スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と身体

先日友達数人と集まって昼食会をしました。
友達の一人は1歳3か月の
よちよち歩きの赤ちゃんのいる友達で、
3人の子供のお母さんです。
話していても、いつもの行動も、
小さいことはあまり気にせず、
肝っ玉母さんといった
おおらかな印象がある友達です。

その友達との会話の中で、
赤ちゃんが8か月のとき、
トラックと追突事故を起こして
次の日から授乳が止まってしまってミルクに変えた・・。
上の二人は1歳までずっと授乳できたのに・・
という話がありました。

彼女の過失で駐車場での
後方確認をしなかったために追突してしまったのですが、
鞭打ち等の症状はその後もでなかったようです。

ただ、私はその話を聞いたあと、
交通事故の及ぼす心的ストレスについて
少し考えてしまいました。

心の闇により病気になってしまうのが、
鬱とよばれる病であり、
心が身体に及ぼす影響の大きさは
社会問題になっています。

一方、身体の病気により心に影響を与えるかどうか・・
もちろん、とても大きく影響を与えると思います。
脳脊髄液減少症など、病院で治療して回復、
完治するまでの道のりの中に、
かーこが言うにはひどく困難な症状があり、
また、対面せざるをえない社会問題も存在し、
治療のみになかなか専念しにくい病では、
身体が辛い上に、心も深く傷つきます。

病を抱えた人は、どのような病であれ、
むき出しの有刺鉄線のような精神状態であると
聞いたことがあります。

だからこそ、
患者と接するときは
言葉の一つ一つに愛や優しさがあることが大切なのです。
ふわふわのタオルで有刺鉄線を
包んで上げる努力が周りには必要なのです。

しかし・・
もし、周りが言葉の凶器、批判や非難を浴びせると
どうなるでしょう・・・。

患者の心は、身体の不調が追い打ちをかけるように
闇へと光を閉ざしてしまう可能性があります。

鬱という病は、心の闇を取り除けば後遺症がなく
治る病であるときいたことがあります。
タレントの岡村隆さんなどは、
今も薬を飲んでいるようですが、
目の輝きを見る限りでは
完治しているように思えます。

一方、脳脊髄液減少症は・・、
心の闇を取り除いても、
根本的な身体への治療がなされないと・・
治ることは難しいのです。

治療が遅れれば後遺症が残ります。
後遺症のことも含めて、
心の闇で片づけようとする
医師や裁判官には過ちがあります。

脳脊髄液減少症には保険適用のもと
適切な治療を一日も早く傷が浅いうちに受ける・・
そして、身体を上げていくとともに、
メンタルのケアが必要なのです。

色んな意味で、
弱者をサポートする優しい社会が
社会問題となっている自殺を減らすことにも
つながると思います。

かーこは、病気の最中
保険会社との接点を極力もたず、
ストレスフルな保険会社との交渉などは
夫にまかせていました。

病気の時に前面にでて、
有刺鉄線のような精神状態で
保険会社と話合いをしたとしたら、
感情のコントロールを失って、
ボロボロになっていたかもしれませんし、
おそらく今ほどの改善は望めなかったでしょう。

一分一秒が辛くて生きていることが
やっとのような症状を抱えた病気の最中、
保険会社からの卑劣な言葉をあびせられても、
心が揺さぶられないくらいに強靭なメンタルを
持てる人などいるでしょうか・・?

病気治療に専念して回復した部分に感謝しながら、
身体の状態を上げていくこと・・
そうすることで心の闇を光へと変えていくこと・・
心の平穏を取り戻すことをしてほしいな・・
と思います。

心と身体は密接につながっています。
どちらが壊れてもバランスが崩れます。
だからこそ、どちらともをゆっくりでも良いので
上げていってほしいです。

患者の皆さんには、
これほどの病を抱えながらも
生きていることに、
誇りと自信を持ってほしいと思います。

苦は必ず本人の魂を磨くと
聞いたことがあります。

どんな状況であろうとも、
小さいことでも良いので
感謝やありがとうといったことを
一個でも二個でもみつけ続けてください。

全ての患者の心が穏やかになる日が、
一日も早く来ますように。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

病は気から

あっこ様、こんばんは。
私も、病人の端くれ?なので、よくわかります。
「安心感」は、治癒への一番の妙薬なのです。
私は、仕事を休んでも、代わりの方が配属され、有給のまま、半年間の入院、なんていうのを四回もしてしまいました。税金泥棒?笑
しかも、医療費は、国や民間の保険で、ほとんど補填されました。
仕事も、私が休んでも、さくさくと進んでいて、ちょっと恨めしいくらいでした。
しかも、同僚や生徒は、整理券を出すぐらいたくさん見舞いに来てくれました。
家族は、私の病状をよく(無用心な私より遥かに)理解してくれています。
入院するたびに、病状は、必ずしも好転している訳ではないですが、その、周りからの思いやり?が(もちろん金銭的なことも含めて)どれだけ精神的に助かったか、身を以て感じています。
だからこそ、脳脊髄液減少症や患者さまをめぐる諸問題のうち、私が関われることはないのか、探しているのです。
高橋先生は、今の脳脊髄液減少症をめぐる医学界の状況を、日露戦争当時の「脚気論争」に喩えていらっしゃいます。
その高橋先生に、関連書籍を二冊もご紹介できたことは、本当に、自己有用感が持てています。

あきちゃん先生

脚気論争について調べてみました。
明治~大正にかけて40年もの間続いた
医学論争だったのですね・・。

脚気は栄養欠陥によりおこると主張した
高木兼寛VS細菌による伝染病であると主張した
陸軍東大グループ。

今では当たり前に治る脚気という病の歴史に、
長い医学論争があったことに
とても驚きました。

明治になって40年続いた脚気論争がひと段落したころ
黙殺否認され続けた高木医師の・・

「諸君の前で脚気の話をするのは私の甚だ喜ぶ
ところであります。何故に喜ぶかと申しますと、
今日まで高木の説を聞きたいというものは
一人もいなかったのであります。いつもただ
反対の声のみでした。それ故高木は最初
大変苦労しました。」


という言葉は、以前高橋先生のブログで
読みました

脳脊髄液減少症の勉強会で篠永正道
先生がおっしゃった

「久しぶりに共通語で会話した感じです。」

という言葉の裏に隠されたものと変わらない
と感じ、篠永先生をはじめ脳脊髄液減少症を
肯定してくださる医師の先生方の苦労を
感じずにはいられませんでした。

脚気論争が40年続き、終息するまでに
尊い人命がどれほど失われたことでしょう・・。

篠永先生が脳脊髄液減少症が
交通事故などの衝撃で起こりうると
提唱してから10年以上が経過しています。


歴史から学んで、患者のための医療を
早くしてもらいたいと・・思います。

ところであきちゃん先生のお人柄が、整理券待ち?
のお見舞いを呼んだのだと思います。
私も、病は「気」からということわざは、
本当だな・・と思います。その反面、
病に負けないぞ!という強い「気」もちや
何かに感謝したり、ありがたいな~という
プラスの「気」もちを膨らませることが
克服にも役立つと感じています・・。

また・・私事ですが(笑)、なるだけ家の空「気」も
循環させ植物や花などから良い「気」をもらう
ようにガーデニングを趣味にしています。


長くなりました。脚気のこと知ることが
できてよかったです。ご紹介
ありがとうございました!


病気との「おつきあい」

あっこ 様

さっそくの返事、ありがとうございました。

「過去に学ぶ」とすれば、「世論の醸成」に成功した疾病が、
最終的には市民権を得られていることも、忘れてはならないでしょう。
悪性腫瘍しかり、水俣病しかり、肝炎しかり、etc.etc.…

脳脊髄液減少症は、残念ながら、まだ、その段階に達していないようにも見えます…がんばります。

私は、「闘病」という言葉は、あまり好きではありません。
自分の身の内に起こっていることと、闘ってどうするの? という感じです。

それに、「病気とつきあう。」というスタンスでやらないと、週三回の通院は、とても耐えられるものでもありません。

医師からも余命宣告されていますが、
病気とは、「いろいろあるけど、お互い、うまくやっていきましょう。」というくらいのお茶らけた?フィーリングです。

あきちゃん先生

世論の醸成・・本当に大切だと思っています!
がんばります。

ところで・・
闘うとか争うとか私も好きではありません。

病ということに関してのあきちゃん先生の
姿勢は、私はとても共感できます。

そして、外で起こっている事に対しても、
できれば、心の平穏を保ちながら
向かい合う姿勢を持ちたいと思います。

医師からの余命宣告など、なんてことは
ありません。余命は神様だけしか知らない
ので、赤の他人に口出しされることではない!
余命宣告後ギネス最高記録生きてください!

きっとあきちゃん先生ならできます!!!!!
と、私は思います(笑)

あと、お茶らけは好きです。
「笑う門には福来る」で、かーこはすごく
ひょうきんなのでかーこと話していると
ケラケラ笑う事が沢山あります。(笑)


まゆみさんのブログ

かーこがお世話になっている構造医学の
アシスタントまゆみさんのブログより下記のような
内容がありましたので・・ご紹介します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(まゆみさんのブログ植物と香りのある生活
 リンクしてあります。素敵なブログですので
 是非ご覧ください!)

病気になったら、お医者様に治してもらうもの、
と思いこんでいる方も多いでしょう。
治療することは、お医者様に任せるしかなくても
病気を治癒させることは、本人にしかできない。

病気を、ネガティブなものと受け取らずに
まず病気を肯定してみること。

自分を否定することからは
自分を変えることはできないのだということなのですね。

病気の方を変えるのではなく、
自分自身の適応力を変える

大事なことだと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




わが意を得たり

あっこ 様
まゆみ 様

>病気を、ネガティブなものと受け取らずに
>まず病気を肯定してみること。

>自分を否定することからは
>自分を変えることはできないのだということなのですね。

>病気の方を変えるのではなく、
>自分自身の適応力を変える

まさにその通りと思います。
これが、高橋先生のおっしゃる「病気はしていても、心は健康な人」
の姿だと思います。

あきちゃん先生

わが意も得たりです(笑)

いつもありがとうございます!!

紹介ありがとうございます。

あっこさん
シンクロしてましたね。
高柳和江先生の「笑医」の講演も聞きに行ったことがありますが、
あっこさんの書かれている
「どんな状況であろうとも、小さいことでも良いので
感謝やありがとうといったことを一個でも二個でもみつけ続けてください。」に同感です^^
とても大事なことですよね。


あきちゃん先生
初めまして。
命は、お医者様が決めるものではないですよね。
「病気は才能」
おのころ心平さんの目指す統合医療は
クライアントさんの自然治癒力を引き出してくれる医療です。
病気を主人公にしない、という言葉も印象的でした。
そして、医療に選択肢が豊かになれば、もっと自分の体に能動的になれる、と。
それを広めようとしている動きがあることも、多くの人に知ってほしいなぁと思っています。

「病気はしていても、心は健康な人」ほんと、そう・・・
苦しんでいる人の心を、さらに病気にしないお医者様が増えてほしいし
その人の治癒力を活かす方法は、色々あるってことに気づいてほしい。
可能性は無限大だと思っています。
病気を敵とせず、そう、闘うではなくですね。
内側で起こっている病気のエネルギーをプラスに変えていけるように、
今の日本の医療、保険制度の中では、歯がゆい思いをされている方は多いはずですが、
選択肢を広げることによって、より多くの人が救われますよう・・・心から願っています。

決めては、いません。笑

まゆみ 様
ありがとうございます。
「あと5年」は、次の精検の予約と考えています。
「あと5年」と、もう、二回言われましたし。かえって何が起きるかわからない遠い将来を心配するより、五年間のことだけ考えればいいので、先が見えやすいです。
この五年は、「家の新築」が目標でした。
次の五年は、「大学再入学」かな?笑
余命宣告されて、落ち込んだりしているわけではないのです。ご心配をおかけしました。
あっこ様
「架け橋」にご紹介くださったのですね。照れます!
以前より、T顧問様などから、会の活動に関与するよう声をかけていただいていますが、体調や多忙などから、お力になれなくて申し訳なく思っております。
千葉県のページは、私とおせつ様の「合作」です。

あきちゃん先生

おはようございます^^
お返事ありがとうございます!
心配どころか、逆に元気つけられてたんですヨ~
あきちゃんみたいな考え方、素晴らしいと思います。
誰しも、先の命なんてわかりませんもの。
私は、父が亡くなってから
自分は元気であっても明日死んでもいい生き方を・・・って
考えるようになったのですが
そう思うと、その日、その一瞬をとても大切にできるようになるものですね。
あっこさんから伺っていた
「気」持ちが良い方  その表現がピッタリの方です。
素敵な方に出会えて、とても嬉しく思っています^^

まゆみさん

まゆみさん

こんばんは。今日は末娘3歳の運動会でした。
いっぱいプラスのエネルギーが溢れていて
本当に幸せになりました。

まゆみさんのお言葉のすべてに共感しています。
何事もそうですが、これしかできないとか
ここでしかできない、という気持ちの制限
は限界を自分で作ってしまいますね・・。

医療も、これでしか治らないと思うのではなく・・
とにかくいろいろとやってみる・・
そして、自分の治癒力も味方につけるには
心の持ち方がとても大切だと思いました。

神奈川の黒岩知事が書いていた記事を
先日読んだのですが、末期がんだった
お父様が病院で治療をするとどんどんと
悪くなったようです。そこで、東洋医学と
食事療法を取り入れると、言われていた余命を
どんどん更新されたといいます。

今はおなくなりになったようですが、
その時に繋がった命の間、とても充実した
生活を送ったと書かれていました。

その人その人で合う治療法があると
いうことだと思いました。そして、
その選択により、残された命を充実
したものにできたことで、御本人と
ご家族の満足があったことが
何よりのことだと思いました。


命が今日も明日もずっとある・・
そんな保証はだれにもないし、
大切な人の命が今日も明日もずっとある・・
それも保証がない・・

そのことを考えて生きていると
今というときをいかに大切に
生きるかということにつきますね・・。

まゆみさんとシンクロ・・って思うと
嬉しいです。

コメントありがとうございました

あきちゃん先生

あきちゃん先生こんばんは。

以前より、T顧問様などから、会の活動に関与するよう声をかけていただいていますが、体調や多忙などから、お力になれなくて申し訳なく思っております。

とんでもないです・・。お力になってくださっています。
私こそ、あまり会の活動はできていません・・。
といいますか・・
どんな形でも、会のために・・というより、患者のために
大きいことはできなくても、少しでも力になれればいいな・・・・
と私は思っています。(笑)

千葉県のページは、私とおせつ様の「合作」です。

おせつさんは、すごく頑張ってくださいました。
ピー子ちゃんの快復をこころから願っています。
そして、おせつさんを通してあきちゃん先生とこうして
繋がることができた御縁に感謝しています。
おせつさんクリスチャンでしたので、いつも聖句に
癒されていました。
私は特に宗教をもっていませんが・・
クリスチャンの方も考え方も大好きです!


ところで、あきちゃん先生の病気への向き合い方
そして、物事のとらえ方は、多くのプラスのものを
暗示してくださっていて、私はとても共感しています。

以前読んだことがあるのですが、
病気を克服したり、余命を宣告されても
それを何度も更新される方、
奇跡的な回復をされる方に共通するのは、
その病に対してマイナス感情ではなくて・・・
この病気の「おかげ」で自分はプラスの
気づきがあった・・とかそういう気持ちを
持てる人だそうです。

なかなか難しいかもだけど、
病の最中にあっても「ありがとう」
を見つけることができれば治癒力を
少しでも引き出せるように感じています。

いつもありがとうございます!!!
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。