スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝臓のすぐれた働きに学ぶ

季節の変わり目で、体調をくずしてないでしょうか?朝晩は冷えることもありますので、皆様体をなるだけ温めて風邪をひきませんように。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します。


1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず

やはり、これが一番大切ですよね。
私ども教職にあるものにとって、商売「相手」は子どもです。
弱いところに付け込んで?どんどん攻めていくのは、簡単です。
しかし、それでは、子どもは伸びません。

子どもに弱いところを支援して、強く伸ばしてやることこそ使命です。
これからも「肝」に銘じたいと思います。

ということで、今回は「肝」臓のお話。では本題です。
(以下、引用)

肝臓は、正常なときはごちゃごちゃ言うことがありません。余分な細胞分裂もしないで、静止状態でいます。黙って働いているのです。血中を流れているたんぱくの80パーセントは、肝臓でつくられていると言われます。

ところが、いったん事が起こると抜群の再生能力を見せます。
手術で3分の2を切除しても、ほぼ数週間で再生します。遺物に対しては実に肝要です。解毒、代謝作用もあります。

美徳ともいえる不言実行と寛容性、肝臓は両者を兼ね備えています。

人間も、このようなひとになれば、きっと人格者として敬われるでしょう。
「みなさん、肝臓になりましょう。」
「日本も肝臓のような国になったら、世界中の尊敬を集めますよ。」

興味深いことに、人間の臓器は約200あると言われていますが、世界の国もほぼ200です。

肝臓のように要となる役割を黙々とこなして、たとえ部分的にしなくなったとしてもすぐに再生する、そして、ことなるぶんかや社会を寛容に受け入れるような国に日本がなることに意義があると思うのですがいかがでしょう。

しかし、現在のの日本社会は、本来の役割を確実に果たす「正常細胞」が減少し、使命を見失った「がん化した細胞」が増殖する傾向あるように感じています。

社会のがん化を防ぐには、ひとりひとりが人として生きる新の使命を自覚することから始め、役割を全うすることです。

まさに、社会も個人も「いい覚悟」で生きるヒントを肝臓に学び。がん細胞に学ぶ必要があるのではないでしょうか。
(以上)

「社会のがん化」については、ある程度「定点観測」が可能な教職という職業にある私にとって、感じやすい部分があるのかもしれません。

たとえば、なにか、生徒指導上の問題が発生したときに、30年前だったら、自発的に謝罪ができたものが、今では、指摘されないと謝罪できない…さらには、指摘されても、しらを切りとおす…そんな場面がずいぶん増えたように感じます。
そして、子どものそういう傾向は、とりもなおさず、大人自身の鏡でもあるわけです。

今回の冒頭の樋野先生の「肝臓になりましょう」のお話は、学級指導などでも、たびたび生徒に語りかけてきた内容と合致します。



ここまで。


肝に関する慣用句が多いのも上記の話から理解できるような気がします。

肝臓のように人も不言実行、やるべきことを黙々と振舞うことができれば良いですね。


実は、物言わぬ臓器のようではありますが、異常をきたすと本当に即命取りになるのも肝臓かもしれないです。伯母が肝臓がんで亡くなりました。亡くなる前は本当に倦怠感など様々な苦痛な症状を伴い苦しかったようです。


脳脊髄液というのも、細胞成分をほとんど含まない液体のようです。そのために、廃液とも言われているようですが、実は脳や脊髄という大切な部分を守り、脳の形を守ったり、衝突を防ぐのには無くてはならない体液の一つです。しかし、物言わず黙々と自らの役割を果たしている故に、あまり注目されることもなかったのかもしれません。


しかし、事故などにより様々な神経症状を引き起こす脳脊髄液減少症が発症することがわかったわけですから、肝臓の研究が進んでいるように、脳脊髄液に関しても積極的に研究をし、治療をする医師が増えてほしいです。


研究が進めば、様々な奇怪な症状を引き起こす脳脊髄液減少症の治療にも様々な角度からアプローチできるかもしれないし、硬膜を外傷により損傷し、漏出が防げない場合における硬膜再生への医薬品開発が進むかも知れない。

さらには、体の細部のみならず、衝撃により骨格等のアンバランスから不調をきたす場合における全体の身体のバランスを整える治療法の開発など、色んなアプローチができるようになるかもしれないな・・と思いました。
スポンサーサイト

プロの為さざること

春の嵐とは今日のようなことを言うのでしょう。
この天候に、体調を崩されている患者さんが多いのではないかと心配です。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します。

樋野先生のリードから。
「プロたるもの、こんなことをしてはならない、と医療従事者も、がん患者さんも、誇りと気概を持ちましょう。」

「プロの為さざること」

1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず
2 プロは人に悪意を帰せず
3 プロは人の劣情に訴えてことを為さず
4 プロは友人の秘密を公にせず
5 プロは人と利を争わず

プロフェッショナルとは思慮深く、一歩踏み込む胆力を持ち、根気よく仕事なり研究なりを続け、気概のある批判をする心を持っていなければなりません。がまん強く、丁寧な仕事を心がけ、最後には立派に完成するプロよ、出でよ、と切に願うのです。

医療従事者に限らず、今、病気と共存している人は、いっそ病気のプロ、達人だと自分を受けとめてみるのはいかがでしょうか。プロとしての客観的な視点で自分を捉えることは、苦悩さえも別の見方ができるように思うからです。

加えて私が強く言いたいのは、ダブルメジャーのすすめです。衣食住のための職業や生活のためにだけ時間を使っていては、人生いつかむなしくなります。自分の役割と使命感に燃えるライフワークをもう一つもつこと、それがダブルメジャーな生き方です。闘病にはいやなこともいっぱいあるけれど、そこに並行して生きがいを求めるものがあれば、結果として自分が救われます。
(以上)

「プロの為さざること」は、脳脊髄液減少症を蹂躙する保険業界や医師の方々に突き付けてやりたい気分ですね。笑

また、「患者のプロになること」は、もとより望むところです!
まだまだ、自分の中で割り切れないものがあって、プロと呼ばれるには、ほど遠い感じがします。

高橋先生が常におっしゃっている
「病気にかかることは、悪いことをしているわけではない。」
という強い気持ちが大切なのだと思っております。病気が重篤であればある程、自責の念が湧いてくるようなことが多いのでしょうけれど。




ここまで。

本当に共感できる内容です。

ダブルメジャーな生き方というのは、活路を見出して自然と目の輝きを取り戻すような生き方のようにも思います。自分の役割と使命感に燃えるライフワークをもう一つもつことは生きている証を残しながら生きている事を実感し続けることなのかもしれないな・・と色んな友人を想像しながら感じています。

脳脊髄液減少症は交通事故絡みのため利権が絡みます。
損保会社や患者に辛い言葉を浴びせる医療関係者に、

1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず
2 プロは人に悪意を帰せず

は突きつけたい言葉ではあります。

しかし実は、特別な仕事をしている人だけでなく、誰もが他者と共存する「プロ」として、誰かが弱くなったときは

1 プロは人のその弱き乗じて苦しめず

この姿勢は大切かもしれません。

たとえ経験をしていなくても、そばにいる人の苦しみを想像することさえできたのならば、家族の無理解もなくなるでしょうし、損保会社の姿勢も、この病の治療を拒む医師の姿勢も変わっていくように思いました。

どうせ人は死ぬのだから

私の中での繁忙期?を迎えておりまして、すこしゆっくりとなりますことをお許しください。


それでは、あきちゃん先生のコメントから紹介します。


さて、本題。
樋野興夫先生のご著書「いい覚悟で生きる」(小学館)の御紹介も、ちょうど中間地点に来ました!

そこで、「いい覚悟で生きる」ことへのアンチテーゼともいえるテーマになったのは、単なる偶然ではないと思います。樋野先生の強固な主張を感じます。

(以下、引用)
現代では、「いつまでも若く、健康でありたい。」という願いが再生医療を進歩させています。
しかし、私は、「人は遅かれ早かれ死ぬ」という事実を冷静に自分に言い聞かせることも大切だと思っています。
がんであろうが、脳出血、老衰であろうが、人間の死亡率はまちがいなく100%です。

こうした諦念を持つと、自分のために物質的な幸せ「、お金や地位や名誉、肩書に固執しなくてもいい、生にしがみつくこともない、という分別が生まれてきます。それは、まるで、ずっと背負ってきた重い荷物を下ろすような軽やかさを味わうに等しいのです。

もうひとつ、生死感から学ぶことがあります。もし、高い理想を掲げているあなたなら、崇高であればある程、それは、一代で、そう簡単には達成できるものだはないでしょう。でも、「自分は死んでも、自分のビジョンは100年後に花開けばいい。」と腹が座ると、理想もより大きく待てるのではないでしょうか。そして、そのために今、自分は何をなすべきか、見えてくる。欲張らず、瑣末なことに一喜一憂しなくなります。
(以上)

母が亡くなった時に、想像以上に悲しくありませんでした。他の親せきに比べて、大きくとりみだすこともなかったように思います。

それは、自分の中に「死を受け入れる準備」がたぶんできていたからかも、と思います。
そして、母には、感謝の念だけが湧いてきました。

やはり、「どうせ死ぬのだから」の裏には、「いい覚悟で生きる」ことが不可欠なのだと思います。



ここまで。
今回のテーマは、死生観につながります。
死生観を持っている人もいれば、いない人もいると思います。私は、自分なりの死生観があります。
「死」はこの世の「卒業」ではあるけれど、「終わり」ではなく、この世で形のあるものや、地位とか権力等の形はないけれど鎧のようなものはすべて脱ぎ捨てて、素の自分(心)だけがあらわになる世界へ移行(入学)するのだと思っています。

樋野先生がおっしゃる、
「お金や地位や名誉、肩書に固執しなくてもいい、生にしがみつくこともない、という分別が生まれてきます。それは、まるで、ずっと背負ってきた重い荷物を下ろすような軽やかさを味わうに等しい」
というお言葉には、私もとても共感しています。
この世だけは、この重たい荷物に価値を見出して、競争、闘争をしますが、じつは、虚しいことかもしれませんね。
そして、「死」は、絶対自分で選んではいけません。これは揺るぎない考えです。
自分で選ばなくても、必ずやってきますから、それまで自分の心を磨くことがとても大切だと思っています。

生きているからこそできる有難いこと、出会いに感謝しつつ、難しいですが、執着しない心をもって生きることができればいいなと思います。

がん細胞は我が家の不良息子と同じ

がん細胞は我が家の不良息子と同じ。ユニークな題ですが、とても共感できる内容ですし、あきちゃん先生がよく仰っていた内容と同じです。

以前私もクマに出会ったときの小話を同ブログで紹介しましたが、それとも通じるかもしれません。

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介します。

では、本題です。今回の樋野先生のリードには、「激しく同意!」します。
皆様も御自分やご家族の病気に置き換えられるとよくわかると思います。

(以下、引用)
がん治療は、がん細胞との共存環境をつくることが必要です。医療と同時に、人間関係や自身の考え方の改善から始めましょう。

がん細胞は、わが家の不良息子と同じですよ。」
不良息子を抱える親は、不良息子を追い出すことで家庭をよくしようとは決して考えません。不良息子をかつてのわが子に、つまり、悪さをしない子に戻すことを考えるでしょう。
そのためには、不良息子を囲む周りの環境を改善して、わが子の良い資質、本来の使命を思い出させることです。

がん治療も同様です。がん細胞をころすのではなく、最終的には正常な状態に戻していくことが必要です。それまでは、不良息子の更生を忍耐強く見守るように、がん細胞の状況に一喜一憂しないで「共存」していくことを肝に銘じます。

私は、医療としてのがん治療と同時に、人間関係や自分自身の考え方の改善が共存の環境をつくる上で大きな役割を果たすものと考えています。それは、自分がいちばん大事で自分のことしか考えない状態から、自分よりもさらに大切なものがある、という他者に目を向ける考えに修正していくことです。
(以上)

私は、この節をよんで、「ほ~らネ!」と思いました。笑
あっこ様やか~こ様にも、高橋先生のブログにも、「病気とうまく付き合う」というようことを、頻繁に書いていたように思います。
「してやったり!」の気分です。笑

(再び、樋野先生の引用です。)
自分のことしか見ていなかった「不良息子」は、他者への愛という環境の中で、本来の使命を忘れない生き方を続けていってくれると信じたいものです。
(以上)




ここまで


何年も前のことです。
寅さんにでている俳優さんの赤塚真人さんが、徹子の部屋に出演されていました。その時に、今でも忘れることができないとても印象的な話をしてくださいましたので紹介します。

奥様が幼い子供を残して蒸発し、そして、それから俳優をしながらお子様を二人育てられたようです。

しかし、長男がある日暴走族になってしまいました・・。
夜、長男を探しに歩きまわったり、本当に苦労したそうです。
幼いころから、蒸発してしまった奥さんのことが許せずに、長男にはいつも「人は信用するな」とか、「おまえは駄目なやつだ・・」と育ててしまったと言っていました。

参観日も、運動会も、サッカーの大会も全て仕事が忙しく行ってあげられなくて・・裁判所に呼び出されたときに、「子供の良いところをみてあげましょう・・・」といわれたこともあったようです。

時が過ぎて、長男が二十歳になったある日、一通のメールが赤塚さんに届きました。

「俺、介護士になったから・・・」

そして、長男は、痴呆になった祖母のいる介護施設の介護士になっていました。


赤塚さんは、テレビで3枚の長男のお写真を見せてくださいました。

幼いころの、キラキラした可愛い写真、
そして、暴走族の時の写真
そして、介護士になった写真

人は変われるんだ!あきらめてはいけない・・そう赤塚さんはおっしゃっていました。

幼いころは、心から可愛いと思い、暴走族になってからは苦しくて、夜寝ている時にこの子を殺して自分も死のうと思い、そして今では息子を心から尊敬していると涙ながらに語っていました。

「その時その時で、諦めそうになっても、決して諦めないことが大切です。」と涙ながら赤塚さんは話しておられました。

今では、何気ない息子との会話が本当に幸せに感じるとのことでした。

話は不良息子の話ですが、もしかして、自分という小宇宙のなかでできたがん細胞と、家庭で生まれた不良息子(娘)は、共通する部分があるのかもしれません。

そのときそのときで、諦めない。そして、もしかしたらその不良息子がいたおかげで、そのときは辛くてもその後感謝できることはあるのかもしれないと思いました。

その人の中に必ず光があって、それが弱くなったときでさえ生きている限り、消えることはない!だから、諦めちゃいけない・・ということをそのテレビを見たときに感じました。

そして、辛い時こそ牙を剥き出して闘わない・・待つ姿勢、忍耐をもって受け止めること、これらも不良息子というキーワードから想像できることだと思いました。


クマの小話を紹介したときにコメント欄に書いたのが、下記です。

「闘病・・闘うというよりみつめて付き合い・・そして受け入れて ・・そして消えることを信じる 、なかなか手ごわい病で、 なかなか消えなくても、 相手が襲ってこないように見つめる・・ そういうことがもしかしたら 自分を守ることにつながるのかもしれない。」

今でも、そう思う自分がいますす。

あいまいなものはあいまいなままで

それでは、あきちゃん先生のコメントをご紹介します。

さて本題。
樋野興夫 著「いい覚悟で生きる」(小学館)のご紹介も、第3章に入ります。

(以下、引用)
「あいまいなことは、あいまいに考えればいいではありませんか。あなたのそのまじめさがお見舞いに来てくれた人たちへの贈り物と考えてみてはどうでしょう。今は、余命をつきつめて考えながら生きることよりも、御家族や友人たちと笑顔で過ごす時間を大切にしてください。余命は神の領域だからと、告知しない外国のケースだってあるんですから。

あいまいさの利点は柔軟性です。何事に対しても柔軟性をもって受け止める心構えがあれば、タイミングを逃がさず前向きに次のことに着手できます。柔軟性は心の強さ、しなやかさにもなるのです。

余命に限らず、あいまいなことはあいまいに受け止めることも、生きる知恵ではないでしょうか?
(以上)

あっこ様には、前にお話ししましたが、私は、5年おきに「余命宣告」を受けております。
「あと、5年間なら保障するよ。」ということなのでしょう。笑

最初、この四文字をきいたときは、文字通り「この世の終わり」などと思ったこともありましたが、何回か、宣告を繰り返されて?いるうちに、
「次の5年は、何をしようか?」という、「ショートステップ」ができることに気づきました。かえって、目標達成が評価しやすい。

前の5年は、「新居の構想と実現」でした。
これからの5年は、「新人育成」になりそうです。
その次の5年は、習い事にでも没頭しましょうかねえ。笑

「あいまいさ≒柔軟性」の考え方は、まさに、以前お話しした「リフレーミングの手法」そのものですよね。



ここまで。

余命の話とはそれますが、「あいまいさ」ということで私も思うことがあります。

「どうして私が!!わたしは何も悪いことはしていないのに!!」という理不尽なことがおこったとき、この世のできごとは、因果応報とか、辻褄があうようになっているという人もいます。


あるお坊さんが、著書の中で「自分に起こったことは自分が過去世にした悪業を今生で昇華しているのだから有り難く受け取っているのだ」とおっしゃっていました。
修行を積んだお坊さんはそのような考え方も出来るのかもしれません。

ただ、こういう言葉が、本当に辛くて悲しい人をさらに深く傷つけるのではないかと私は想像してしまいます。

自分ではわからないものは、そのままに(あいまいに)しておいて原因を追究しすぎないほうが生き易いときもあるかもしれませんね。

もしくは、何か肉体的もしくは精神的に苦しんでいるときに、それ以上自分を苦しめない(守る)ためにも、そんな時こそ自分に都合の良い考え方、例えば、あきちゃん先生の紹介してくださった「リフレーミング」のような考え方を自分に取り入れ、「あいまいなもの」は「あいまいなまま」にしておく「柔軟性」をもつ事はとても良いことのように思いました。

おそらく、今生を生ききったらあいまいなものの答えが判るのではないかと私は思っています。その時まで、今を大切にして生きたいと思います。
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。