スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好転反応

好転反応とは
回復途中に一時悪化したかなと
想像させるような反応だと
勝手に解釈しています。

この好転反応を
治療過程において
何度も何度も経験しました。

事故以来悪化していった体調が
まるでテープを巻き戻しするかのような
そんな感じであらわれたため
家族を何度も驚かせ
時には救急車騒動まで起こった次第です。

最近はそういうこともほとんどなくなりましたが
回復途上にある奇怪な症状を
ぐっと落ち着いて受け止める精神力も
この病気には必要なのかなと
今になって思ったりします。

最初のものすごい好転反応は
1回目BP後でした。
猛烈な症状に我をも失いそうになるくらいで
友人が心配して電話くれても
泣きじゃくって・・・

その友人が
心を落ち着けるハワイのおまじないを教えてくれて

ホ・オポノポノより・・・
「ごめんなさい」
「許して下さい」
「ありがとう」
「愛しています」
 その4つの言葉を泣きながら唱えていました。

その時の私は
7ヶ月間の奇怪な症状が溢れるようにあらわれ
それは今思い出しても恐ろしい症状で
治るための通過点と信じようとも辛すぎて
生きていることがこんなに苦しいことなのかと
努力が通用しない
病というものの恐ろしさを
身にしみるほど痛感させられました。

その究極に辛い症状は
BP後3週間程度で軽減されたものの
体力的にも弱くてしんどすぎて
まだまだといった感じだったと思います。

2回目のBPは1回目のBPから約3ヵ月後でしたが
2回目後の好転反応は
比較にならないくらい楽だったと思います。
2回目を受けるときには
体調もBP前よりはかなり良くなっていて
近場に散歩したりできるようになっていましたから。


そして・・・
構造医学治療後も好転反応を何度も繰り返しました。
厳密に言うと治療に通った回数の好転反応を経験しました。
最初は強くあらわれ、
回数を重ねることに軽くなってきました。

たとえば・・・
治療後数日間は
頭に水がグルンと回る感覚を覚え
脳が動いた感じがして眩暈が起こり気持ち悪くなり
吐きそうになったり吐いたり
そのせいで寝込んでしまうといった経験や
呼吸が乱れ過呼吸になるといったこともあり
体調的にはとてもしんどくて
ダウンするという言葉がピッタリなそんな感じでした。
治療後数日すると治療前より
体調が少しずつ良くなっていったように思います。

この病気は回復過程に起こる好転反応がすさまじいため
耐える力というより耐えざるを得ない力が
身についたそんな気がします。

でも全て今にならないと言えないことで
その時は冷静になる余裕もなくて
どんなに強がっていても
人間なんて弱いものだとわかりました。

弱くていい・・・。
辛いときは泣いてもいい・・・。
ただ諦めないで
また笑える日が来ると信じていることが
苦しみを少しずつ和らげてくれる
そんな気がします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まったく同感

あっこさん、かーこさん、こんにちは。
おっしゃられることすべてに共感できます。
さなかは苦しくて、きっと良くなると思う余裕など
ありませんね。

でものちによくわかります。
だから体験者の先輩が、
その当時の思いと、いまの気持ちを
伝えていくことは、あとにつづく人の
道しるべとなると思います。

さなかの人が、ここを覗いて、安心されると思います。
どうか、どんどん元気になられ、
多くの方を励ましてあげてくださいね。
かーこさんは先駆者なんですから。。。

まほさんへ

まほさん・・
いつもお優しい言葉ありがとうございます。

最近、まほさんの詩を読んでいて
今後の自分の生き方を
考えさせられることがあります。

病気になる前
頑張るを通り越し
心的にも体力的にも
無理をしていた私は
事故に遭って身体を壊してしまいました。
頑張ると無理をするをごちゃまぜでした。

頑張ることと無理をすることは違うって・・・
本当ですね。
すごく納得してしまいました。

きっと頑張る性格だから
何かをやるにしても頑張ってしまうだろうけど
無理をしない勇気・・・これを大切にして
これからは生きていこうと思います。

http://mahocchi.exblog.jp/11910068/

まほさんの詩は
その時その時で私を癒してくれます。

私は、体験を伝えるしか出来ないから
思い出しながら書いています。
先駆者なんてそんなのではないのですが
私が辛いときにある方のブログを読んで
回復を夢見たように
伝えていくことで誰かが少しでも楽になるなら
それは嬉しいことです。

もっともっと元気になりたいと
欲張りですが思っています。。。

まほさん・・・コメントありがとうございました。


No title

かーこちゃんこんにちは。

昨日、平日しか休みのない主人を誘って、映画
「君が踊る、夏」を観て来ました。

高知の美しい大自然を背景に繰り広げられる胸を熱くするストーリー、あぁ、ここがかーこちゃんの言っていた桂浜か、とかーこちゃんに思いを馳せながら見ていました。

本場のよさこいの踊りを映画で初めて見ましたが、見る人を圧倒的な感動の渦に巻き込んじゃいますね!!

見終わった後、主人が、
「この映画、半実話でしょう」
と言っていましたが、映画のモデルになった少女は、5年生存率0パーセントの奇跡を乗り越えて、今年、7年目の夏を過ごしてるんですね。

見ながら何度も何度も涙が止まらず、前を向いて生きる勇気を頂きました。子供達を連れてもう一回見に行くつもりです。

それからかーこちゃんの投稿は、つらい体験も全て、あとに続く人たちの為に書かれていて、患者さん達にとってどんなに大きな希望になっているかと思います。
つらい時、苦しい時、泣きたい時にも、
「それでいいんだよ。大丈夫だよ、私も同じ道を通ったんだから・・・」と言ってくれる人がいるのは、本当に心強いですね。

まほさんの言葉に、本当に共感しちゃいました。
これからもどんどん回復して、みんなの希望になってくださいね。

みんみんちゃんへ

みんみんちゃん、こんにちは・・・。

「君が踊る、夏」観てきたんですね。

以前、新聞記事で9歳の女の子を紹介しましたけど
やっぱり、半分実話って
あの女の子のことなんですね。

そのお母さんが泣きながら
競演場をビデオを撮ってまわったと
新聞で読みました。

小さなときから命を考えさせられる病と
向き合わざるを得ない子供たちがいるんだと
胸が痛くなる記事でした。

でもそれよりも・・・
こんな小さな子供も頑張ってるんだから
自分も頑張らないといけないと
勇気を貰いました。

重い病気であったり
辛い経験であったり
生きていくうえで色々な経験をしますね。

でもそこから何を感じ取るか
何を学ぶかってとても大事だと思います。

脳脊の経験は私の人生観を変えてしまいました。
病で苦しんでいる人がこんなにいるんだとわかったし
さなかにいる人にいいものが伝わればと
正直そんな気持ちでブログ書いています。

回復過程も違うと思うけど
時間がかかるかもしれないけど
乗り越えてほしいと思うんですね・・・。
それだけ辛い病気ですから・・・。

みんみんちゃん、いつも優しいコメントありがとう!!




プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。