スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果関係

この病気について
因果関係を証明することはすごく難しい・・・。
事故と病気の因果関係は
明らかに本人はわかっていても
他人にはなかなか理解されにくい。

病名にたどり着くまで
何年もかかっている場合
初診までの平均は6年数ヶ月とあったが・・・
ますます厄介だ・・・。

被害を補償してもらうため
司法の場に救済を求めても
初診までの年数がネックになり
因果関係は認められないというのが
悔しいかな今までの流れだ・・・。
学校事故による不当判決も
裁判官は平然と初診までの期間を述べ
因果関係なしとした。

この病気を患った患者の多くは
原因となる事故があって
その後体調を崩し
長年心の病とされたり
別の病名をつけられ
彷徨ったあげくに
脳脊髄液減少症と診断される。

身体への衝撃という原因があり
髄液漏れという結果がある。
これは紛れもない事実だ。

病名に辿りつく期間が長いか短いかは
患者がどの医師にかかるかによってであり
この病気のことを理解している又は知っている医師が
その患者の前にいるかどうかによる。
患者の問題ではない。

いや・・・私の場合
病気を見つけてくれたのがあっこだったから
周囲にこの病気のことを知っている人がいるか
又は見つけてくれる人がいるかどうかで
患者の明暗が分かれてくるとも考えられる。
そう思うと認知度UPは今後の患者のためにも
今の患者が頑張らないといけない。

この病気に限っては
なんだかおかしな話がまかり通っている。
病名に辿りつくまでの期間が長ければ長いほど
患者の苦しむ期間が長ければ長いほど
因果関係の立証が困難になり
法的に救済されることも難しい現状がある。

私の場合・・・
事故後すぐ硬膜が破れ髄液は漏れていたはずだ・・・。
そんな私も激しい痛みはあるものの
数ヶ月は何とか生活できていた。
事故後ずっと生きていられないほどの苦しみを
感じ続けていたわけではない。
でも明らかに体調は悪かった。
無遅刻・無欠勤の私も事故を境に仕事ができなくなった。
共働き家族の唯一の楽しみである年末家族旅行もキャンセルした。

その後・・・髄液漏れが継続して私の限界を超えたとき
発狂しそうな状態になった。

生きられないかもと思い這うように病院に行ったのは
事故から7ヶ月目。
7ヶ月目に脳脊髄液減少症になるとは思えないと
損保からは因果関係がないようなこと言われた。

いやいや・・・
事故で発症して
誤診により放置され
髄液漏れがどんどん増え
7ヶ月で生きていけないほどになり
幸運に診断が下せるお医者さんに辿りついたというだけだ。

因果関係は間違いない。
身体への衝撃あり髄液が漏れる。
私の辿った道を考えても・・・
このことが医師の間で常識にならなければ
全ての脳脊髄液減少症患者が救われることは難しいし
人類にとっても大きな損失になると思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

治療迄の期間

「初診までの平均は6年数ヶ月」というのは以前本で読んだ事があり、自分の症状の辛さ過、酷さを考えた時、気が遠くなる様な、信じられない様な思いになりました。
その間、医療から見放され、周りの理解も得られず、本人は責められ「良い事無し」の状態で悪化の一途を辿るとしたら、地獄ですよねぇ…。あまりに悲惨過ぎる。
病名が付かず、きっと「鬱」や「自律神経失調症」で片づけわれる、としたら、それは…恐ろしい、そんな気がします。
今、この良い流れに乗って行けると良いですね。今まで闇に葬られていた脳脊に光が当たりますように。

ともこさんへ

6年数ヶ月という平均年数・・・
数ヶ月で病名にたどり着く人もいれば数十年かかった人もいる。
髄液漏れの過酷な苦しみを考えた時
信じられない気がしますよね。

理解も得られず治療らしい治療も受けれず
地獄の苦しみと向き合わなければならない身体・・・
想像を絶します。

闇に葬られていたこの病気に光が射し
今後この病気になって長年苦しむ人がひとりもいなくなるように
一患者として願います。

実は・・・免疫力が落ちてるから風邪に注意してたのに
ついにひいてしまいました・・・(涙)
季節の変わり目、ともこさんご自愛くださいね。

言い続ける大切さ

ピー子卒業のお祝いコメントありがとうね。
いつも いろんな人に励まされて卒業できました。
ピー子は原因特定できないけど、とにかく、今までの学生生活に支障をきたし、BPした事で、
治療直後から、一番つらかった頭痛と吐き気が取れたのは、事実なんです。
その後の波もあり、時間もかかってる、でも、受験・卒業・・・出来ました。
髄液もれは確実に存在します。
私たちは、これからも言い続けなければならないと思っています。

今日は、卒業式の疲れで、ピー子とねっころがってましたよ。
久しぶりに これから家族で外食です。
ピー子リクエストの「うなぎ」を食べに。
ささやかな卒業祝いです。

治療を受けれるまでが大変なんて

私は、因果関係がないって説明するほうがむずかしかったです。
みんな言います。
「そんなの事故でなったのにきまってるじゃない」って。
私もそう思います。だから・・うまく説明できなかった部分でもあるんです。
因果関係が”ない”理由・・。
全てが数字のみ。データのみ。
証明も数字・データで証明されなければならない・・。
あきらかに髄液がもれているのに・・。
確かに情報があふれている社会です。
そのあふれている情報の中から患者自身・またはご家族の方が
病名にたどり着かなければいけない。
それは・・おかしいと思います。

ひとりでも多くの方に知っていただき、適切な治療を受けられるよう
願っています・・・。

かーこさん、風邪ですか?
偶然・・・私も風邪をひいてしまったみたいで・・。
熱で頭がちょっとぼ~っとしています・・。
気をつけましょうね~♪

おせつさんへ

ピー子ちゃん卒業おめでとう!!!
卒業式・・・この3年間の出来事が思い返され
涙したんじゃないですか?
本当に高い山を乗り越えましたね。

ピー子ちゃんもまだまだ元気とはいかないだろうけど
治療できて自分の身体に合った学校に
再び通うことができるようになったこと・・・
これは多くの患者の励みになると思います。

ピー子ちゃん・・・ブログみても文章しっかりしてて
賢いなあ・・・ってわかりますよ。
だからおせつさんに もし病気にならなかったらとか
・・・ればとかあって当たり前です。

けれど病気になってわかったことは
競争社会で勝ち抜いてきた人が必ずしも人間的に
素晴らしいというわけでないということです。

やっぱり・・・人間的に素敵な女性として成長していて
カウンセラーになりたいなんてしっかりとした夢を
もっているピー子ちゃんはすごいなって思います。

これからもずっと応援してますよ。
味方がいっぱいいますよ。

わこみさんへ

わこみさん・・・いつも有難うございます。
体力が落ちているから風邪に気をつけていたのに
ちょっと疲れが出て風邪をひいてしまいました。
そうすると風邪の症状も重なってフ~って感じです。

私の場合、よく眠れて寝てばかりです(笑)
この病気の人のなかには、一睡もできなくなる人もいて
眠れないのは辛いだろうなって思います。
眠り病のようになる私も問題ありですが・・・(笑)

因果関係については
発症原因があり髄液が漏れるはずなんです。
けど・・・発症原因と思われる事故が10年も昔という話もあります。
そういう人の話聞いてみると10年ずっと苦しんだ人もいれば
原因と思われる事故から10年過ぎて突然体調不良に陥ったという人もいて
発症メカニズムが確定されていないのが現実みたいです。

でも・・・原因はどうであれ
髄液が漏れ続けるという状態が身体に与えるダメージはすごくて
全ての患者が適切に診断され治療していかないと
メカニズムの解明を待ってなんていったら可哀想です。

自分のおかれている嫌だけど難しい立場・・・
因果関係なしと司法に切り捨てられてきた多くの被害者のこと
聞けば聞くほど悔しい話ばかりです。

病気だけと向き合っても大変な病気なのに
病気以外の問題が山積みあり正直驚いています。
でもこの病気になった以上は頑張ろうと思います。




No title

かーこちゃん、風邪をひいてしまったとのこと、体調の方はいかがですか?

かーこちゃんは本当に素晴らしい魂の持ち主で、
文章から頭脳の明晰さが伝わってくるだけではなく、
多くの人の痛みを自分の事として感じることのできる
思いやりと優しさを持った人だと感じます。

前回の記事の
「病気になったのが私で良かった」
というお話、かーこちゃんが心底そう感じているのが分かって、私だったらそう思えるだろうか、と考えさせられました。

今まで数え切れない位の辛い経験をしてきた患者さん達、そしてそのご家族の皆様、
そしてそれでも希望を忘れずに前向きに生きようと思っている患者の皆さんのために、
本当に脳脊髄減少症の患者さん達が救われるよう、祈っています。

みんみんちゃんへ

みんみんちゃん、いつも有難う。。。

私はいま・・・ありすぎる時間に
想像力ばかり膨らませて(笑)
もしこれが子供だったら・・・とか
両親だったら・・・とか
篠永先生がみつけてくれる前だったら・・・とか
裁判して司法の場から切り捨てられた患者さんのこととか
色んな立場の人のこと想像しているだけです。

そうした時に・・・やっぱり
この病気の患者さんの今おかれている状況は
酷いとしかいいようがなくて・・・
溢れる思いをネットにぶつけているという感じです(笑)

大変な病気なのに
病とも認定されず、
治療を受けるのも自費で
生活の補償もなくて、
普通に考えてもおかしいんです。

一回で治ればいいのですが
十回とか治療を繰り返している方もいて・・・
肉体的な苦痛のみならず精神的・経済的苦痛を考えると
たまらないというか・・・
自分さえ良くなればとはどうしても思えなくて・・・。

気をつけていたはずですがついに風邪をひきました・・・。
養命酒飲んで(薬も飲んだけど・・・)ポカポカ寝てました。
ありがとうね・・・。

因果関係の証明

かーこさん

こんばんは。
体調は如何ですか?

かーこさんの日記を読めば読む程、
うんうん、そうそう、と思ってしまいます。

私も交通(追突)事故から7カ月後に、
病院を巡り巡って【脳脊髄液減少症】と分かりました(S王病院)。
事故5カ月後に整形外科の先生から、
S王病院を紹介頂いたのですが、
損保は診察を拒否、引き延ばし作戦を取って来ました。
そして、S王への診察を拒否して来ました。

あり得ない話しですよね。

私は頭に来たので、
「それではそちらでOKと言ってくれる病院に行きたいので、紹介して欲しい。」
と申し上げたら、
『独禁法がどうたらこうたら…って。』

それでしばらくの間、この話を放ったらかしにされ、
結局うやむやになりそうだったので、
今のままでは治るどころか、どんどん悪くなるので、
兎に角、受診する。
と言う事で、受診したのです。

私の場合、事故後直ぐに、頭痛、悪寒、倦怠感、朦朧…など、様々な症状が出て来ました。
それ以来、仕事に行ける状態ではありません。

因果関係がない旨を言われた時、事故前に何にも無かった体が、事故後この様になったのは何故かを説明して欲しいと食ってかかりました。
そして、「因果関係がない事を証明して欲しい』と、
申し上げました。

当然、おとぼけ作戦され、
挙句の果てに、昨年12月30日にいきなり電話を掛けて来て、頸椎捻挫の治療費の支払いをそろそろ打ち切りたい。文書を送るので確認して欲しい。
因果関係の件は、
無い事を証明すると言うのは、保険手続きの中にないので、私にある事を証明して欲しいとの事でした。

それで送って来たのが、
”症状固定の手続き”の文書でした。

自分のブログに書いたのですが、
本当に『ふざけるなっ!!』ですね。。。

すいません。
熱くなってしまって。

こんな理不尽な話しは絶対に認めないし、
許しませんよ。。。

pantoさんへ

pantoさん・・・おはようございます!!!
こんな理不尽な話、認めるわけにいかないですよね。
どこかで、かわらなければ交通事故被害者が可哀想すぎます。
交通ルールを守っていた人間が
肉体的・精神的・経済的にじわじわ苦しめられ・・・。

とても保険会社の人たちも加害者も人間と思えません。

保険会社には色々悔しい思い私もありますよ。
病名がつくまでは詐欺師のようないわれかた
そして・・・病名がついてからは鍼が原因だとか
おまけに保険金目当てに10回とかやっている人がいる
というようなことまで!!!
誰が好き好んでBP治療するかって心底悔しかったです。

私と加害者は同じ保険会社。
一度の滞納もなくきちんと支払ってきた顧客に対して
こんな失礼なことして・・・!!!

因果関係について思うのですが・・・
例えば子供だったら学校で嫌なことがあったとか言われ
専業主婦だったら事故を境にと証明も難しく
そんなこと考えると誰からみてもきちんとわかる
因果関係を証明することって
その人の立場立場でとても難しいと思うんです。

事故から数ヶ月以内に病名がつけばOK,
数年かかればNOなんていうのも
絶対おかしな話なんです。

今まで因果関係なしと切り捨てられてきた人が
どれだけ多いことか・・・。
ここまでの苦しみを経験しながら
司法の場でも救済されていない現実。
弱者切り捨てとしか言いようがないですよね!!!
こんなことは許されません。

子供であっても主婦であっても
病名までたどり着くのに年数がかかっていようがなかろうが
きちんと医学の常識になって、救済されるべき怪我・病気として
きちんと対応していかなければいけないと私は思います。

pantoさんの強いお言葉、私も同じ気持ちです。
こんなこと放置させるわけにはいけませんよね。

はじめて

脳脊髄液減少症の呟きからたどり着きました。
突然の書き込みお許し下さい。
自分ももしかしたら、脳脊髄液減少症かもしれません。
3年ほど前から体調を崩して、医者を転々としています。
頭痛、肩凝りの他、筋力低下、光が眩しい、複視などがありますが、お医者さんでは何ともないと、心の病気だと言われました。
うちの旦那がたまたまTVで脳脊髄液減少症の事を知り、ネットで調べてみた所、症状がピッタリ当てはまりました。
13年前車が大破するほどの事故をやってから、ずっと天気の変わり目は頭痛持ちで、布団圧縮袋に押し込まれて、掃除機で吸い取られてるみたいだったのですが、ムチウチのせいと言われて諦めていました。
近くに診断の出来るお医者さんがいないのですが、近いうちに何とか検査だけでも受けたいと思っています。
季節の変わり目は、体調管理も大変ですが、ご自愛下さいね。

早く専門医に・・

ゆずこしょうさま

はじめてのカキコありがとうございます。
あなたのような方が早く専門医に
辿りついてもらいたい・・と
痛切に願う気持ちから、ブログで発信
し続けてまいりました。

脳脊髄液減少症が厄介なのは、
事故直後から急激に悪化する人も
いる一方、徐々にむしばむように
悪化して、事故後何年も
「むちうち」という名のもとに
放置されつづけ、苦しみ続ける
病気でもあるのです。

気圧の変動により、非常に
体調を崩してしまうので、
梅雨前には検査してほしいと
思います。

かーこは、昨年の梅雨を境に
劇悪化しましたから・・。

住んでいる場所によっては
専門医がいらっしゃらない場合も
ありますが、症状を聞くにつれて、
非常に疑わしいと思わざるを
えません。

かーこの症状と似ていること、
例えば…
筋力低下・・かーこは握力が
なくなりましたが、BP治療に
より、握力がもどりました。

私のメールアドレスを残しておきますので、
もし何かわからないことが
あれば、メールをください。
お近くの専門医を探したり
できるかもしれません・・・。

ゆずこしょうさんの体調が
もどりますことを心より
願っています。

ゆずこしょうさま

はじめまして・・・。
3年も不快な症状と向き合われているとのこと
とても心配しています。

私の同病の友人も10年以上昔の事故が原因で
近年劇悪化した人がいます。
10年何もなかったわけでなく気圧により
倒れたりしていたようですが日常生活に支障はありませんでした。

けれども・・・ストレスが重なることがあって
症状が溢れるように出てそれはそれは辛い日々を
過ごした人がいます。

ゆずこしょうさまの症状を知ると髄液漏れの症状と
似ていて早く検査していただきたいと思います。

山形大学の研究班で引き続き調査していますので
連絡してみると保険診療で検査・治療を受けられる
可能性があると思います。
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/NeuroSurge/nosekizui/index.html

あっこでも私でも相談に乗りますので心配なことあれば
言って下さいね。
お大事にしてください・・・。

あっこさま かーこさま

コメント下さりありがとうございます。
あの後、知人経由で知った、某国立病院の医療ソーシャルワーカーの方に電話で相談する事が出来ました。
県内に検査の出来る病院があることも分かりました。
ちょっと遠いのですが、来月、一度受診してみようと思います。
色々ご心配下さりありがとうございます。

ゆずこしょうさま

同県にて診察ができるとのこと・・
本当に良かったです。一日も早く
ゆずこしょうさまが、適切な
診断・治療の元、快復します
ことを、心よりお祈り申しあげ
ます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。