スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーチしました

自分の事務所を開業し
仕事をスタートした。

仕事でお世話になっている友人から
経営者の会に誘われ
事業を始めた以上
一つくらいは何かやらなければと思い
良さそうな会なので入会することにした。

企業の倫理や経営者の心の在り方など
毎週、早朝に勉強会を開いている会だ。

先日、新人スピーチを頼まれ
啓蒙になればと
病気の経験をお話しした。

自分の経歴や、開業に至った経緯に交え
交通事故で脳脊髄液減少症になり
闘病生活を余儀なくされたこと
そして・・・
その時に感じたことや症状など
40分ほど、20人くらいの前でお話しした。

一番ひどい状態をお話しした時は
当時を思い出して
話しながら泣いてしまった。
いつも感情がすぐ移入してしまう。

やはり、思い出すと辛くなる。
自分が辛かったことだけではなく
苦しむ患者さんの顔が次から次に浮かんできて
可哀想でたまらなくなる。

私の経歴などは付属で
病気を乗り越えてというようなお話になったので
いろいろな業種の経営者から
スピーチのあと声をかけてもらうことができた。

実際、経営者の心の在り方を勉強する場で
自分の病気のことを話す人は
今まであまりいなくて
内容の壮絶さに皆さん驚かれていた。

また・・・
私の外見とのギャップもかなりあるみたいだ。

私は昨年、国会に行ってから
活動らしい活動もしていなかったから
今回、この病気を知ってもらう機会ができて
本当に良かったと思う。

改めて・・・
過失のない交通事故の被害者に
生きることさえ難しいほどの苦しみを背負わせて
その責任を事故被害者に負わせている理不尽な現状は
到底受け入れることができないと思った。

良くなった患者の一人として
正しきに導かれるよう
微力ながら訴えていきたいと思う。
今が頑張り時だと思うから…。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

時々拝見させていただいています。
私は、最近ほんの最近自分の17年間の体調不良が「脳脊髄液減少症」かも知りました。(医原性の可能性)

17年の日々は、こんな検査をしてもどこも異常と認められない病気は自分だけかと思い、この先が不安で一杯でしたが、同じ病気で戦っている人がいる事を知り情報をえる事が出来ただけでも、本当に嬉しかったです。(こちらのリンクを利用させてもらいました)

私も元気になったら、何か行動を起こしたいと思っています。
それがいつの事かわかりませんが、これから先もこちらのブログを参考にさせて下さい。

ガーベラさんへ

ブログ読ませていただきました。
長い間の闘病生活、どれほどお辛かったことかと
胸が痛みました。

長い間病名がつかず、彷徨われた末に
脳脊髄液減少症という病名にたどり着いた患者さんのブログを
色々読ませていただいて、
医療現場の周知徹底の必要性を強く感じていました。

私は追突事故によりこの病気を発症しましたが
たった、7か月で幸運にも病名にたどり着きました。

ただ・・・事故から7か月で
およそ、生きていくのが困難な状態まで体力が落ちてしまいました。

急激に悪化する人、時間をかけてゆっくり悪化する人
色々いるようです。本当に恐ろしい病気です。

何が一番恐ろしいかというと
医療現場で見落とされるのが当たり前になっていることだと
私は思っています。

私も心の病と言われ、
「心の病なんかじゃありません」
と泣いて訴えたこともあるんですよ。
それほど苦しいのに医師が自分がわからない病気全てを
心の問題にしてしまうところにこの病気の難点があると思います。

ガーベラさん、今はとにかく病気に向き合ってくださいね。
そして、必ず良くなってほしいと思います。
そして回復して元気になって伝えていってほしいと願っています。

お辛い中コメントありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。