スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみの壁

先日、図書館で娘が「アンネの日記」を借りてきた。
幼い時に読んだその本を、
久しぶりに娘と一緒に読んでみた。

戦時中、ユダヤ人は「ただユダヤ人であるというだけ」で
迫害され、強制収容所に連れていかれて殺される・・
という恐怖におびえて暮らさなければならなかった。

隠れ家では音さえたてることもできず、
トイレさえ制限され、昼間に
太陽の光を浴びることもなく
生活せざるを得なかった・・。

終戦とともに、ナチスのユダヤ人皆殺し作戦は
終わりを迎えることになったが、
罪なき500万以上の「人命」がこの間に殺された。

15歳の少女アンネフランクが自分の目線で
綴った隠れ家での2年1ヵ月の日記が、
家族でただ一人生き残った父によって、
公表された。

その後、彼女の書いた
「アンネの日記」・・によって、
信じられないような現実が過去にあったことを
時代や国を超えて戦後何十年もの間、
子供も大人も知ることができた。

架け橋相談役であり、
ハンセン病問題の全面解決に
取り組んでおられるZIIZIIさんのブログの記事
心が痛んだ。

隔離政策により、外の世界から断絶された
ハンセン病施設にいた子供達が、
コンクリートの壁に穴をあけて外の世界を見ようと
したことが紹介されていた・・。

ハンセン病の子供達が一生懸命開けた小さな穴・・。
でも、その穴から故郷を思っても
出ることが許されなかった・・。
悲惨な現実がほんの少し前でも日本にあったことを
ZIIZIIさんが、経験者として伝えてくださる
からこそ、私は知ることが出来た。

国会で何度か会ったことのあるMさんが以前、
脳脊髄液減少症になってから
自分も「隔離されている・・」
と感じることがある・・と
ZIIZIIさんのブログで
書いていたとき、
私は言葉にならない思いを抱いた。

かーこにそのことを話すと、
「Mさんの気持ちなんとなく解る・・」
と言っていた。

病の最中にあるときは、
かーこは音が耐えられなかったので、
携帯で離れて暮らす家族と電話をすることも辛かった・・。
かーこの子供達にしてみれば・・
「お母さん・・どうしてすぐ電話切るんだろう・・・・」
と思ったかもしれない・・。
話したくても耳が辛い現実があった。

姉がお見舞いに来た時も、途中から無言になった・・。
後で聞くと、姉の話し方が早すぎて気持ち悪くなった・・
といっていた・・。私にとっては、いつもと変わらない
姉の話し方だった。

家族や親せきなら、そのようなことも大目に見てもらえる
こともあるが、家族以外にそのような態度をとったら・・
「失礼な態度をする人だ・・」
と思われかねない・・。
かーこが病気の時に、友達に会うのを避けていたと
言っていたのを覚えている。

本人は地獄のような症状はあるのにも関わらず
一見「意外と健康そうに見える」ことから、
理解されにくく誤解されやすい
脳脊髄液減少症患者。
「仮病・・怠け病・・保険金詐欺・・」
その言葉にどれだけ傷つくことだろう・・。

患者の心の中に・・・だんだんと
社会や・・もしかしたら家族とも・・壁が
できるのかもしれない・・・。
苦しむ期間が長ければ長いほど、
人々の無理解にさらされればさらされるほど、
患者の側の心の壁は厚く、高くなってしまう。


脳脊髄液減少症を取り巻く社会の中にも・・
無関心、無理解・・・・という
マイナスの「目に見えない壁」が
存在しているように思う。
交通事故が絡むと「大人の利権」が
その壁を一層高く厚くしてしまう・・・。

「悲しみの壁」をどうやったらこじ開けるのことが
できるのだろうか・・
ハンセン病の子供達が一生懸命
こじ開けた穴と・・痛みは違うけれど・・
多くの困難と悲しみがある点で
どこか似ているように私は感じてしまう・・。

おかしな現実は必ず良き方向へ
正されていくと信じている。
歴史がそれを物語っている。

「悲しみの壁」の穴から患者の実態を
知ること・・そして、家族や友達に伝えること
そんなちょっとした日常の中にも、
壁が崩れるきっかけがあるかもしれない
と感じている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

悲しみの壁

あっこさん、こんにちは。
とっても厳粛な気持ちで読ませていただきました。

正しく知ることの重要性と、
まちがった判断が蔓延した悲劇を思いました。

どんなに悲劇が起こっていても、
それを正しく伝えていくには、
苦しみぬかれたご本人様の手記が
いかに重要かと思いました。

わたしたちはテレビや新聞報道をうのみにし、
ほとんどが良い悪いを判断しがちです。
でもメデイアが伝えていない真実の姿ってありますね。
それには我々が自分の目で確かめ、調べると言う、
賢い行動がいると思います。

今読んでいる本に、エマソンの言葉ですが、
『わたしたちの強さは弱さから生まれる。
秘密の力を備えた憤りはわたしたちがこっぴどい攻撃にさらされ、
つつかれたり刺されたりするまでは目覚めない。
人間は苦しめられ打ち負かさされるとき、何かを学ぶチャンスを得る』
(オグ・マンディノ著 この世で一番の奇跡)


体験者の苦しみ・思いをつづり残すことは、
未来の人への贈り物だと思います。
同じ過ちを繰り返さないためにも、ちゃんと
申し送りしないといけませんね。

今はインターネットがこんなに普及しています。
物事を正しく伝えていける、
また正しく知ろうとしている
良き時代の気がします。

>おかしな現実は必ず良き方向へ
>正されていくと信じている。
>歴史がそれを物語っている。

>「悲しみの壁」の穴から患者の実態を
>知ること・・そして、家族や友達に伝えること
>そんなちょっとした日常の中にも、
>壁が崩れるきっかけがあるかもしれない
>と感じている。

まったく、あっこさんに共感いたします。
伝えて行きましょう。応援いたします。

リンク先のZIZI様のブログも拝読いたしました。
壁の穴…ことば以上の長い歳月の苦しみを
知りました。感謝です。

No title

こんばんわ・・。
うまく言えるかどうか、わからないのですが・・。

私は学校の道徳の時間にこのハンセン病のことを習いました。
ですが、詳しいことはziiziiさんのブログで知りました。
偶然にも真っ先に思いついたのが「アンネの日記」です。
私には療養所ではなく収容所のように感じました・・。

脳脊髄液減少症という病気。誰もがなりえる身近な病気です。
なのに、どうして私は知らなかったのかしら?
どうして私の周りの人も知らなかったのかしら?
知らないことへの恐怖を感じます。
今、ご病気の方に・・。
少しでも・・周りの理解が得られますように・・。
少しでも・・身体的苦痛、精神的な苦しみや悲しみから解き放たれますように・・。

私は患者さんでもなく患者さんのご家族でもないのですが、
きちんと知れば、おかしいと皆、感じるはずです。
今、架け橋に入会させていただき、そしてあっこさんと一緒に
活動させていただけることに本当に感謝しています。
私の両親もできることはやりなさいと応援してくれています。

私にできることがありましたらできる限りのことを
させていただければと思っております。
本当に微力で申し訳ないのですが、
今後ともどうぞよろしくお願い致します・・。

まほさん

小学校高学年のとき、可愛い少女の顔が
表紙を飾っていた「アンネの日記」を初めて
手にしました。読み進めていくうちに、
幼いながらも、驚いて言葉にならない
思いがこみ上げてきました。

今でこそ、ヒットラーは悪の権化のように
言われていますが、当時は
正しき指導者という誤った概念が
ドイツに浸透していました・・。
渦中にあっては、悪ですら正当化されていたのです・・・。

インターネットの普及により、私たちは多くの情報を
得ることができます。メディアでも、私たちは
あらゆる情報を目にしたり、手にすることも出来ます。

でも、やはりメディアの中にも誤った情報があり、
私たちは自分の目で、自分の信じたものを
見極めなければならないと感じています。

ハンセン病の悲しい歴史について
ZIIZIIさんが伝えてくださっていること・・
経験した人からの言葉の重みを
私は感じるのです。

脳脊髄液減少症患者を、仮病とか怠け病とか
言う人がいます・・。
患者の苦しみに耳を傾けないからこそ
出る言葉だと思います。
かーこは経験者として・・伝えていく・・・
私も、短期間ではありましたが、かーこの傍で
苦しみを見た者として・・伝えていく・・
これは、小さいながらも・・この病気の怖さや、
悲しみの深さや・・問題の多さを・・知ってもらうきっかけに
なると感じています。

エマソンの言葉・・本当にその通りだと
思います。
こっぴどく攻撃されて・・這いあがれないほどの
悲しみを味わって・・でも、這いつくばってそして
生きている人、また這いあがった人の強さは・・
本当に尊いと思います。

その人たちの力は、多くの人へ病を超えた
優しさや勇気を与えていると感じています。

まほさん・・いつもありがとうございます。
まほさんも、経験者として「生きること」の大切さを
教えてくれています。感謝です!
これからも宜しくお願いします☆

わこみさん

アンネの日記を読んでいて、私もまっさきに
ZIIZIIさんから聞いた、隔離施設での生活を
思い出しました。人間が、人間を人間と思わない
事をやっていたという点で、同じだと・・。

しかし、そんな中にあって、
アンネの家族やその他のユダヤ人の家族に
隠れ家を提供し、社会に蔓延する悪を見抜いて
いた人々がいました。ミープさんという女性
(アンネ一家への隠れ家の提供者)も
その一人です。

ハンセン病の歴史の中で、
隔離政策が日本で行われる前も、
差別や偏見は存在していたようですが・・、
その時にも患者とともに生きたシスターや
お坊さんがいたことを本で読んで知りました・・。

脳脊髄液減少症患者の家族でもなく
本人でもないけれど、力を貸してくださっている
皆さんは、私にはアンネ家族を守ったミープさんや、
ハンセン病の患者と共に生きたシスター達と
通じるものがあると感じています。

「知ること」・・これはとても大切なことです。
でも、メディアや本だと・・ピンとこなかったり
することもあります。
しかし、経験者を知ると、みんな同じ人間で、
笑うし、泣くし、冗談も言うし、優しいし、腹も立てることも
あるし、家族もいるし・・一緒なのに・・・
どうして・・???という気持ちになります。

できることを、こつこつと・・私も頑張ります。
わこみさんと友達で良かった☆といつも
思っています。私こそ、力不足で本当に
申し訳なく思っています・・が、
今後とも宜しくお願い致します。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。