾がつかなくなり、ついには、ページが「炎上」する…
これが、ある意味、ブログの「常道」ですね。
でも、少なくとも、私は、TWINSを激しく支持します!
私のような「門外漢」が、本症のことをもっと知ろうと思えば、ネットぐらいしか手だてがないのです。
ネットには、誹謗中傷を半ば「趣味」としている人種?も数少なくありません。
そういう人たちをいちいち気にしていたら、命がいくつあっても足りません。
「またか!?」と割りきって、そういう記事はバッサリ削除する「勇気」も、ブログの開設者には必要なのだと思います。
社会の謂われない偏見と 闘って、成果を勝ち取ったziiziiさんだからこそ、あんな温かいページがつくれるのだとおもいます。
私は、TWINSを頼りにしています。辞められるのは、もちろん自由です。
でも、辞められたら、また、私の心にポッカリと穴があくであろうことは、容易に想像がつきます。

あきちゃん先生へ

あきちゃん先生ごめんなさい。。。
やめませんから・・・。
ぽっかり穴はあけたりしませんから・・・。
そうやって言ってもらえて嬉しいです。。。

今日はある同病患者さんが心底傷ついていて
自分も一時期ブログで傷ついたことあるから
生意気にも少し癒してさしあげようかと思って書きました。

回想録書き始めたころ色々あって
綴ることが本当に辛くなって
100回説はあっこと真剣に話していたんです。

そのころあきちゃん先生がコメントくれるようになって嬉しくなって
あきちゃん先生が来てくれるから続けようって話したんです。

あっこが104回目になっているでしょ・・・。
私も頑張って続けます。
回想録も続くし、たわいもない感想も書くし
これからもよろしくお願いします!!!

あきちゃん先生、ありがとうございます(笑)

No title

弟が命を絶った後、私も自殺者を減らしたいという思いからPC上で活動していたことがありました。
活動っていっても、あっこちゃんやかーこちゃんみたいに、きちんとした活動でもなかったんだけど・・・もう何年も前のことです。

でもその時、矢のように傷つくコメントを沢山いただきました。
だから、凶器のようなコメントをもらうたびに、あっこちゃんやかーこちゃんがどんなに傷つくか、容易に想像つきます。

見守ることしかできない私だけど、心から応援しています!
人を傷つけるコメントを書かずにいられない人も、本当は自分自身もとってもつらいんですよね。

今日生きることがつらい、それでも生き抜こうとしている、病の中にある人達のことを、とても尊敬しています。

そして、かーこちゃんあっこちゃんのように、乗り越えてから、その後も共に生きようとしている人の事も。
様々な意見のある中、こうして活動を何年も続けることは、簡単にできることではありません。
私のようにあっこちゃんかーこちゃんを大好きで、応援し続けたい!と思ってる人が大勢いること、忘れないでね!!

みえない力

あっこ様
か~こ様
みんみん様

みんみん様
ピーコさんのブログでお見受けして以来ですね。ご無沙汰しております。

みんみん様のように、温かく支持してくださる方もたくさんいらっしゃいますよ♪
ただ、ネットの特性として、反対意見だけが、結果としては突出してしまうんです。賛成の人は、普通は、わざわざ投稿したりしませんから。
そこのところは、「たかが機械上のこと」として、柔軟に(割り引いて)考えなければいけないと思います。
今日は、教員向けの演会を主催します。去年のこの時期は、高橋先生の御講演でした。もう、あれから一年経つんだ…
今日のお話は、「ふれあいの5つの法則とは」という題で、子育てについて、本当は、あっこ様がたお母さんにも聞いていただきたいお話です。
講師は、大学の心理学の先生で、NHKの「となりの子育て」の講師をされた方です。
無料で、母親学級などにも来てくださるので、よろしければ、ハウツーをご紹介しますよ。
お申し付け下さい。

同じドウシ!

いつも読みながら、中々コメ書けなくてすみません・・。
心からいつも応援してます。
毎日、楽しみにしてるので・・・心配してました。
よかったわ!
安心しました。
なんにも出来ないものなので、あっこ&かっこさんの活躍には心から応援してます。
先日、
高橋先生から「皆ん様の御蔭様ですよ~」と謙虚なお言葉頂いたので、これからもずっとよろしくお願いします~。
無力ななあぁちゃんでも出来ることがあったら言ってくださいね・・。

あきちゃんです~先生
ありがとうございます!
心の支えになります!

打たれ強くないと!!

攻撃してくる人間は
ある意味
我を忘れていますから
効く耳はもっていません

下手に反論すると、周りを巻き込んで
さらに攻撃してきます
これに
便乗する人も居ます

完全に無視して
我をいくこと

対応策かなとも
思います

自分が書き込んだものが表示されなくなるのは
寂しいものです

優しいコメントをいただきました皆様へ

色んな気持ちがあって当然ですよね。
こうしなければダメとか、ああしなければダメとか
ないと思います。

否定派という言葉が嫌いなのは・・
否定している中には、知らないからゆえ、
患者さんのことを思って否定している人も
いるかもしれない・・。

だからこそ、肯定する先生が一生懸命
知ってもらう努力をしていくださっているし、
患者や患者家族がその後押しをすれば、
患者さん思いの今・・否定している先生の心が
変わるかもしれない・・と思うのです。

味方を増やすことがやはり知られていない病には
大切だと思います。

かーこの担当の保険会社の人も、
会社の命令に従っているだけで、・・本人は
かーこに申し訳なさそうにしている・・感が
あったようです。

いつまでも敵でいたくないじゃないですか。
敵視して傷つくのは自分のような気がするんです。
いつも。だって、人間には必ず心の中に光があると
思うから。

だから、嫌なコメントを残して愉快犯のように
去っていく人も、いつかあんなことして
本当に申し訳なかった・・って思う日が来てそして
心を自分で痛めると思います。

傷つけられた彼女が、また気持ちを取り戻して
欲しいとTWINSは全面に応援します。

100の私の記事、心と身体・・は
本当に最後にしようと思って書いた記事だったんです。

でも、そんなときあきちゃん先生が来てくださるように
なって、私はまた頑張ろうって思いました。
脚気のことを教えていただき、やっぱり頑張らないと
って思いました。

人は支えられているんだな・・と思っています。

脳脊髄液減少症を支援してくださる皆様に
心から感謝申し上げます。

鍵コメさま 拍手コメ様

全くの誤解ですからご心配ならないでください。
本当にごめんなさい。
もし・・・この記事であなたを傷つけたのならばお詫びをしなければなりません。
本当に違うんです。。。

ずっと昔から応援している患者さんに入ったコメントで
卑劣なものがあって、
そのことが可哀想でその患者さんを思い
あっこと二人で心を痛めていました。

私たちも昔、鍵コメで最低と書かれてしまったことがありまして
その時ばかりはひどく落ち込みました。
その時の感情がフラッシュバックしたというか・・・。

ご意見とか想いとかは私自身真摯に受け止め
直すべきは直していかなければいけないと思っています。

でも・・・一方で訳のわからない誹謗中傷、妬み嫉みのような
卑猥な言葉を使っての攻撃は断固として反論するも
人間ですもの、やはりぐったりきます。

私の考えが全て正しいのではないと思っています。
だからこそ色々な意見は真摯に受け止めていかないといけません。
間違っていれば間違っていると導いてほしいとも思っています。

でも・・・そことも違う訳の分からない特定の人物に向けた攻撃は
やはりいけないと思うんですね。

この記事はある患者さんに卑猥な言葉を使った人に向けて
書いたんです。
貴方様でないのでご心配かけて本当に申し訳ありませんでした。

プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。