スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他力

私は最近、他力にすごく支えられていることを感じる。
私の思う他力とは、人の力ももちろんそうだけれど、
花などの植物とか自然の力や、ご縁などの
目に見えない力もそうだ。

かーこが退院する日に、近くの花屋さんで5輪のつぼみの
ユリを買った。そのユリは、長い間かーこが寝ている部屋で
次々と綺麗に咲いた。

「ユリの花から『元気になってね』と言われているみたい。」

とかーこが言っていたのを覚えている。
ユリはマリア様の花。

その後、高知に帰ってかーこが
植物を沢山買って育て始めたことも・・
きっと花や植物に癒された自分がいたからだと
思う。

今月になって・・かーこが仕事を始めた。
確定申告の税務応援に行っているらしい。
本格的に自分の事務所をスタートさせるのは
まだ少し先のようだが、かーこが望む仕事を
再スタートできたことを心から嬉しく思う。

振り返ると、頑張って資格を取得した1年後に
100%非が無い交通事故で、仕事ができなくなった。
異常が無いと言われ続ける中、どんどんと体調が崩れ
文字を読むことも、病院で自分のことを書くことも、
握力が無くなりペンを握ることも、
タクシーで言われたお金を財布から支払うことも、
簡単な計算も出来なくなった。
立つこともできず、座ることは
もっと難しくなった。

私も、あの時には生きていてもらうだけで良いと思った。
母が、かーこに、
「ご飯を食べて、笑って息をして生きてくれるだけでいい。
60年以上生きてきて、振り返ると、それができることが
一番。」
といったのを、思いだす。
母も、仕事はもう難しいだろうと思っての言葉だったと思う。
色んなことを思い返すと・・よくぞここまで快復したと思う。

治療に携わってくださった高橋先生
淡路島の構造医学をとりいれている先生
先生を支えるまゆみさん
まゆみさんの友人で、先生を紹介してくださった
古くからのブログ友まほさん
折れそうになったかーこの心だけでなく、
支えるには弱い私の心も、しっかりと支えて
添え木のような存在となってくださった家族や沢山の友人、
そしてベランダの花や・・

CA1461EN.jpg CAX5I0EG.jpg


繋がることのできたご縁

そのすべての“他力”の優しさに

「ありがとう」と言いたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごい回復力

あっこさん、こんにちは。
かーこさんの悪夢のような時期から、ものすごく回復され、
本当にすごいです。
周囲のみなさんの相乗効果で、ご本人の生きる力が見事に
「福」と出ましたね。

やはり、かーこさんは選ばれたおひとりで、
同じような病で苦しんでいる人のお心に添って、
希望をもたらすことができる方だと思います。
そういった使命を託されたのだと思います。

たしかに他の力があったかもしれませんが、
やはりご本人のかーこさん、それを支えられた、
あっこさんはじめご家族、ご両親の存在はおおきいと思います。
あっこさんが必死に周囲の「福」を呼び込んだと思います。
やはりそこには「無償の姉妹愛」がありましたね。

かーこさんもお元気になられ、そうして、周囲のわたしたちに、
あきらめなければ春は来ると証明していただけました。
少しでも、苦しんでいる方のお心が軽くなるよう、
わたしも奇跡的に命が助かった者として、恩送りしていきたいです。

今日は暖かな日で、これからお花に癒されますね。
あっこさんもお元気で。

リンクもしていただいて、感謝です。
伝えたいことなので、とてもありがたいです。

まほさん

私も奇跡だと思っています。

かーこが苦しみの最中、
脳脊髄液減少症が完治した・・というブログを探し求め
ましたが、完治後に綴っている方は殆どいませんでした・・。
どうすれば抜け出せるのだろう・・と
一生懸命考えました。

友達から教えてもらった抜けないトンネルはない・・
これをずっと心で言い続けました・・。

かーこが悪夢のような状態から、仕事をスタートさせる
ことができるに至る過程で取り入れた
治療や・・・・プラス思考・・

これがもしかしたら、今苦しんでいる人が
苦しみから抜け出すきっかけになるかもしれない・・
そういう思いがあって、ブログを綴っています。

もちろん、人の身体もそれぞれなので、
その人にあった治療法があると思いますが、
かーこのおこなった治療が、同病の誰かにも
ぴったりと合うかもしれないと感じるのです・・。

それと同じく・・私は、プラス思考や、絶対治ってみせる!という
気持ち、物事を否定しないこと(出来れば肯定すること・・)
そして・・周囲への感謝、とか・・
そういうものが、大きく快復を後押ししたと
確信しています。

関東は天気が続いています。
暦の上では立春ですね。
まほさん、いつも優しいコメントありがとうございます。
まほさんをリンクするもの、ここを訪れる
誰かに伝えたくて・・です☆



No title

かーこちゃん、お仕事を再開されるのですね。
こんなに嬉しい事はないです・・・。
本当に嬉しいです。

悪夢のような病の日々にも、諦めず一歩ずつ前を向いて歩き続け、
お仕事再開までこぎつけたんですね。

私はかーこちゃんに一度もお会いしたことはなく、
ただお祈りさせていただくだけだったけど、
私は、かーこちゃんが今日を一生懸命生きていてくれること、
そしてあっこちゃんが、優しさと深い愛でそれを支えている姿に、
本当に励まされてきました。
そして、勇気付けられていました。

かーこちゃんの今の回復は、
この病気はいつかきっと治るものだ、と
同病の多くの患者さんに証明してくれているのだと思います。

ユリの花が次々に咲き続けたのも偶然ではなく、
花を通じて、神様が深い愛を、かーこちゃんに伝えてくださったのでしょうね。

かーこちゃんの今の回復は、
諦めないこと、希望を持って生きること、
感謝の気持ちを持って生きることがどんなに大切なのか、
私達に教えてくれているようです。

それから、
「生きてもらうだけでいい」
本当に深い言葉ですね。

私の今日書いたブログの記事にも、同じ意味の言葉があって、
何だかご縁を感じます。
http://blog.goo.ne.jp/team-kuma
本当につらい時、ただ生きていてくれることが、どんなに大きな恵みなのか、心底実感します。

かーこちゃん、あっこちゃん、ありがとう!!
二人は、事故から今日まで歩いてきた道のりによって、
本当に尊い大切な事を教えてくれました。

No title

あっこさん、おはようございます。
かーこさん、良くなられてほんとに私もパートナーも嬉しいです。
今回は、私たちのブログもリンクして下さってありがとうございます。
2009年のことでしたね、ブログがご縁で、
まほさんから、あっこさん、かーこさんを紹介していただいたのは・・・
当時のメールを今読み返していたところです。

私の息子は2007年に突然倒れたのですが
「脳脊髄液減少症」ではないかというのは、症状から自分で調べてたどり着いたようで私に告げましたが、
私もパートナーも、それがどのようなものなのかも、その時は知らなかったのですよね。。。
当時の病院では、そうであるかを調べるにも多大のお金がかかるというし
自律神経失調症と、いとも簡単に片付けられてしまいました。
事故に遭ってから発症するまでのことも含め、
私もブログでPART4、近々まとめたいと思っているのですが
(その時は、こちらの記事もリンクさせて下さいね)
息子が良くなっていたからこそ、治るんだっていう可能性を
あの時、あっこさんと、かーこさんに伝えたかったし
信じて遠方から通って下さった、かーこさんには とても感謝しています。
こうして良くなる人があってこそ、また救われる人が増えてくるということを
私たちも望んでいましたし、今後もお役に立てるならと嬉しいことだと思っています。

>プラス思考や、絶対治ってみせる!という
>気持ち、物事を否定しないこと(出来れば肯定すること・・)
>そして・・周囲への感謝、とか・・
>そういうものが、大きく快復を後押ししたと 確信しています。

おっしゃるとおりだと思います。
パートナーの側で、私も、色んな症状の方を見て参りましたが
良くなる人と時間がかかる人との違いの中に
心の問題も大きく関係していることは、とてもよくわかるようになってきました。

あきらめずに治るんだと思える 前向きな気持ち、
これまで支えてきてくれた自分の体を愛する心、
悪いことをした訳じゃないのに、なんで自分がこんな目に?と憎むよりも、
現実と向き合って自分でも治そうとする心と行動
もっと、もっと、よりも、今、足りていることへの感謝の気持ちを持っていること

プラス志向と感謝の気持ちは、良いことをどんどん引き寄せていくのだと私も感じています。
発する言葉も大きな影響が出ますよね。

とは言え、外から見てその辛さが人にわかりづらいような場合、
ご本人様は、そのしんどさを理解してもらえないという二次的な心の痛みまで背負うことになります。
どれだけ周りの人が、それを軽くしてあげられるか
そういったことも、とても大きな力となりますよね。
息子のしんどさというのは、親の私であっても当時理解してやれなかったと、
今、振り返ると反省のことも多々あるんですよ。。。
でも、息子の事故も、倒れたことも、多くのことを学ぶためのことだったのだと、
今では事故時、運転していた相手のことや、
以後、仕事を変わって過酷な負担が、それ以前より肉体的にかかって悪化してたであろうということまで
治るまでの過程を振り返るとこれがあったからこそ今にたどり着けたし、
また、同じような方に希望の光をお伝えできると
すべてに感謝の気持ちになれているのですよね。
人が幸せになることは、自分の幸せでもありますものね。

本当に今は、何があっても「有り難う」の気持ちです。

かーこさんも、病気になる前より幸せと、おっしゃっていたのが印象的でした。
相手を憎まず、すべてを受け止めることによって
前へ前へと進んで行かれたその姿勢は、回復に大きく影響していたと思えます。


パートナーの施術は、小さな力で無理なく その方の骨格構造の歪みを正すことにより
本来もっている、その方の自然治癒力を最大限に上げることなので
その方の気持ちが後ろ向きであれば、最大限の力を発揮できなくなると思うのです。
心と体は、いつも繋がっているのですね。
私も、今年はその点をもっと勉強したいと思っているんですヨ。
日々の生活習慣のアドバイスも含め、多くの人が、自分の力を最大限に伸ばせるように、
お手伝いができればいいなと・・・

出会いに、本当に感謝しています。
ここで、教えていただいた「ホ・オポノポノ」の教え
私も奇跡が起こると信じています。奇跡というより、きっと自然なことなのでしょう。
「すべての責任は自分にあるということ」は酷なようでもありますが実は違うのですよね。
苦しんでいる人も、苦しんでいる人を前にしている人にも
幸せを感じる可能性を、大きく広げてくれるものだと思います。

やっぱり「ありがとう」は、まほうの言葉であり
まほさんからも、大切なことをいっぱい教えていただいたし
幸せの連鎖が、もっともっとつながることを願って
自分にできることを これからも続けていきたいと思います。

私も色んなことを学ばせていただいております。
どうぞこれからもよろしくお願いいたしますね。

みんみんちゃん

ユリの花も、ベランダの花も、時にはその花に
とまるとんぼや蝶でさえ、
「元気になってね・・!」と
言ってくれているような気がしました。
みんみんちゃんが言うように、神様が深い愛を
それらの生物に託して送り続けてくれていたのだと思います。・・

そして・・実は・・今でも色んなメッセージを色んなところに
託して送って下さっている・・と感じることがあります。(笑)

故人は、大切な人の幸せを願い、
そして愛だけを送り続けると聞きます。
みんみんちゃんの大切な弟さんが、
「お姉ちゃん・・頑張ってるね・・!」
って言っているように思います。
みんみんちゃんの言葉や、優しさで
私やかーこがどれだけ救われたか解りません。

みんみんちゃんの医大生の弟さんも
夢を諦めずに、別の大学を卒業してから、
猛勉強したのですよね・・。
諦めない限り可能性は無限大ですね・・。

かーこが病気になって、かーこは一生懸命
治ろうと色んなことをやりました。
時には、頑張っても頑張っても
打ちのめされるような症状に
落ち込んだりすることもありましたが・・
でも、諦めることはありませんでした。
私は、そんなかーこをすごいなと思いました。

かーこに
「あっこのお陰で・・」
とよく言われるのだけど、
私は、かーこがもし生きていなかったら・・
どれだけ辛いかわからないし・・
色んなことを・・考えると、
かーこが諦めなかったおかげで
私も沢山のこと受け取ったように思います。

人は支え支えられながら生きていく・・
本当ですね・・。
あと・・・人の「優しさ」が身にしみて
有難く感じたから・・自分も誰かが
辛い時に、みんみんちゃんのように
「優しさ」を送れる人になりたいです。

いつもありがとう♪

まゆみさん

こちらでは、はじめまして。

いつもかーこがお世話になっています。
まゆみさんは、すごく考え方が似ているって
かーこから聞いています。
いつも優しく施術にあたってくださる
先生にも感謝しています。

まほさんから、まゆみさんを紹介していただいた
時のことを今でもはっきりと覚えています。
その時は・・藁をもすがる思いの時でした。

当時のまゆみさんのメールの文面から
かーこを救ってあげたいという強い気持ちを
私は感じ取りました。まゆみさんの
深い愛と優しさを感じたのです。

プラスだと感じたご縁を辿っていって、
今のかーこがあるのだと思っています。

かーこは、とてもお人よしのところがあるので、
事の重大さ・・脳脊髄液減少症がとても
怖い病であり・・複雑な問題の絡んだ病だと
解るまでは、謝罪にすらこない加害者のことも
「忙しくて来れないんでしょう・・
責めると可哀想だし・・」
といって、憎んでいませんでした・・・・。
許していたように思われました。

しかし・・・症状が酷くなり・・
加害者に、仮病のようなことをいわれ・・
悔しさと怒りと憎しみで本当に苦しみもがいていた
時期がありました。

「ゆるすこと・・」というのは、実はとても難しい
ことでした。

その間・・怒りや憎しみ・・により苦しめられていたのは
実は自分でした。その思いを手放すことができるまでには、
時間が必要でしたが、手放すことで自分を解き放つように
楽になったといいます。

振り返るとその時間があったからこそ、
病気をする前よりも、今の方が幸せ・・といえる
かーこがいるのだと思います。

自然治癒・・人間には不思議な力があり、
私も深く信じています。必ず、心の状態が
快復に影響すると思います。心の状態は
発する言葉にも影響されるので・・
だから不平不満愚痴悪口を遠ざけて・・
できるだけ良い言葉をつかいたいと思います。

「ありがとう」はまほうのことば・・
日本語の中で一番好きな言葉です。

まゆみさん、いつかお会いできたらなぁ・・と
思っています。これからも、かーこを宜しく
お願いします。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。