FC2ブログ

人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられる

関東は長雨が続き、すっかり秋の入口に差し掛かったような気温になりました。朝晩の気温の変化に風邪などひきませんように。
あきちゃん先生と一緒に紹介しています、樋野興夫先生の著書「いい覚悟でいきる」も今日で最後となります。あきちゃん先生の毎回の投稿に、心より感謝もうしあげます。そして、この本を紹介してくださいまして、本当にありがとうございました。

それでは、あきちゃん先生のコメントより紹介します!


脳脊髄液減少症について知識を得て、高橋先生や関係者の方とお知り合いになれたのも、このブログに書き込ませていただいているのも、樋野先生のご著書に出会えたのも…、すべて、私が悪性腫瘍に罹ったればこそです。

さて、本文です。(以下、引用。)

誰にでも。自分の人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられます。それががんや病気を通してであればなおのこと、これからの人生に確かな意味を見出すきっかけにしてほしいと思います。たとえ別れという悲哀の使命からもまた学ぶことはあります。そこから何か自分にできることに行き着けば、今度は、世に与える人生を得るチャンスにもにもなるのですから。
(以上)

樋野先生のご著書の末尾をそのままご紹介しました。
ほんとうに、このようになりたいものだと、改めて深く思います。
このあと
「患者さんが笑顔を取り戻すために医療の革新をめざして」というあとがきがあるのですが、わたくしの母の郷里である万座温泉に療養施設を建立したいとのお考えがあるようです。

ぜひ、実現していただければ、群馬県人としても鼻が高いです。

この著書を、少なくても、わたくしの紹介で、あっこ様と高橋先生に読んでいただけたことは、私にとってこの上ない喜びです。
この場をお借りして、厚くお礼を申し上げます。

2015.8.26 (完)


ここまで。

>自分の人生と向き合うチャンスは思いがけず与えられます。それががんや病気を通してであればなおのこと、これからの人生に確かな意味を見出すきっかけにしてほしいと思います。

自分を見つめることの大切さを最後に語っていることは、深い意味があるように思います。たとえ困難なことであろうと、その経験をもって自分を見つめることの意義を樋野先生は語ってくださっているように思います。

自分の人生は唯一無二のものなので、他人と比較することなく、自分なりの意味を見出すことができたならば、そのきっかけが病やガンであったとしても、そのきっかけはチャンスとなるのだとおっしゃっています。このような考えに、わたしも近づきたいと思いました。

どんな経験もチャンスとして、自分を高めることができるといいけれど、人間はそんなに強くないから、経験によって苦しんだり、悲しんだりします。しかし、そういう時はまた、誰かのあたたかさに触れる機会であったりします。泣きたいときは泣いていいのです。 どんな時も大切にすることができると、生きることに深い年輪が刻まれる気がします。そして、優しい瞳の奥にそれは実は見える形でも残るのではないかと感じています。

あきちゃん先生、本当に長い間ありがとうございました。私たちの拙いブログに多くの潤いを与えてくださいました。不定期ブログではありますが、今後ともよろしくお願い申し上げます!
スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード