スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大なるお節介

今日は、関東はとても天気がよいです。しかし、風が強いのがすこし心配です。身支度を整えて今年も艶やかに咲きほこる桜をもう少し長くみたいな・・と思います。それでは、またあきちゃん先生のコメントを紹介します。


さて、本題です。
連続して、順天堂大学教授 樋野興夫先生のご著書「いい覚悟で生きる」(小学館)から、ご紹介しています。

(以下、引用)
余計なお節介と、偉大なるお節介は、同じように見えるかもしれませんが、相手に必要に共感することが、「偉大なるお節介」で、自分の気持ちで相手に接するのが「余計なお節介」です。
私は、偉大なるお節介を世の中に蔓延させるために、「偉大なるお節介症候群」の認定書というのを発行しています。

その項目は、学生には人生の指針となり、がん哲学外来カフェのスタッフをはじめとする大人には立ち止まって考える反省材料となり、がん患者さんには、励ましの言葉となっています。

1 役割意識&使命感を持つ
2 練られた品性&綽綽たる余裕
3 賢明な寛容さ
4 実例と実行
5 世の流行り廃りに一喜一憂せず、あくせくしない態度
6 軽やかに、そしてものを楽しむ。自らの強みを基盤とする。
7 新しいことにも、自分の知らないことにも謙虚で、常に前に向かって努力する。
8 行いの美しい人
9 冗談を実行する力
10 ユーモアに溢れ、心優しく、俯瞰的な大局観のある人物
(以上、引用終わり)

私は、4月から「新規採用教員指導」という役職に就くにあたって、もう一度「教職とは何か?」を考え直しています。

この十項目に照らし合わせて考えてみると、教職という仕事は、まさに、「偉大なるお節介の具現化」を目指すべき職業と言えるような気がします。この十項目を指導していけば、新規採用の一年間を充実させてあげられるのかなと思います。


ここまで。

ご自身の職業に誇りを持てるのは素晴らしいことですね。あきちゃん先生のお言葉から、それがいつも伝わってきます。自信と誇りと愛情と生徒への共感=「偉大なるお節介」があるからこそ、仕事が大好きで、教職を「偉大なるお節介」を具現化できる職業だと言い切れるのだとも思いました。

ものを作る人なら、そのものを使う人が喜んで使ってもらえるものを、芸術家なら、芸術をとおしてそれに触れた人の心が揺さぶられるものを創造すること、家庭の主婦であるなら、日々の生活の中で家族が心地よい環境を作ることが「偉大なるお節介」なのかもしれません。

そして、「偉大なるお節介」は、相手を喜ばすだけではなく、間違いなく自分の心も喜んでいるような気がします。

病気から話はすこしそれましたが、どんな境遇であろうと、誰かと何かを共感するという感覚は、新鮮で神聖な気がします。共感できる部分が行為でも、考えでも、美しく輝いたものであれば、本当に素敵だなと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。