スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい覚悟でいきる 7

それでは、あきちゃん先生のコメントを紹介
します!

重大な病を宣告されると、人はほぼ例外なく、
心が砕け、幼い子どものように
聞き分けがなくなるのです。
医師の誠実な説明にも、心ここにあらず、
いわゆる「セカンドオピニオン・ショッピング」が始まります。

いまどき「セカンドオピニオン」は、ごく当たり前のことですが、
どこへ行っても同じ診断・同じ治療方針だとしても、
それに納得しようとせず、ついには民間療法に頼ろうとさえします。

かく言う私(あきちゃん)も、いかがわしい秘薬?
やお祓いの類まで勧められたりもしました!
しっかりDrと相談して、事なきを得ましたが…笑

「納得できない」患者さんは、裏を返せば、
「自分では決められない」不安を抱える患者さんでも
あります。聞き分けのない小児と同じです。

泣きわめく子どもをなだめるとき、
どんな方法がもっとも有効かというと、
それは愛で包み込むしかありません。
母親なら、ただ抱きしめてやるでしょう。
しばらくすると、子どもは、泣きやみます。
愛を感じるからです。

砕けてる心の患者さんも
それと同じことなのです。
さすがに、抱きしめてあげることはできません。
ただ黙って話を聞くのです。
相手の話す内容が、混乱したり
矛盾したりしていても、否定せずに、
最後まで聞き続けます。
そして、患者さんが悩みから抜け出すきっかけとして、
「砕けたる心、小児のごとき心、有のままの心」ですよと
返すのです。

人は、がんや病気をきっかけに
死というものを身近に感じると、
今日・明日を「いかにして生きるか」という
哲学的な命題と向き合うようになります。
人間には、そういう誠実なところがあるのです。
患者さんや家族の方が必要としているものは、
いかにして生きるかという「生きる基軸」です。(以上)


ここまで

ところで、セカンドオピニオンショッピングに関しては、
脳脊髄液減少症は病名を求めて・・という
これまた特殊な病であった(ある?)と
思います。

過去の患者さんであればあるほど、病名を
求めるまでの期間が長く、その間、「異常なし」
という診断のもとドクハラに苦しんだという話も聞きます。

ブラッドパッチ治療が先進医療になってから
医療現場も変わってきているとは思いますが、患者の
ニーズを満たしているかといえば、保険適用で
治療が受けられないなど、まだまだであると思います。

当時を思い返すと、かーこも高橋先生に出会う前の
半年以上、異常なしの診断の後ドクターショッピングを
繰り返しました。交通事故が絡んでいるため、医師から
受けたひどい言葉により医療に見切りをつけました。
針などの療法に切り替えたのちも、凄まじいほどの
肉体的苦痛にうちのめされ、良くならないので
お祓いも行きました。

なので、病名に納得ができない(納得したくない・・)
からセカンドオピニオンを求めて・・というのとは違って、
脳脊髄液減少症は、病名を求めてセカンドオピニオンをという
患者さんが多い(かった?)病だとも思えます。

死と向き合うがんは、生きるということを
真剣に考え、向き合わなければならない病です。

病が深刻であれば深刻なほど、他の病でも
健康ならば当たり前になりがちな「生きる」という命題に
対する答えを求めようとするのだと思います。
色んな本を読み、考え、迷いながら、患者も家族も
朧げに見えてくる自分なりの哲学を見つけ出そうとするの
かもしれません。

「生きる基軸」の有無で、病に対する受け止め方が
変わるとは思いますが、そう簡単に見つけ出せるものでは
ありません。

多くの人が年をとるにつれて大病を患ったりするのも、
生きるということについて向き合うことが
人生における最難題であるからもしれない
と感じています。

人間は弱いものです。
「砕けたる心、小児のごとき心、有のままの心」
辛い時にあたたかく包み込んでほしいと
望むのは幼児だけではないと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

あっこ&かーこ

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。