スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会復帰のハードル

完治すれば社会復帰は当たり前にできる。
しかし・・・
何らかの症状を残しての社会復帰は
辛いものがあると想像する。

生活の問題や家庭の事情で
完治ではなく回復レベルで社会復帰をされ
勤務時間の経過とともに体調が悪くなり
毎日あらわれる症状に恐怖を抱きながら
仕事をせざるを得なくなった患者さんがいる。

時には・・・
まだ漏れているんじゃないかと
見えない体の内部を想像し怯え
それでも組織の一員として
苦しみを表に出せず
倒れるように家に帰って
エネルギーを蓄える。

その患者さんは仕事をスタートし
そんな毎日を送らざるを得なくなった。

車いす生活を余儀なくされたり
寝たきり生活を余儀なくされている患者さんは
発狂しそうな痛みや呼吸困難で
本当に辛く苦しい生活を送っている。

けれど・・・
社会復帰された患者さんの中にも
非常に辛い生活を送られている方がいる。

私は脳脊髄液減少症を経験して
ゆっくりゆっくり回復したから
最悪の苦しみも
回復途中の苦しみも
なんとなく想像できる。

最悪の苦しみは
生きているのが不思議で
このような苦しみで生き続けることが
人間はできるのだろうかとさえ思った。

回復途中の苦しみは
奇怪な症状と付き合いながら生活をするのは辛いな、
フルタイムの仕事はきっと無理で
本当に厄介な体になってしまったといった感じだった。

私は脳脊髄液減少症をほぼ完治した。

だから・・・
仕事も日常生活も今では普通に大体できるようになった。

そんな私も
回復に至るまでの過程は
思い返しても複雑怪奇で
心の平静を保つのも難しかった。

今になってわかるのは
症状が残っている患者さんが
回復途中で
仕事を開始するということのきつさ・・・。

社会の理解がなければ
本当に大変なことだとつくづく思う。

いま・・・
その患者さんに
心からのエールをおくりたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

こんにちは。
ziiziiさんのところで、かーこさんが完治されたことを知りました。
この記事を私のブログに転載したいのですが、よろしいでしょうか?
この記事を読んで、私も完治の希望が持てたので、たくさんの患者さんに知ってもらいたいです。
すみませんが、よろしくお願いします。

みんとさんへ

はじめまして・・・。
ZiiZiiさんのブログでお名前拝見しています。。

ZiiZiiさんにはいつも良くしてもらっていて
昨年、体調を崩した際には高知までお見舞いに来てくださり
行動力とお優しさに感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

私は早期発見、早期治療、そしてよきご縁を辿り
悲惨な状態から
完治と思えるほど元気になりました。

今では自分で事務所を開業し、仕事をスタートすることができました。
苦しみの最中はただただ辛く
昔のような元気だった頃の人生を歩むことは
不可能と絶望していましたが
今ではこうして元気になり好きな仕事に
復帰することができました。

転載して頂けるのはとても嬉しいです。
苦しむ患者様に治った人もいるから諦めないでと伝えたいのです。
そういう気持ちで今はブログを綴っています。

今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございます

早速転載させていただきました。
完治されたことを書いてくださっている患者さんがほとんど居ないので、すごくうれしいです。
ziiziiさんの記事のおかげです。
私も社会復帰できるまで、時間がかかるかもしれませんが、かーこさんを目標に頑張ろうと思います。

みんとさんへ

転載ありがとうございます。
早速お邪魔させていただきました(笑)

みんとさん・・・
焦らないでくださいね。
ゆっくりゆっくりコチコチいきましょうと
苦しむ私に主治医が声をかけてくれていました。

今度は私からみんとさんへ
同じ言葉をおくります。

辛い日々、本当に大変だとお察しします。
どうか無理なさらず前を向いて歩んでくださいね。

ありがとうございました。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

こんにちは。
コメントありがとう。
辛くなったときはいつでもメールとか電話くださいね。
とにかく・・・無理しないでね。

生きていればいいことがあるはずです。

ほんとうにそうだと思います。
私も最初の治療から5年で社会復帰しましたが、正直、まだまだ普通に生活したり働いたりすることはできず、なかなか病気の後遺症への理解もなく、世の中は生きにくいなと思いながら、なんとか生きながらえてます。
ですが、診断され、治療を受けることにより、希望の光をみることはできました。
いろんな夢を諦めてしまいましたが、人生は魂の修業場と信じ、この体と心を受け入れ、生き続けていこうと思います。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。