スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい覚悟でいきる 3 

言葉の処方箋
~心にユーモアを。あなたをもっと大切に。~

以下、あきちゃん先生コメントより

病気が再発して心が折れた方は、自分ではどうしようもない不安を抱えています。
話しながら思い余って涙したり、自分の立場の理不尽さに怒りをぶつけたり、そうかといえば、から元気を出して強がっている人もいます。

そういう人たちにどう言葉をかけるかが難しいのですが、「もっとつらい思いをしている人もいるんですよ。」などという言葉は禁句です。

「沈黙を一緒に過ごす。」=同じ時間を共有することが「対話」になるのです。

対話に欠かせないユーモア。「ユーモアは、ユー・モア。あなたをもっと大切に。」だじゃれではありません。いい言葉だと思います。


~ここまで~

病が長引くにつれて、自分を責めてしまったりすることがあると聞きます。
今までできていたことが、他人の力なくは出来なくなってしまったり・・。

そうした時に、ふとクスっと笑いたくなるようなユーモアを
描けることは実はとても大切なことだと思います。
humor→You more あなたはどんな状況であっても
大切なんです。

もし、他人の力なくしてできなくなったことがあり、
誰かの力をかりるとしたら、
その誰かはあなたがいてくれたからこそ、
病について深く考える機会を与えてもらえますと、
本書にも書かれています。

かーこが一番辛い時、母が高知から私の家にやってきて、
沈んだかーこを大笑いさせようとして、成功したことがあります。

母は上品に笑うタイプではなく、わっはっはっは!と大きな
口をあけて大声で笑うタイプの人です。どの写真をみても
笑顔で、小さい時の写真を見せてもらったのですが、
それも笑い転げているような顔の写真が多かったです。
何がそんなにおかしいのか・・・。と思えるほどです。
私はそんな母が大好きですが、かーこが沈んでいるときに
変わらない姿でかーこに笑わせようとしていたのを
見たときは、ちょっとお母さん・・時と場合を考えてよ・・
と内心思っていました。

でも、いま思いおこすと、それこそが大切なことだったのかも
しれません。凍りつきそうな空気を一変させたように
思えます。

それでも、辛すぎてユーモアをもつのに時間が必要なとき・・
悲しみが深すぎたとき・・そんなときは

あなたを大切に思う気持ちから
あなたを大切に思うからこそ・
そっとだまってそばにいてあげること・・
これも大きな愛なのだと思います。

あなたの中にあるユーモアを大切に。
そして、何よりもあなたを大切に
スポンサーサイト
プロフィール

Author:あっこ&かーこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。