FC2ブログ

どうせ人は死ぬのだから

私の中での繁忙期?を迎えておりまして、すこしゆっくりとなりますことをお許しください。


それでは、あきちゃん先生のコメントから紹介します。


さて、本題。
樋野興夫先生のご著書「いい覚悟で生きる」(小学館)の御紹介も、ちょうど中間地点に来ました!

そこで、「いい覚悟で生きる」ことへのアンチテーゼともいえるテーマになったのは、単なる偶然ではないと思います。樋野先生の強固な主張を感じます。

(以下、引用)
現代では、「いつまでも若く、健康でありたい。」という願いが再生医療を進歩させています。
しかし、私は、「人は遅かれ早かれ死ぬ」という事実を冷静に自分に言い聞かせることも大切だと思っています。
がんであろうが、脳出血、老衰であろうが、人間の死亡率はまちがいなく100%です。

こうした諦念を持つと、自分のために物質的な幸せ「、お金や地位や名誉、肩書に固執しなくてもいい、生にしがみつくこともない、という分別が生まれてきます。それは、まるで、ずっと背負ってきた重い荷物を下ろすような軽やかさを味わうに等しいのです。

もうひとつ、生死感から学ぶことがあります。もし、高い理想を掲げているあなたなら、崇高であればある程、それは、一代で、そう簡単には達成できるものだはないでしょう。でも、「自分は死んでも、自分のビジョンは100年後に花開けばいい。」と腹が座ると、理想もより大きく待てるのではないでしょうか。そして、そのために今、自分は何をなすべきか、見えてくる。欲張らず、瑣末なことに一喜一憂しなくなります。
(以上)

母が亡くなった時に、想像以上に悲しくありませんでした。他の親せきに比べて、大きくとりみだすこともなかったように思います。

それは、自分の中に「死を受け入れる準備」がたぶんできていたからかも、と思います。
そして、母には、感謝の念だけが湧いてきました。

やはり、「どうせ死ぬのだから」の裏には、「いい覚悟で生きる」ことが不可欠なのだと思います。



ここまで。
今回のテーマは、死生観につながります。
死生観を持っている人もいれば、いない人もいると思います。私は、自分なりの死生観があります。
「死」はこの世の「卒業」ではあるけれど、「終わり」ではなく、この世で形のあるものや、地位とか権力等の形はないけれど鎧のようなものはすべて脱ぎ捨てて、素の自分(心)だけがあらわになる世界へ移行(入学)するのだと思っています。

樋野先生がおっしゃる、
「お金や地位や名誉、肩書に固執しなくてもいい、生にしがみつくこともない、という分別が生まれてきます。それは、まるで、ずっと背負ってきた重い荷物を下ろすような軽やかさを味わうに等しい」
というお言葉には、私もとても共感しています。
この世だけは、この重たい荷物に価値を見出して、競争、闘争をしますが、じつは、虚しいことかもしれませんね。
そして、「死」は、絶対自分で選んではいけません。これは揺るぎない考えです。
自分で選ばなくても、必ずやってきますから、それまで自分の心を磨くことがとても大切だと思っています。

生きているからこそできる有難いこと、出会いに感謝しつつ、難しいですが、執着しない心をもって生きることができればいいなと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード