スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふつうの覚悟」でなくて「いい覚悟」

それでは、あきちゃん先生のコメントをご紹介します!

がんや病気と向き合う「ふつうの覚悟」ではなく、
自分の役割意識と使命感を持って生きる決意、
それが「いい覚悟」です。

一般には、がんなのだから、病気なのだから、
その事実をしっかり受け止めて、
病気とともに生きる覚悟をしなさい、
ということだと思うでしょう。

でも、それは、「普通の覚悟」でしかありません。

「いい覚悟」とは、主人公は病気ではなく、
あなた自身が人として成長していくために持つものです。

「自分の人生に期待ばかりしている」あなたは、
「人生から期待されている」にもかかわらず
気づかずにいるのです。

これまでの人生に期待するばかりだったとしたら、
これからの自分は人生から何を期待されているのかを、
ぜひ謙虚な気持ちになって問うてみてください。

今の自分にはどんな役割が与えられているのか、
他人のために使える能力は、何か残っていないのか。
病気の自分を病人としてではなく、
ありのままのあなたとして生きる使命感を見つけたならば、
必ず「その人らしいものが発動」してきます。
他者に関心を持ち、人とつながることで
人としての成長を続ける「いい覚悟」が芽生え、
付きまとう苦悩を少しずつ忘れることができるはずです。
(以上)



ここまで。

この章のこの部分は私が本当に強く共感した部分です。
自分が自分の人生の主体となる。
起こってしまったことに翻弄されるのではなく、
起こってしまったことを客体として、
自分がそんな中、如何に振舞うことができるのか・・という
人生の中で最難関事項が問われているようにも思えるのです。

最近感銘を受けた方のURLを添付します。
http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm

彼は生まれながら障がいをもちながらも、
自分のできることを自分なりの視点で伝えようとしています。
また、小児科医としてもご活躍されているようです。

どんな状況であれ、人は輝くことができるのだと思います。

過酷な状況であればあるほど、その中で自分を輝かすことが
できたなら本当に素晴らしいことだと思います。

かーこが辛い時、過酷な経験をされた方から、
そっと優しい言葉をかけていただけたこと・・
そういう言葉に救われたことは幾度となくあります。
その方の輝きを垣間見ることができました。

死というものはいつやってくるかわかりません。
余命(というものが仮にあったとしたら)を宣告されながらも、
それを幾度となく更新しているあきちゃん先生の
お言葉の、

「これからの自分は、人生から何を期待されているのか。」
を考えながら、若い先生方の育成を、
生徒たちの活躍を通しながら
目指して行きたいと考えています。」


というお言葉にも高貴なものを感じてしまいます。

私も、今の自分ができることを一生懸命
していこうと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。