スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違和感

事故により体調悪化ゆえ退職、
事故から7か月で脳脊髄液減少症と診断がつき
明確な髄液漏出の画像があり
RIシンチグラッフィによる残存率も異常な数値。

やっとのことでブラッドパッチ治療に辿りつき
ブラッドパッチ治療により回復
社会復帰まで果たすことができた私の経緯で
仮に裁判をしたなら
事故と脳脊髄液減少症は
因果関係なしと
裁判官は言えるのだろうかと
ふと考える。

裁判という重荷や
損保との話し合いなどのストレスから
今まで逃げまくっていた私は
もしかして卑怯なのかもしれない。

正直、裁判という精神的苦痛に耐えられる自信もなく
損保との話し合いも
まずは自分の身体を治してからにしようと
逃げていた。

今回、留美さんの判決を見て
言いようのない悶々としたものを感じている。

ブラッドパッチで効果がなければ
脳脊髄液減少症ではないとする裁判所の判断。

私はブラッドパッチにより回復できたから
裁判をして緻密に立証すれば
脳脊髄液減少症だったと
認めてもらえるかもしれない。

でも・・・そんな一辺倒な判例を増やしてしまって
いいのだろうかとさえ考える。

病名がつくまでの7か月が邪魔をして
事故と脳脊髄液減少症の因果関係を
追及してくるかもしれない。

でも、7か月診断がつかなかったのは
私の責任ではない。
私の当時の医者がこの病気を知らなかったから・・・。
ただ、それだけ。

また、ブラッドパッチにより
残念ながら効果を実感できていない患者さんを
何人も見てきてしまったから
ブラッドパッチで回復しなければ
脳脊髄液減少症でないなんていうことは
ありえないと十分理解できる。

この病気、そんな簡単なものではないと感じている。

自分の身体で地獄を見、
医療現場で地獄を見
司法の場で地獄を見てきた
多くの患者さんを
どういう形で社会は癒してあげるのか?

脳脊髄液減少症になって
仕事もできなくなり
重い後遺症が残り
裁判をして世間に訴えようとした方が
100万円の判決を取るのに
弁護士に200万支払った話や

逆に損保側から訴えられるという
あまりの非道を経験し
和解という形では納得がいかず
救済を司法の判決に求め
和解金提示額の10分の1ほどの
敗訴判決を受け
身も砕けるような悔しい気持ちを経験した方など

裁判をした方の話を
色々、聞いてきた。

司法の場でこの病気の患者さんが味わってきた苦痛は
今回の留美さんの判決も含め
本当に計り知れないものだと感じている。

どうすれば・・・
この病気の患者さんは癒されるのだろう?

脳脊髄液減少症になり
目に見えない後遺症を抱えている方は沢山いる。

完治が勝訴の条件というのは
あまりに行き過ぎた裁判所の判断であるし
回復できない患者さんは
脳脊髄液減少症でないとする判決は
この病気を知れば知るほど
異様な感じがしてならない。

集団訴訟という形で
多くの患者さんの現実をみてもらうしか
この病気を知ってもらう方法はないのだろうか?

今までの勝訴判決を読んで
苦しみはしたものの
ブラッドパッチで完治に近い回復できた一部の患者さんのみ
司法で救済している現実に
異様なほどの違和感を感じており
もう逃げることができない
これから始まる私自身の話し合いで
自分の身の振り方をどうすればよいのか
重く考えさせられる。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆

脳脊って、裁判で勝つことで癒されるわけでもないし、目的でもないと思いますよ(^-^)
周知してもらう為に、大きな裁判で注目してもらう事には意味があると思いますが…
できれば勝ってほしいですけどね。
正しい病気の知識が広まって、病気の治療に目が向くような流れができてほしいです。
かーこさんはせっかく完治されたので、裁判以外にも方法はあるかなって思いました。
すみません。

うんうん

かーこさん、こんにちは。
かーこさんの思い、よくわかる気がします。
本当に悔しい、悔しいですね。
すべてのことに言えますが、(ダイエットも含め)
効果が出る人も出ない人もいるけれど、
実際にある症状の元は同じなんですね。

だから、かーこさんのおつらい気持ちに
なんという言葉かけができるだろうと自問したとき、
かーこさんの完治されたという情報で
希望を持たれた方が多いはずですね。
第二のかーこさんを目指す人の、
こころの応援者となってください。
そうして、いきいきとご活躍してください。

おつらい病気を体験されたかーこさんにしか
できないことだと思います。
かーこさんがなされたいと思うことをお続けになれば、
「はなまる」です。

みんとさんへ

コメントありがとうございます。

裁判という負荷はこの病気の患者さんには重すぎるのですが
肉体的・精神的・経済的苦痛の救済を求めて
司法にすがる流れはあると思います。

みんな悔しさの塊を法廷に持ち込むのですが
裁判官は病気の知識も経験もない方なので
その方に詳しくこの病気を理解してもらうには
どうしても無理があるように感じます。

私は今のところ裁判を考えていないのですが
一方で裁判で勝訴判決を出す意味は
大きいのではないかと考えたりもします。

今までの判例が全て一辺倒で
脳脊髄液減少症はBPをして完治するので
完治できないのであればこの病気ではないとして
敗訴する流れがあるようです。

ただ・・・今までの判例を後押しするようなことしか
私自身できないので
それもどうかなと考えたり
そっとそっと・・・病気を終わりにしたいと思ったり
正直、複雑な気持ちになります。

留美さんはご自身の不自由な身体を
裁判官にみてもらいたかったのだと思います。

事故で病名がつかず長い間彷徨い放置され
1年半後脳脊髄液減少症と診断され
治療を受けるも回復が難しく
車椅子生活を余儀なくされているということを
裁判官や社会にみてもらいたかったのだと思います。

判決は心が凍りつくような内容だったと思います。
笑いながら
「皆が歩んできた道よ・・・」
というから
可哀想で涙が出ました。

ある方が・・・
「この病気は本当に地獄をみるのよ・・・」
と仰られた意味が深く理解でき
何とかならないものかと考えさせらました。

重い内容のブログ記事になってしまいましたが
優しいコメントを頂いて癒されました。
ありがとうございました。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まほさんへ

まほさんこんにちは。
いつもお優しいコメントありがとうございます。

先日、ある会でスピーチをした時に
実は、まほさんのことを少し話させていただきました。

まほさんの詩集を読んでから心のおき方を変えて
怒りや悔しさ不安を意識して自分の外に置き
「ありがとう」を探した話をしたんです。

病気を見つけてくれて「ありがとう」
数少ない専門医に辿り着けて「ありがとう」
あっこの家で介護生活をおくらせてもらっていることに「ありがとう」
心配してくれる家族に「ありがとう」
握力が戻ってきてお箸が持てるようになって「ありがとう」
10分歩けるようになったよ・・・「ありがとう」
ってね。

もちろん病気になった経緯や
病気の説明、治療の効果がでて良くなった話も入れたんですけど
「ありがとう」が私を元気にしてくれたことも話したんです。

そしたら・・・まほさんの詩集が欲しいと仰った方がいて
先日コピーをお渡ししてきました。

まほさんはいつもお優しくて
私が悩んだりした時はすぐに癒してくれます。
本当に感謝です。

私は、自分の心に正直に
そして・・・流れに身をまかせて生きていこうと思っています。

コメントありがとうございました。

鍵コメさんへ

ご無沙汰しています。
いつもどうしておられるのか心配していました。
あっことも話したりしてたんですよ。

私が落ち込んだりした時に
いつもお優しいコメントくださってありがとうございます。
この病気の方って、辛い経験されているから本当にお優しい。。。

闘病で一杯一杯の患者さんがたくさんいます。
患者会でお会いした美しい彼女も
お会いはしたことないのですが電話で何度かお話した九州の方も
追突事故が原因で髄液がほとんど無くなり酷い状態に追い込まれ
とても活動ができる状態ではありません。

生きるのも精一杯の状態で
とても法廷に立てる状態ではなく
それでも
一生懸命、今を生きています。

私は良くなったから
色々考えたり、判決に落胆したり、自己の主張をできたり
そういうことができるようになったんですよね。

あの「生きていけません」と高橋先生にすがった時は
理路整然とこういうことを考える余裕もなかったですから・・・
そう思うと、今の私にできることをやっていこうと思います。

病気の人も、健康な人も、どんな人も
尊いから・・・
闘病で苦しく辛かったときの気持ちを忘れず
そして・・・
その辛く苦しい状態に今もいらっしゃる方の事を心にとめ
できる事を考えていこうと思います。

どうか・・・無理しないでご自愛ください。
本当にありがとうございました。
あと・・・コメントすごくすごく嬉しかったです。

No title

はじめまして、僕も「脳脊髄液減少症」を患っています。

いつも、貴重な情報を配信して頂き非常に参考になっています。

koudai さんへ

こんにちは。
実は、ブログ全て数日前、読ませていただきました。
拍手もその際させていただいたんですよ(笑)

お若いのに大変な思いをされましたね。
でも・・・辛い経験は自分を鍛える糧になると
私は思っています。

koudaiさんの病気を伝えようとする姿勢、
お若いのに立派だと思います。

必ず病気を克服して、
新たな人生をスタートさせてほしいと思います。
いつでも、遊びに来てください。

コメントありがとうございました。


No title

お返事ありがとうございます。
全部呼んでくださっていたのですね☆
お恥ずかしいです(笑)
拍手ありがとうございます!!
もし、よろしければ、相互リンクお願いできませんか?
まだ、作ったばかりなので、一人しかリンクいませんが、これからどんどん増やしていきますし、日本ブログ村の難病と原因不明部門で上位なので、
なんとかこの病気を広めたいのです。

またおじゃまさせて頂きますね。

今後ともよろしくお願いします。

koudai さんへ

リンクしますね。。。
今後ともよろしくお願いしますね☆☆

No title

ありがとうございます☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。