スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレーゾーンに対して語るには愛しかない

今日の関東は涼しい一日でした。雨がこのあと降るのでしょう。体調がよくなく方にとっては辛い時期かもしれません。どうぞ、皆様お身体を大切に。

それでは、あきちゃん先生のコメントより紹介します。

さて、本題です。(以下、引用)

なぜ病気になったのか、なぜがんになったのか、なぜ障害があり生まれてきたのか。なぜかはわからないけれど、こうなってしまった、という線引きのできないグレーゾーンで多くの人がみんな悩んでいるのです。

考えてみれば、人生も世の中の様々な現象も、グレーゾーンだらけです。足下を照らす懐中電灯を得たかのように、その悩みを対話で解消し、その人なりの「いい覚悟」を持てるようにしてあげたい。その思いを支えるのは、間違いなく愛です。

問題の解決には至らなくても、不安が解消されることは、足下を照らす懐中電灯を得たような思いになります。
(以上)

私は、職場で、ずっと「教育相談の係」というのをやってきました。ほとんんど私のキャリア全般とかさなります。

そこで、「話を聞いてもらえただけで、少し安心した。」という生徒や保護者の想いに、山ほど接してきました。たとえ、問題そのものが解決しなくても…です。「相談できた段階で、悩みはほとんど解決している。」というのも聞いたことがあります。

たぶん、樋野先生も、このことをおっしゃっているのだろうと、勝手に都合よく解釈しております。

つまり、「寄り添って、話を聞いてくれる人」の存在が大切なのです。
脳脊髄液減少症にも、そういう立場の方がどんどん増えることを、切に願っています。


ここまで

>人生も世の中の様々な現象も、グレーゾーンだらけです。足下を照らす懐中電灯を得たかのように、その悩みを対話で解消し、その人なりの「いい覚悟」を持てるようにしてあげたい。その思いを支えるのは、間違いなく愛です。

グレーゾーンはブラックボックスに放り込む、自分で答えが出せないことはそのままで放っておくほうがいいのかもしれません。ただでさえ苦しいのに、さらに答えが出せないことに悩むのは体に良くないようにも思います。

私も、昔は小さいことに悩んだりしていました。今もそういう部分が無いかといえば間違いなくありますが、少しは悩むという時間を前よりも短くすることができるようになったと思います。気持ちを切り替えることで楽になることを少しは学んだようにも思います。

むしろ、悩みがない人のほうが少ないと割り切ったらよいかもしれません。大なり小なり人は悩むのだと。そこを経て、ある人は短時間で、ある人は時間をかけて何かをつかむかもしれませんし、私は、悩んでも何も答えがでないことを学んだようにも思います。

時間薬というのが実は特効薬ではないにしろ、副作用のない漢方薬のように体に馴染む気がします。その間に樋野先生がおっしゃるような「愛」を沢山感じたならば時間が短くてなんらかの突破口を自分で見出すかもしれません。

あきちゃん先生が相談係としていろんな相談を受けているというお話、納得します。人はだれかに心を吐露すると楽になるものだと思います。実は、回答は自分がすでに持っていることも多くて、ただその回答を受け入れられないから聞いてもらいたいということもあるように思います。そういう時は、心を許せそうな人に、思いきり泣いて苦しみを伝えてみてもよいかもしれません。


辛い思いを溜めないこと。これも実は大切な薬かもしれませんね。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。